メタボ改善のためにできること

誰もが知るメジャーな言葉になったメタボ。メタボリックシンドローム。再度、その内容を理解すると共に、改善のためにできることをまとめてみました。

view284

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • まず、メタボリックシンドロームとは何か?

  • 糖尿病などの生活習慣病は、それぞれの病気が別々に進行するのではなく、おなかの
    まわりの内臓に脂肪が蓄積した内臓脂肪型肥満が大きくかかわるものであることがわかってきました。

    内臓脂肪型肥満に加えて、高血糖、高血圧、脂質異常のうちいずれか2つ以上をあわせもった状態を、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)といいます。

    内臓脂肪が過剰にたまっていると、糖尿病や高血圧症、高脂血症といった生活習慣病を
    併発しやすくなってしまうのです。しかも、「血糖値がちょっと高め」「血圧がちょっと高め」といった、まだ病気とは診断されない予備群でも、併発することで、動脈硬化が急速に進行します
    出典 :メタボとは
  • ただ太ってお腹が出ていることはないのです!!!

  •  

    生活習慣病と深い関係があるのです

  • 進行すると、とても危険!

  • 命に関わる危険な状態であることを認識しましょう。

  • 日本人の三大死因は、がん、心臓病、脳卒中ですが、そのうち心臓病と脳卒中は、動脈硬化が要因となる病気です。メタボリックシンドロームになると、糖尿病、高血圧症、高脂血症の一歩手前の段階でも、これらが内臓脂肪型肥満をベースに複数重なることによって、
    動脈硬化を進行させ、ひいては心臓病や脳卒中といった命にかかわる病気を急速に
    招きます。
    出典 :メタボとは
  • Q&A形式で、自分でチェックしてみましょう?

  • メタボリックシンドロームの医学的な診断基準

  • メタボリック症候群の診断基準はウエストが男性85cm以上、女性90cm以上(内臓脂肪の面積が100平方センチ以上になっている目安)またはBMI(25以上)が基準以上で、それに加えて

    1.中性脂肪(トリグリセライド)150mg/dl以上かつ/または善玉コレステロール(HDLコレステロール)40mg/dl未満、

    2.収縮期血圧(上の血圧)130mmHg以上かつ/または拡張期血圧(下の血圧)85mmHg以上

    3.空腹時血糖110mg/dl以上

    の脂質代謝、血圧、血糖の3項目のうち、2つ以上あてはまればメタボリック症候群だということになっています。
    出典 :メタボリックシンドローム|メタボリックシンドロームとは・原因・食事
  • さて対策は???

  • 内臓脂肪を減らす方法いくつか

  • こうして断面図でみると、醜いです。

     

    頑張りましょう

  • ①規則正しい食事を心がけ、食事の量に気をつける。緑黄色野菜を摂る。
    ②運動不足を解消し、運動する(歩くなど)機会を増やす。
    ③禁煙
    ④アルコールを抑える。休肝日を週2回作りましょう。

    一番大切なことは、動脈硬化を起こしやすい状態のメタボリック症候群にならないように日頃の食事や運動に対する注意が必要です。つまり予防することが大切です。
    出典 :メタボリックシンドローム|メタボリックシンドロームとは・原因・食事
  • 食事管理によって

  • ●内臓脂肪を減らす方法でも書いている通り、緑黄色野菜の摂取は重要です。

    ●アディポネクチンを増やすにはマグネシウムと食物繊維を多く含む海藻類がおすすめ。

    ●オメガ3脂肪酸(αリノレン酸・EPA・DHA)を含む食材がおすすめです。

    えごま油・亜麻仁油・くるみ・魚(いわし)

    →オメガ3脂肪酸について詳しくはこちら。

    ●内臓脂肪を効率的に燃やすには、肝臓の機能を高める必要があります。専門家がオススメするのが、「酢」と「大豆(豆乳・きな粉)」です。

    大豆に含まれるアルギニン(アミノ酸の一種)は、善玉ホルモンであるアディポネクチンを増やし、悪玉ホルモンを撃退してくれます。

    また、この他にもシジミ(アラニン)、豚肉(ビタミンB1)、タコ(タウリン)、緑茶(カテキン)がオススメ食材です。

    ●杜仲茶(アディポネクチン増加)
    1日茶葉10gを飲むとメタボリックシンドローム改善に効果あり。また、濃く煮出した方が良いそうです。つくり方は、水から煮出し、沸騰後10分おく。
    出典 :メタボリックシンドローム|メタボリックシンドロームとは・原因・食事
  • 杜仲茶