【驚愕の新事実!】朝のコーヒーはいけない!? 口臭や血糖値上昇の原因に!【朝飲んではいけない飲み物】

朝起きてすぐに何か飲み物を口にする人は多いはず。しかし中には、起きてすぐに飲まない方がいい飲み物もあるみたい!

view2817

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 朝飲んではいけない飲みモノ

  • レモンティー

     

    レモンティーを夜飲む分には問題ありませんが、朝飲むことで女性の美に大きく悪影響を及ぼしてしまうのです。その理由は、レモンに含まれる“ソラレン”という物質です。ソラレンを摂ると紫外線に敏感に反応しやすくなり、わずかな紫外線でもシミを作りやすくしてしまうのです。

    ソラレンは摂取して数時間で排出されるので、レモンティーを飲むときは時間帯を意識してみてくださいね。
    出典:http://www.biranger.jp/archives/69760

  • 今日は朝から午後の紅茶(レモンティー)をコップ一杯飲み、リプトン(レモンティー)のパックを1つ飲んだ
     

    それは少し飲みすぎなのでは??

  • ダイエット6日目〜!
    今日の朝は砂糖抜きの紅茶レモン入り http://t.co/QfIPekvING
     

    ダイエットもためにやっていても、お肌には悪いようですよ~><

  • 冷たいミネラルウォーター

     

    目覚めに冷たいミネラルウォーターを、コップ1杯飲む方も多いのではないでしょうか。冷たい飲み物は、起きたばかりの胃腸に負担をかけてしまいます。

    胃腸に負担をかけず、体を目覚めさせるのに最適なのは常温の水や白湯です。
    出典:http://www.biranger.jp/archives/69760

  • 冷たいもの飲まないとか…氷ガンガン入れて飲んでる私☆〜(ゝ。∂)朝一発目に冷たい水飲んでます☆〜(ゝ。∂)
     

    胃腸への負担を考えてあげて!

  • 栄養ドリンク

     

    朝の栄養ドリンクは、コーヒー同様にカフェインが多く含まれているため、血糖値が上がってしまいます。

    また、「朝食の代わりに栄養ドリンクを」「ちょっと体がだるいから」そんな理由で選ばれる方が多いと思いますが、栄養ドリンクはカフェインが主成分で、その効果により一時的に体が楽になったかのように感じられるものの、疲れが取れた訳ではなく体に貯蓄されているだけ、ということが分かっています。
    出典:http://www.biranger.jp/archives/69760

  • ダメだー。10時前くらいから、心拍数が上がって苦しい。
    ノーマルの状態でも脈が80以上の私は、緊張すると多分、普通の人が軽い運動をしたレベルで息が荒くなる。
    朝イチで栄養ドリンク飲んだのに、すでに疲れてきている。
    用事がある日以外は週7日労働なのに、初週でこれじゃヤバイ気がする。
     

    その疲れ、実は朝飲んだ「栄養ドリンク」が原因なのでは?!

  • コーヒー

     

    朝のお供といえるコーヒーも寝起きはNG。コーヒーに含まれるカフェインが原因となり、血糖値を上げ過ぎてしまうのです。コーヒーを飲むのなら、起床後30分経ってからがよいですよ。
    出典:http://www.biranger.jp/archives/69760

  • コーヒーには他にもマイナスの要因が!

  • また、コーヒーには意外な落とし穴が! 『歯科医師taroが教えるレッツ口臭対策!』では、以下のように記されています。

    <朝食抜きで通勤時の缶コーヒーだけ、っていうのは最もニオイが強くなるケースの一つです>

    コーヒーと一緒に何か口にすることで、唾液がコーヒーのニオイ成分を洗い流し口臭を抑えてくれるそうです。できるだけ、朝食と一緒に摂るようにしましょうね。
    出典 :朝飲むと恐ろしく老けちゃう意外な「NGドリンク」4つ | 美レンジャー
  • 今週の朝は缶コーヒーか、辛い
     

    口臭を招いてしまう典型的パターン…。

  • 一方でプラスの効果もあるようです。

  • コーヒー1杯には、2時間程血流をよくする作用があります。心臓の拍動を高めて血流を良くしてくれるため、朝が苦手な低血圧の方も、体を動かしやすくなる効果を得ることができます。
    それでは高血圧の人に悪いかというと、そうではありません。コーヒーは毛細血管の拡張作用で末端の血管を開かせ、やはり血流をよくして、高血圧の人には血圧を下げる働きをするのです。
    出典 :Q.11 モーニングコーヒーの効果って? | 全日本コーヒー協会
  • コーヒーには眠気ざましなどの効果と、気分をリラックスさせる効果とがあります。この相反する2つの効果は、興奮時に働く交感神経と沈静時に働く副交感神経によってコントロールされています。
    これまで困難とされていた交感神経と副交感神経の活性化レベルの測定ですが、伏木教授により、心拍間隔の変化を波形で表すことで科学的に解明されました。興奮時には低周波成分が、沈静時には高周波成分か確認され、コーヒーを飲んだ後は、副交感神経に支配される成分がより活性化することが明らかになりました。
    出典 :Q.11 モーニングコーヒーの効果って? | 全日本コーヒー協会