手荒れ予防のためのスキンケアの良い方法とは?

これからの季節、手荒れに悩まれる方が多いと思います。そこで今回は手荒れ予防のスキンケアの方法をまとめてみました。

view467

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 手荒れの原因

  • 手が荒れる原因は、いろいろあります。



    まず、空気が乾燥する冬、寒い時期には特に敏感肌ではなくても、アレルギー体質ではなくても、
    手荒れがひどくなることが多いです。
    しもやけやあかぎれなど、冬になると必ずなってしまうという人もいますね。



    手荒れになる殆どの原因は「水仕事」だといわれています。
    水仕事をすることによって、手の皮脂が常に取り除かれてしまい、
    肌のバリア機能を果たしている皮脂がどんどん皮膚からなくなってしまうので
    手が乾燥し、その乾燥によって手荒れがおきるのです。
    特に主婦は、毎日キッチンで水仕事をしますし、
    掃除や洗濯など、水仕事に一日追われています。
    出典 :手荒れのいろいろな原因 | 手湿疹が治らない人のための手湿疹の治し方ナビ
     

    食器を洗ったりするとすぐに手が荒れてしまいます。

  •  

    避けることができない毎日の食器洗い、誰かに代わって欲しいと思いながらやっています。

  • 水をそんなに使ってないのに、手荒れで困るの」と、悩む女性は、多いですよね。
    手が温かければ、しっとりとして、汗や脂が、にじみ出てきます。
    手が冷えると、汗も脂も、あまり出ない。
    もしもほこりが、手に付いたままでしたら、ほこりに、油分を取られてしまいます。 

    事務のかたは、仕事柄、コピーを取ったり資料を揃えたりと、紙を扱うことが多いですよね。

    じつは、この紙にも、 指先の貴重な脂を、吸い取られるんですよ。
    言ってみれば、脂取り紙になってしまうので、手荒れの原因になりますよ。
    出典 :手荒れ:あかぎれ予防:簡単な方法とは
     

    手荒れの原因は水だけでは無く、手の脂不足も原因になるのですね。

  •  

    脂も手荒れから守ってくれるのですね。

  • 手荒れの予防法

  • 手荒れの予防法としては、水を使った時にはきれいに水分をふき取り、ハンドクリームなどの保湿をしっかりすることが一番です。
    夜は、ハンドクリームをつけて、手袋をして眠るなど、保湿を強化する事をオススメします。
    その際のハンドクリームも、自分のお肌に合った、負担の少ないものを選んでくださいね。
    出典 :手荒れの予防法/手荒れの基礎知識
     

    まず思いつくのはハンドクリームですよね。

  • 本当に手荒れに悩んでいる人用ハンドクリーム「レナテのヴェール」 - YouTube

     

    これはちょっと高過ぎですけど、ハンドクリームはホントお勧めです。

  • 時間に余裕のある方はティッシュパックを

    ハンドクリームを塗る前に、保水をしてあげると更にしっとりなります。
    週に1回、ティッシュパックをすると効果的です。

    手の甲にティッシュを1枚乗せ、上から化粧水を塗る。
    ティッシュを指にも巻きつけ、ビニール袋に入れて5分待つ。あまり長くやりすぎると、逆に水分が奪われるので気をつけてください。
    ハンドクリームを両手で温めてから全体に塗る。

    温めることで、浸透力がアップします。

    他に、指先の乾燥やささくれが酷い場合は、ぬるま湯にハンドクリームを溶かし、
    数分間指先を浸けておく、ぬるま湯パックも効果的です。
    出典 :手荒れを防ぐ為のちょっとしたコツ4つ | 美肌マニアの美容情報
     

    これは簡単ですね。

  •  

    ティッシュパックは顔にする方が多いと思いますが、手にしても効果を発揮します。

  • 水仕事をするときは、綿の手袋をしてからビニールの手袋をする。
            
    ゴム手袋は、ゴムの刺激で皮膚炎になることもあるので、
    ビニール手袋がお勧めです。
    湿疹ができているときは、必ず両方しましょう。
    少々、洗いにくいかもしれませんが、悪循環を止めるには、
    洗剤に触れないこと、それが一番です。

    出典 :手荒れを止めるには ◆手荒れしないために~予防法◆
     

    手袋も自分の肌の状態で2重にするのもアリなのですね。

  •  

    今は様々な手袋が市販されていますから、選ぶのも楽しいですね。

  • 手袋があれば手荒れなど怖くない
     

    確かにその通りですが、手袋するだけでも面倒になってくるのですよね。

  • 指先をよく使う作業の前にハンドクリーム!

    パソコンのキーボードあるいはお札など指先をよく使う作業の前にハンドクリームを塗って、皮膚を保護してあげましょう。こうした作業も手のひらの皮脂を失ってしまう原因となるため、多量に塗り過ぎないよう注意し、適量をこまめに塗るようにすると効果的です。
    出典 :手荒れ予防に有効なのは? -手荒れ対策を伝授!
     

    皮膚が乾燥してしまうのも手荒れの原因になるから、それに対しても気をつける必要があるみたいです。

  •  

    手荒れしなさそうなものも手荒れの原因になることがあるので、しっかりハンドクリームで予防しましょう。

  • 薬用石鹸は使わない

    普段から薬用石鹸を使っていませんか?
    確かに、風邪などのウイルス対策には薬用石鹸は有効ですが、その分殺菌力が強いので、刺激が強く、手荒れを引き起こしやすいのです。

    普段の手洗いには、普通の石鹸で十分汚れを落とすことが出来ます。
    できるだけ刺激の少ない固形型の石鹸で、泡立てネットなどを利用して泡立てると刺激が少なくなります。
    出典 :手荒れを防ぐ為のちょっとしたコツ4つ | 美肌マニアの美容情報
     

    手荒れにも良いような気がしていましたが、逆だったのですね。

  •  

    殺菌作用が強すぎて、冬に多用しては手荒れを助長するみたいです。使い過ぎに注意しましょう。