今から試してみたい。アルツハイマーの予防

認知症の一種であるアルツハイマーは誰にでも罹る可能性のある病気です。もしできることなら、予防をしておきたくはありませんか。

view81

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 深酒とアルツハイマー病の明確な関係はまだわかっていませんが、3合以上の飲酒歴がある場合はアルツハイマー病に罹りやすいようです。
    深酒になると脱水症状を起こしたりして危険な状態になりますので、お酒は適度に飲む程度にしましょう。

    出典 :アルツハイマー病の予防(運動、タバコ、酒) | アルツハイマー病の初期症状と予防
     

    深酒は避けましょうね。

  • ホップにアルツハイマー病を予防できる成分 - 京大などが発見

     

    京都大学(京大)やサッポロビールの研究チームは1月30日、ビールの原料などで知られるホップから抽出した成分の中にアルツハイマー病の発症を抑える効果を持つものがあることを、アルツハイマー病モデルマウスを用いて確認したと発表した。

  • タバコは脳血管性痴呆の要因とされています。
    長年吸い続けると、脳だけではなく心臓や血管にも悪影響を与えますので、禁煙することをお勧めします。

    出典 :アルツハイマー病の予防(運動、タバコ、酒) | アルツハイマー病の初期症状と予防
     

    たばこって本当に恐ろしいですね。

  • カレーが予防に効く?

     

    伝統的にウコンを使ったカレーを食べているインド人は、米国人と比較してアルツハイマー病発症率が、なんと4分の1程度なのだそうです。

  • 手や指先を使うと脳が働きます。
    料理を作る時は手を使いますし、更に調理手順を考えたり、量を測ったりするなどで、頭もよく使いますので、料理を行うことは脳のためにとても良いとされています。
    また、形を捉えたり、色の組み合わせを考えるのに頭を使いますので、絵を描いたりするのも良いでしょう。

    出典 :アルツハイマー病の予防(運動、タバコ、酒) | アルツハイマー病の初期症状と予防
     

    手先を使うのって、脳に良いんですね。

  • 認知症の予防には以下の4つが大事です。


    魚・野菜・果物を多めにした食事
    一日30分以上の定期的な運動
    タバコは我慢、お酒はほどほどに
    頭をよく使うこと
    出典 :http://allabout.co.jp/gm/gc/313828/
     

    とにかく、この4つは、心がけたい基本です。

  • 運動不足はアルツハイマー病だけではなく、様々な病気を引き起こします。
    毎日少しずつでもかまいませんので、適度な運動を行い、足腰を鍛えましょう。

    出典 :アルツハイマー病の予防(運動、タバコ、酒) | アルツハイマー病の初期症状と予防
     

    適度な運動も予防につながります。

  • 脂肪分の一日の摂取量は50~70グラムが理想とされており、動物性脂肪より植物性脂肪を取る方が良いと言われています。
    動物性脂肪の取り過ぎは高脂血症へとつながります。
    脂肪の摂取を控えめにしていても、糖分を摂り過ぎた場合には、中性脂肪が増加して肥満になりますので注意が必要です。

    出典 :アルツハイマー病の予防(動物性脂肪、塩分) | アルツハイマー病の初期症状と予防
     

    動物性よりも植物性脂肪を。

  • 私たちが料理に使う油には、身体によい油と悪い油の2種類があります。
    よい油は、オメガ3系とよばれる油で、亜麻仁油、シソ油、そしてサバ・サンマ・イワシのような青魚に多く含まれるEPA・DHAです。
    よい油は、動脈硬化を予防し認知症を防ぎますので、一日一匹の青魚を取るようにしましょう
    出典 :認知症・アルツハイマー病の予防法 [認知症] All About
     

    青魚は一日一匹。

  • 塩分の一日の摂取量の目安は10グラムとなっていますが、タンパク尿や高血圧の人は一日6グラムが目安です。
    現在健康に問題の無い人でも、塩分を摂り過ぎると高血圧を引き起こしますので注意しましょう。

    出典 :アルツハイマー病の予防(動物性脂肪、塩分) | アルツハイマー病の初期症状と予防
     

    塩分は控えましょう。

  • 良質なタンパク質やビタミンを意識して摂ることも、アルツハイマー病や認知症の予防には効果的です。
    ビタミンが多く含まれている野菜類や、良質なたんぱく質である納豆や豆腐・鳥のささみなどをしっかり食べましょう。

    出典 :アルツハイマー病の予防(動物性脂肪、塩分) | アルツハイマー病の初期症状と予防
     

    肥満対策の食事を考えればよいでしょう。

  • 日頃から色々なことに興味や好奇心を持って生活することも大切なことです。

    興味や好奇心を持つということは、見たり聞いたりしたことを覚えるために必要な「注意と集中」が持続しますので、それが脳の活性化につながります。趣味を持ったりボランティアに参加したりすることで、大いに脳を活性化させましょう。
    出典 :アルツハイマーの予防「脳の活性化」 :原因と予防
     

    脳を意識して、積極的に使うことが大事

  • 食事は決まった時間にきちんとバランス良く摂りましょう。
    忙しいからと言って朝食抜きだったり、宴会などでお酒だけを飲むのは体によくありません。
    出典 :アルツハイマー病の予防 | アルツハイマー病の初期症状と予防
     

    バランスの摂れた規則正しい食事から。

  • ちょっと心がけてみたい工夫
    ・「3分で新聞を読む」「料理番組のメモを取る」「15秒で初対面の人の顔と名前を覚える」
     などと時間を決めて取り組むことで集中力が働き、脳に良い刺激を与えます。



    ・人は睡眠時に記憶を整理します。大切なことを睡眠前に記憶して、
     起床後に復習する「睡眠前記憶法」はとても効果的です。



    ・お出かけの際、地図を片手に知らない場所を散歩したり、暗算しながら買い物をすると、
     ほどほどに脳が刺激されて、外出も楽しくなるかもしれません。



    ・お気に入りの作家の文章や新聞記事を「書写」してみましょう。
     文章を読み、手で書き写す作業は、脳と手先の両方を刺激してくれます。



    ・利き腕と違う手で文字を書いたり、鏡面文字(鏡に映った反転文字)を書くと脳へのよい刺激になります。

    出典 :認知症を防ぎましょう!今日からできる予防法!
     

    脳の活性化が予防につながるそうです。

  • カギとなるのは2型糖尿病。
    アルツハイマー病になる危険性が2倍も高いことがわかったのです。当然その原因は「高血糖」!かと思いきや、実は、意外なものがこの病気に関わっていました。
    アルツハイマー病と糖尿病の関係を解き明かすと、そこから見えてきたのは食習慣が脳に与える影響。脳にやさしい食事が丸わかりです。

    出典 :まさかコイツが原因!? アルツハイマー新予防 : ためしてガッテン - NHK
     

    まずは、糖尿病の予防をすれば、危険性が減ります。