不眠症でお悩みのあなたへの対策まとめ!

夜なかなか眠れない、眠っても途中で何度も起きちゃう…。
そんな悩みを抱えている方も多いことでしょう。
そんな悩みを解消し、質の高い睡眠をとるためには
不眠症を知ることが大切…。
今日は、不眠症基礎知識とお役立ち情報をご紹介します。

  • nelle 更新日:2014/01/31

view242

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 不眠についての正しい知識を得る!

     


    よく聞く言葉ですが、
    「眠れない」というだけしか…。
    そういう方が多いでしょうね。
    まずは、正しく「不眠症」を知ること!
    これが、不眠改善の第一歩です。

  • 不眠症の原因

  •  


    不眠を招く要因は人それぞれ…。
    同じように睡眠が不足してると感じても、
    原因によって対処法が変わってきます。
    まず、その原因を突き止めましょう。

  • ◆不適切な生活習慣と関連した不眠

     不規則な睡眠時間、不適切な睡眠環境、
     昼間の活動量の不足などが原因となって起こる不眠です。
    出典 :アステラス製薬|なるほど病気ガイド|不眠症 病気の基礎知識
  • ◆心理的なストレスと関連した不眠

     親しい人の死や悩みなど、心理的なストレスで起こる不眠です。
     また不眠は、最初はさまざまな原因で起こりますが、
     その原因が取り除かれたあとも眠れない日が続くと、
     「また眠れないのではないか」という心配が原因で
     さらに眠れなくなり慢性的不眠症になります。
    出典 :アステラス製薬|なるほど病気ガイド|不眠症 病気の基礎知識
  • ◆薬や嗜好品と関連した不眠

     カフェインやアルコールなど嗜好品に含まれる成分や、
     治療のため飲んでいる薬が原因で起こる不眠です。
     アレルギーの薬やかぜ薬、降圧薬、ステロイド薬、経口避妊薬、
     抗がん剤、インターフェロンなど、
     不眠を引き起こす薬はいろいろあります。
    出典 :アステラス製薬|なるほど病気ガイド|不眠症 病気の基礎知識
  • ◆体の病気と関連した不眠

     さまざまな身体の病気や、その病気による症状
     (痛み、かゆみ、咳、頻尿、悪心、下痢、発熱、頭痛など)
     に伴って起こる不眠です。
    出典 :アステラス製薬|なるほど病気ガイド|不眠症 病気の基礎知識
  • ◆心の病気と関連した不眠

     うつ病・不安障害・統合失調症などの精神疾患には、
     不眠の症状が現れることが多くあります。
     また、アルツハイマー型認知症や脳血管障害、
     脳腫瘍などの脳の障害でも、不眠は起こります。
    出典 :アステラス製薬|なるほど病気ガイド|不眠症 病気の基礎知識
  • 不眠症の種類

  •  

    20代あたりから始まる不眠症…。
    年齢と共に増加していき、
    中年から老年にさらに増加するとか。
    ただ、一口に不眠症といっても
    そのタイプはいろいろです。
    あなたはどのタイプですか?

  • ◆入眠困難
      床についてもなかなか(30分~1時間以上)眠りにつけない。

    ◆中途覚醒
     いったん眠りについても、翌朝起床するまでの間、
     夜中に何度も目が覚める。

    ◆早朝覚醒
     希望する時刻、あるいは通常の2時間以上前に目が覚め、
     その後眠れない。

    ◆熟眠障害
     眠りが浅く、睡眠時間のわりに熟睡した感じが得られない。

    なお、これらの症状は同時に複数現れることがあります。
    出典 :不眠症とは|睡眠障害の種類|睡眠障害の種類|不眠・眠りの情報サイト スイミンネット
  • 不眠症対策

  •  

    ひどい不眠症であれば、
    医師の診断を受けることが重要ですが、
    まずは、自分なりに安眠を得るための
    基本的な対処法を試してみましょう。

    寝不足を解消するためには、
    生活リズムを整えることが不可欠。
    生体リズムを整えるコツをご紹介します。

  • ◆生体リズムのズレを修正する朝の光

     ヒトの体内時計は、約25時間でリズムを刻みます。
     このズレを修正する重要な同調因子が「光」です。
     朝はカーテンを開け放し部屋に朝日を入れましょう。
     生活リズムのズレを修正する第1歩です。
     夜、就寝前には明るさを抑えましょう。
     パソコンや携帯電話は寝る前には使わないようにしましょう。
    出典 :睡眠衛生の基本|不眠・眠りの情報サイト スイミンネット
  • ◆規則正しい食事

     規則正しい食事は、生体リズムを整える大切な要素です。
     特に朝食は朝寝坊したときに食べなかったり、
     時間がなくコーヒーだけですませたりしていませんか?
     できる限りしっかり3食を同じリズムで、摂るように心がけてください。
    出典 :睡眠衛生の基本|不眠・眠りの情報サイト スイミンネット
  • ◆規則正しい睡眠

     休み前に夜更かししたり、平日眠れなかった分、
     休日に寝坊していつもより長く睡眠時間をとるなどした場合は、
     日中に著しい眠気を引き起こしたり、
     より一層生活リズムを崩す可能性があります。
     休日も普段と同じ時刻に就寝・起床するようにしましょう。
     多く眠りたい場合は、平日との差を1時間~2時間までにしましょう。
    出典 :睡眠衛生の基本|不眠・眠りの情報サイト スイミンネット
  • 簡単にできる不眠対策!

  • *ある程度日中に身体を動かしておく

     デスクワーク中心の仕事をしていると難しく感じますが、
     少しづつでも心がけて小まめに動くようにすると、
     寝入りの感触がずいぶん変わってくるようです。 
    出典 :不眠症かも?簡単にできる不眠対策まとめ
  • *BGMを流す

     リラックスできるお好みの音楽を静かにかけるのも良いものです。 
     また、スマホアプリでも睡眠導入のためのものが多数あります。 
     人間は適度なノイズに安らぎを感じると言われ、
     TV・ラジオの砂嵐ノイズそのものを流したり、
     もしくは雨ふりのポタポタ音や潮騒など自然環境音を流すことで、
     安らかな気分になり眠りに入れるよう工夫されています。 
     アプリですとタイマーでOFFにできるのも便利です。
    出典 :不眠症かも?簡単にできる不眠対策まとめ
  • たった45秒で肩こりをほぐす方法とは?ギューっとポン法

     

    動画タイトルは、肩こりとなっていますが、
    公式ブログには「低血圧など、なかなか起きられない方におススメな体操」とありました。

    このストレッチをするとこんな効果があるそうです!
    ・肺がひろがります
    ・空気を吸える量が増えます
    ・目覚めもばっちりになります。

  • 不眠症改善に役立つサイト

  • 安全なサイトを見つけよう!

     


    ネット上には、不眠症の情報サイトが
    あふれていますが、
    中には少々怪しげなサイトも…。
    安心できるサイトから、
    正しい情報を得るよう心掛けましょう!