「おでん」で美肌になれるとしたら?

「おでん」の美味しい季節がやってきました!
コンビニなんかでも、美味しそうな匂いがしてますよね♪
そんな「おでん」にも美肌効果をもったタネがあるって知ってました?
これからは、美味しいだけじゃダメ!
美肌効果を狙って食べてみましょう♪

view646

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  •  





    肌に良い「おでんダネ」ってなんだろう?

  • 牛すじ

  • まずは言わずと知れた美肌食材、牛すじ!注目したいのは牛すじに含まれているのヒアルロン酸。ハリとツヤのある美しい肌作りには欠かせません。牛すじにおけるコラーゲンの含有量は100g中30mg強と、コラーゲンが多いイメージの鶏皮や高級美肌食材のフカヒレをも凌ぎます。
    出典 :これからは美肌目線で選んじゃう!おでんを食べる時に選びたいタネ| Life & Beauty Report(LBR)
     

    フカヒレを凌ぐですって!スゴイ!

  • 「牛すじ」にコラーゲン!その名も『ヒドロキシプロリン』

     

    この成分は、コラーゲンの一種で俗に「美肌効果がある」といわれており主に化粧品の保湿剤などに使われています。実は、コラーゲンは18種類のアミノ酸で構成されています。この18種類の中に「プロリン」という成分がありますがこれがコラーゲンの主成分にあたります。そして、その「プロリン」に「ヒドロキシプロリン」が存在しています。

    引用)http://ameblo.jp/marunichifood/theme-10040488713.html

  • 牛すじにコラーゲン!確かに入ってそうなプルプル感はありますよね♪

  • 今回の牛すじ(アキレス)で2,218mg、牛すじ(赤身)で370mg位、コラーゲンがたくさんあると言われる牛テールで290mg位ですから、いかに飛び抜けた「ヒドロキシプロリン」の数値かがわかるかと思います。
    出典 :牛すじ肉の栄養成分とコラーゲンについて|牛すじ料理とお肉の秘密をプロが語る。
     

    牛テールと比べても桁違いにコラーゲンが!素晴らしいです!とぅるとぅるです!

  • こんにゃく

  • こんにゃくには美白作用がある上、シワを減らし、肌のキメを整えてくれるセラミドがたっぷり。お米の7〜15倍ものセラミドが含まれているのに、カロリーはほぼゼロだからこそ、まだ食べたいけれど、カロリーが気になる…という時は迷わずこんにゃくをチョイス!
    出典 :これからは美肌目線で選んじゃう!おでんを食べる時に選びたいタネ| Life & Beauty Report(LBR)
     

    セラミドがそんなに?カロリーゼロっていうのも、やっぱり嬉しいですよね♪

  • こんにゃく芋に含まれている美肌に役立つセラミド

     

    セラミドは、もともと体内にある保湿成分で、皮膚の角質層で角質細胞同士をつなぎ、皮膚の保湿機能の改善や水分の蒸発、外部からの刺激や細菌の進入を防ぐ作用があります。また、セラミドはメラニンの合成を抑え、美白作用やシワを防ぐともいわれ、美肌を維持する上では重要な役割を果たすものなのです。

    引用)http://allabout.co.jp/gm/gc/321998/

  • セラミドはクリームや乳液、ローションなどの化粧品に多く利用されています。化粧品などに配合するセラミドの原料として使われてきたのは、牛など動物由来のものが主流でしたが、BSE問題が広まり、小麦や米、大豆、ほうれん草などの植物から抽出する流れに変わってきています。セラミドは、小麦、大豆、キビ、ほうれんそう、米などにも含まれているのですが、ユニチカ株式会社がこんにゃく芋に注目し、研究を重ねた結果、こんにゃく芋には米や小麦などに比べて7~15倍ものセラミドが含まれていることがわかりました。
    出典 :生芋こんにゃくに美肌成分? [食と健康] All About
     

    コンニャク最高!日本人で良かった♪

  • ■大根

  • 水分量のとても多い大根ですが、消化酵素のジアスターゼが豊富に含まれています。胃腸が疲れていることから来る肌荒れが気になるときは、おでんの大根をゆっくり食べるようにすれば胃腸の疲れも緩和されるはず。
    出典 :これからは美肌目線で選んじゃう!おでんを食べる時に選びたいタネ| Life & Beauty Report(LBR)
     

    胃腸の乱れは美肌にも大敵ですからね。

  • 大根の美肌効果

     

    大根には美肌ビタミンと呼ばれているビタミンCが豊富に含まれています。ビタミンCはコラーゲンの生成に欠かせない成分です。コラーゲンは動物の細胞や組織をつなぎ合わせる接着剤の役割を果たしているたんぱく質の一種で、体内のたんぱく質の30~40%を占めており、体の形成や機能の正常化に不可欠の成分です。コラーゲンが不足すると、肌の水分量が減り老化が進みます。ビタミンCにはシミの原因となるメラニン色素の生成を防ぐ働きもあるため、若々しい肌を保つ効果があります。

    引用)http://www.wakasanohimitsu.jp/seibun/japanese-radish/

  • ■はんぺん

  • ほんのり甘くふわふわの食感が幸せな気分になるはんぺん。魚の白身のすり身に山芋を加えて作っているヘルシーなおでんのタネです。魚の白身から出来ているということで、100g中約10gのたんぱく質を含んでいるのでダイエット中に肌荒れを防ぐべく良質なたんぱく質を取りながらも低カロリーのタネを食べたい時ははんぺんがおすすめ。
    出典 :これからは美肌目線で選んじゃう!おでんを食べる時に選びたいタネ| Life & Beauty Report(LBR)
     

    肌荒れに良く、低カロリーなのが嬉しい♪

  • はんぺんの栄養【牛肉と鶏卵との比較編】

     

    はんぺんは、牛肉や鶏肉などにくらべ、脂質が低い。

    引用)http://www.kibun.co.jp/knowledge/neri/special/hanpen/

  • たんぱく質が豊富な割には、脂質の低いことが分かりますね。