潜在能力を引き出す方法について

自分の中に眠る潜在能力について、引き出す方法を解説していきます。

view274

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 潜在能力の引き出し方

  • 「自分の力はこんなものじゃない」「俺にはもっと大きな可能性がある」
    向上心の強い人ほどこんなことを考えるものですが、「では、自分の能力をフルに発揮するためにどんなことが必要なのか」というところまでわかっている人は多くありません。
    本書の著者で、ポテンシャル・トレーナーとして教育・人材育成の分野で活躍する生田知久さんは、そのポイントを「イメージ力」だとしています。
    出典 :あなたの潜在能力を100%引き出すたった1つの方法
  • ポテンシャル・トレーナーとして教育・人材育成の分野で活躍する生田知久さんは、そのポイントを「イメージ力」だとしています。
    出典 :あなたの潜在能力を100%引き出すたった1つの方法
  • 将来のビジョンや目標ひとつ取っても、経営者やトップビジネスマンなど、第一線で活躍する人はみな、それらを普通の人よりずっと鮮烈にイメージしているのです。
    出典 :あなたの潜在能力を100%引き出すたった1つの方法
  • 発想力を鍛えるイメージトレーニング

  • 1. 目を閉じてリラックスし、手に名刺を持っている感覚を持つ。ただし、このときはその名刺が見えないようにイメージする。
    2. 目の前に知人がいるイメージを浮かべ、その知人に名刺を渡す。その知人が驚いた表情をしているイメージをつくる。
    3. 「なぜそんなに驚くのだろう?」と、感じながら、イメージの中で渡した名刺を見る。 するとそこには驚きを生む名刺が見える。うまく見えない場合は、相手のリアクションをより鮮明に描き直してから、もう一度名刺を見る。 見えてくるまで繰り返す。
    出典 :あなたの潜在能力を100%引き出すたった1つの方法
  • 5分で脳の潜在能力を引き出すもうひとつの方法

  • 5分で脳の潜在能力を引き出す方法は、本「スタンフォードの自分を変える教室」で紹介されている瞑想のテクニックです。神経科学者の発見によれば、瞑想を行うようになると、脳が鍛えられ、注意力、集中力、ストレス管理、衝動の抑制、自己認識といった自己コントロールの様々なスキルが向上します。
    出典 :脳の潜在能力を5分で引き出し、意志力を強化、ストレスも減少させるテクニック | Mill Key Web - Part 591
  • 瞑想のやり方3ステップ

  • 1. 動かずにじっと座る

  • 椅子に座って、足の裏をぴったり床につけるか、クッションの上であぐらをかきます。背筋を伸ばし手は膝の上です。気になる音が聞こえたり、かゆいところがあっても動かないで耐えます。ただじっと座ることに集中してください。

    単純なことですが、これだけでも脳や体の衝動に左右されない意志力の強化になります。これが、身体面における自己コントロールの基本といえます。
    出典 :脳の潜在能力を5分で引き出し、意志力を強化、ストレスも減少させるテクニック | Mill Key Web - Part 591
  • 2. 呼吸に意識を集中する

  • 目を閉じるか、どこか一点を見つめてください。そして、呼吸に意識を集中させていきます。息を吸う時は、心の中で「吸って」、吐く時は、「吐いて」と唱えながら集中させます。気が散りだしたらまた意識を呼吸に戻し、繰り返します。

    呼吸に意識を集中させる練習をすることで、前頭前皮質が活性化され、脳の中枢のストレスや欲求を鎮めていきます。
    出典 :脳の潜在能力を5分で引き出し、意志力を強化、ストレスも減少させるテクニック | Mill Key Web - Part 591
  • 3. 呼吸の感覚をつかむ、気が散ったら呼吸を意識する

  • 数分経過したら、「吸って」「吐いて」というのをやめ、呼吸をしている感覚だけに集中します。すると鼻や口の息の感覚や呼吸によるお腹の膨らみしぼみがわかるようになります。

    呼吸から意識が乱れたのに気づいたら、また呼吸に意識を集中させます。難しく感じるなら、また心の中で「吸って」「吐いて」と唱えてみましょう。この練習は、自己認識のトレーニングにもなります。
    出典 :脳の潜在能力を5分で引き出し、意志力を強化、ストレスも減少させるテクニック | Mill Key Web - Part 591
  • イメージ力について書かれた本

  • あなたの潜在能力を100%引き出すたった1つの方法

     

    生田 知久著による潜在能力を引き出すための方法について書かれた本。

  • スタンフォードの自分を変える教室

     

    ケリー・マクゴニガル先生の講義を本にしたもの。抽象的な概念として捉えられていた「意思」の力について、科学的に紐解いて書かれている。