日々の健康管理に!バランス力アップのすすめ

突然ですが、皆さんは目を瞑って片足立ちできますか?できなかった人は今すぐバランス力アップに取り組みましょう!

  • yk01 更新日:2014/02/14

view314

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 目を瞑って片足立ちできますか?

  • 目を開けたまま、片足を10センチほど浮かせます。
    そのまま10秒キープ!

    次は目を閉じて、そのまま10秒キープ!

    左右交互に、1分間を1セットとして行ってください。転びそうになったら脚をつきましょう。
    出典 :毎朝1分でOK! ~片足立ちでバランス力アップ~|DoShop|血液サラサラの毎日健康、飛騨エゴマ油・プロテオグリカン、美と健康のトータルサポート|あなたの美と健康をトータルサポート [DoShop]
     

    目を開けてなら簡単にできるけど、目を閉じると途端に難しくなる!という人は多いのではないでしょうか?

  • 高齢者においてはこのうちの筋力の要素がより重要であることが指摘されています。
    出典 :バランス運動の効果と実際|e-ヘルスネット[情報提供]
     

    目を閉じての片足立ちは、主に筋力を使ってバランスをとろうとするのですが
    高齢者において重要となってくるのがこの筋力を使ったバランス力なんです!

  • 高齢者の転倒の要因としてバランス能力の低下があります。
    出典 :転倒予防シリーズ② 転倒に関する要因~その2:運動器(筋力・骨・バランス)~ - 先端医療講座 - 藤元メディカルシステム
  •  バランス能力とは静止姿勢や動作中の姿勢を保つ能力や不安定な姿勢から速やかに回復させる能力を意味します
    出典 :ワンポイントリハビリ 転倒予防とバランス能力
  • バランス力アップのためのトレーニング

  •  

    真っすぐに立ち、両手を頭の上で合わせたポーズからスタートします。片脚立ちで、身体を地面と水平に伸ばしてバランスをとります。

  • ○しっかり曲げきれていないのはNG

    身体を一直線にすることがポイントです。片脚を残して棒が倒れるように、上半身と下半身を同時に動かしましょう。体幹にしっかりと力を入れ、脚・おなか・背中・お尻など、全身の筋肉を総動員してバランスをとります。膝が曲がっている、また、足だけを上げるでは意味がありません。

    ○腹筋背筋にも力が入っていればOK

    最初の姿勢の時に、腹筋背筋に力が入っているか確認します。息を長く吐きながら、ゆっくりと身体を倒していきましょう。途中ぐらついても慌てず、立っている脚にきちんと重心を戻します。T字になったところで、手と脚を遠くに伸ばすイメージをします。呼吸は深く自然に。顔は下を向いている方がやりやすいです。
    出典 :体幹と全身の筋肉を鍛えてバランス力を強化! - 間違った筋トレを正す - ネタりか
  • 体幹トレーニングでバランス力アップ!

  • バランス力アップ!インナーマッスルを強化! 6畳フィットネスWO#8

  • ドローインを意識したサイドクランチ/腹斜筋・腹横筋/体幹トレーニング実践講座

     

    サイドクランチにドローインを意識した動作を加えた体幹トレーニングです。
    お腹周りの引き締め、日常動作やスポーツにおけるバランス力向上に効果的。

  • バランスボールを使ったバランス力アップ方法

  •  

    バランスボールを使って、遊び感覚でトレーニング!

  • 1.まずバランスボールに座ることから開始します。
    __①ボールの空気量は「硬すぎず、軟すぎず」です。
    __②両足を床に着けて座って、上体を左右に傾けたり、床から足が離れるぐらい軽く「その場ジャンプ」
    2.慣れてきたら、太ももとお尻の間ぐらいでボールに座って、床から足を離します。
    __①決して足を上げすぎないように(後ろに転倒します…)
    __②下を見ないで、目線は前方を凝視します。
    __②最初は10秒ぐらいできるように練習します。→たったこれだけで「汗」かきます。^^
    __③後ろ向きの転倒事故が怖いので、ボールのすぐ後ろに「布団やクッション」をセットします。
    3.2分ぐらい床に足が着かなくなったら、あとは忍耐力があれば30分以上続けられます。
    出典 :バランスボールを使ってバランス力を鍛える方法を教えてください。 - Yahoo!知恵袋
  • 膝や骨盤、太もも内側の筋肉への意識を敏感にし、不安定なボードの動きに対して常に身体の重心が中央にくるように意識をすることがポイントだ。
    出典 :Surfer's Medical Association Japan Chapter Web Site