年末年始の旅行前に知っておきたい!時差ボケ対策まとめ

海外旅行に行く人も多いこの季節、時差ボケに悩まされないために時差ボケ対策法をチェックしておこう!

view220

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 時差ボケって何!?

  • 5時間以上の時差がある地域へジェット機で高速移動した際に起きる、眠気、睡眠障害、食欲不振などの体調不良のこと。
    出典 :【季節とねむり】意外と知らない!「時差ボケ」の仕組み&対策法 | ねむりラボ
     

    飛行機で時間差がある地域に短時間で移動する場合は、要注意・・・。

  •  

    出発する前に行く予定の国と日本の時差を調べておこう!

  • 時差ボケの症状

  • 寝つきが悪くなったり、寝たいときに眠ることができない、すぐに目が覚めてしまうなどの「睡眠障害」です。

    また、こうした状態が続くと、頭痛やイライラ感、食欲不振、胸やけなどの症状も現れてきます。
    出典 :時差ぼけの症状と解消法
     

    眠れないことで、様々な症状をひきおこすんだね・・・。

  • 東回りと西回りで違う時差ボケ

  • 日本から「東回り」なのか、それとも「西回り」なのかによっても時差ボケの症状が若干異なると言われています。

    その原因は、ずれる時間帯のちがい。西回り=ヨーロッパ方面への移動では、時差により、いつもの生活時間よりも夜が「長く」なるため、夜更かしして生体リズムを調整する必要がでてきます。

    逆に、アメリカを含む東回りの移動では、夜が「短く」なるため、到着地の生活時間に合わせるためには、身体がまだ眠くなっていないうちに就寝し、朝は早く起きて生体リズムを前にずらさなければなりません。
    出典 :意外と知らない!「時差ボケ」の仕組み&対策法
     

    東回りと西回りで時差ボケも症状が違うんだね。

  • 時差ボケの解消法

  •  

    耳栓やアイマスクを活用して、どんな状況でも自分が眠りたい時間帯を確保する。

    毎朝、できるだけ日光に1分以上は当たるようにする。

    普段日本で食べている時間帯に三食を合わせる。
    (胃が弱っているので、食べ過ぎないように注意)

  • 東回りの時差ボケ対策

  • 東回りのフライトでの時差ボケ対策は「早寝早起き」が肝心。

    旅行に出発する前から、少しずつ起床時刻を早めるようにしましょう。

    起床後などに30分程度明るい太陽の光を浴びておくのもおすすめです。

    また、昼食や夕食の時刻を早めると、生体リズムを前進させるのに効果的です。
    出典 :意外と知らない!「時差ボケ」の仕組み&対策法
     

    少し早めの時間に食事をするなどの工夫を♪

  • 西回りの時差ボケ対策

  • 西回りのフライトは反対で、出発前から少しずつ就床・起床時刻を遅くして、生体リズムを後ろにずらすようにしましょう。

    また、時差ボケを早く解消するには、到着初日の眠気をなるべくこらえ、現地の生活時間に合わせて夜になるまで睡眠を取らないことがポイントです。
    出典 :意外と知らない!「時差ボケ」の仕組み&対策法
     

    夜になるまで眠くても寝ないのがポイント!

  • どうしても眠くなってしまった場合は?

  • 現地時間の14時前後に20分程度の仮眠をとりましょう。

    人間は自然と14時前後に眠気の周期がやってくるので、現地のリズムに自分の体を合わせるためにも、このタイミングでの仮眠がおすすめです。
    出典 :【季節とねむり】意外と知らない!「時差ボケ」の仕組み&対策法 | ねむりラボ
  •  

    せっかくの旅行を満喫できないのは、もったいない!

    時差ボケを解消して楽しい旅を♪