睡眠不足が招く恐ろしい病気~ぐっすり熟睡できるよう環境を整えよう~

この時期忘年会続きで睡眠不足が増えていませんか?

睡眠不足はガンリスクを高めるのですよ。

環境と精神を整えて、健やかな快眠生活おくりましょう!

  • honey 更新日:2013/12/16

view296

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 忙しい現代人

  • 現代人は必ずしも休みたいときに休めるわけではありません。眠気・頭痛・いびき・夜に眠れなくなるなどたくさんの症状がありますが、これらの症状が長く続くと、睡眠時無呼吸症候群やナルコレプシーなどの病気を発症することもあります。
    出典 :睡眠不足【体に優しい睡眠法】
     

    ちなみにナルコレプシーとは、時と場所に関係なく居眠りを一日に何回も繰り返えすことです。

  • 睡眠不足の原因

  • 平成12年に行ったある調査で、日本人が眠れない理由が解りました。

    男性の場合は仕事・勉強・通勤・通学で40.2%を占め、女性の場合は悩み・ストレスが30.4%を占めました。25~34歳の間では育児が30.5%となっています
    出典 :睡眠不足【体に優しい睡眠法】
  •  

    一日の大半は仕事、育児ですから、自分の時間をとってゆっくり休むこともできません。

  • 仕事などで興奮状態が続き、睡眠不足になることがあります。

    「明日この仕事をしなければならない」とか「面白いことを思いついたんだけど、すぐに実行したい」とか、気持ちが昂ぶっている状態です。
    出典 :睡眠不足【体に優しい睡眠法】
  • 緊張状態の中でも、精神的に負担になっている場合はストレスが原因になります。

    「やりたくないことをどうしてもやらなければならない」とか「誰々にこんなことを言われた」とか、怒り・悲しみ・苦痛などがあります
    出典 :睡眠不足【体に優しい睡眠法】
  • 温度や湿度といった睡眠のための部屋の環境が整っていないこともありますが、シフト勤務や育児で手が離せないなど、どうしても避けられない労働の環境が原因の場合もあります
    出典 :睡眠不足【体に優しい睡眠法】
  • 何か大きな環境の変化によって眠れなくなってしまうことがあります。

    うつ病やパニック障害など疾病があることもあります。病気ではないけれど何となく倦怠感がある、というのも睡眠不足の原因になります
    出典 :睡眠不足【体に優しい睡眠法】
  •  

    もしかしてうつ?と思ったら迷わず病院へ。

    日本人のうつ患者は100万を超えています。

  • 病気を招く

  • •免疫力が低下して、風邪やガンになりやすくなる
    •高血糖、高血圧などから、生活習慣病を招く
    出典 :睡眠不足と病気の関係とは? | 睡眠不足の解消と対策
     

    浅い眠りが免疫力の低下を引き起こします。つまり十分な睡眠時間を取っていても、朝に熟睡感がなく、寝た気がしないという人は要注意。

  • さらに睡眠不足がストレスとなり、自律神経を乱した結果、アレルギー症状を起こすことも考えられます。アトピーなどでかゆいと、寝れなくなって不眠症になりますが、それによる睡眠不足が、ますます病気を悪化させる悪循環となるのです
    出典 :睡眠不足と病気の関係とは? | 睡眠不足の解消と対策
  • 睡眠不足になると、肥満を招きます。
    なぜかというと、満腹中枢を抑制するレプチンが減少するからです。と同時に満腹中枢を亢進させるグレリンが増加するからです。この二つの変化により、食欲が旺盛になり、どうしてもカロリー過多になってしまいます。
    出典 :睡眠不足と病気の関係とは? | 睡眠不足の解消と対策
     

    太る原因にもなるとは。百害あって一利なしです。

  • 睡眠不足解消法!!

  • 居眠り・昼寝などの仮眠を取ることですね。
    短時間睡眠で有名な、かのナポレオンでさえ、不足した睡眠時間を仮眠で補っていたといいます。マイクロスリープといって、数秒から数十秒という短時間だけでも、脳を休ませることが出来ます。どんなに時間がないときでも、目をしばらく閉じるだけで睡眠不足の解消ができるわけです。

    重要な作業のまえには、このようにちょっと目を閉じるだけで、パフォーマンスのアップと事故の予防が期待できます。
    出典 :睡眠不足の解消と対策
  • 睡眠薬(睡眠導入剤)を処方してもらうのもいいでしょう。市販の睡眠改善薬や漢方薬も、ある程度の効果があります。
    出典 :睡眠不足の解消と対策
  • 昼間に太陽の光に十分当たったり、運動を多くすることです。それによって睡眠物資が体内で多く作られるようになるのです。食事からトリプトファンなどのアミノ酸を摂取することも大切です。
    出典 :睡眠不足の解消と対策
     

    トリプトファンは、乳製品や大豆製品、ナッツ類などの様々な食品中のたんぱく質に含まれています。精神を安定させ、鎮痛作用を持つ神経伝達物質の原料となります

  • 腹式呼吸

     

    お布団に入ってからで構いません。
    仰向けに寝て、ゆっくり鼻から息を吸い込んで、
    お腹が膨らみきるまで吸い込みます。
    吸い込んだら、お腹が凹むことを意識しながら、
    鼻から息を吐ききります。

    たったコレだけのことを2〜3分繰り返すだけで、
    リラックスして眠気が催してきます。
    とてもカンタンですので、入眠儀式としてもオススメです。