【一石二鳥!】 忙しいあなたに!運動しなくても”家事”で十分効果あり!

家事は「生活活動」に当てはまり、消費エネルギーが高いといわれています。毎日毎日行っていることが、少し気をつけるだけでダイエットになる!!

view410

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 身体活動は「運動」と「生活活動」にあり!

  • ジムでのトレーニングやランニングなどの「運動」

  • 家事などの「生活活動」

  • 体活動量は、運動によるものと、家事など生活活動によるものと、2つに分かれます。
    ここで注意が必要なのは、運動を習慣にしている人の方が、身体活動にともなうエネルギー代謝が高いかというと、必ずしもそうとは限らないということです。
    出典 :基礎代謝量が1日の消費エネルギー全体に占める割合
  • ランニングやジムで運動していることだけが、”代謝を高める””活動量が多い”と思っていませんか?
    生活の中で動いていること、これも活動量に含まれるのですね。

  • 「運動」より「生活活動」の方が、身体活動量が多いことも!??

  • 身体活動量に占める2つの割合は、運動を習慣的に行なっているかどうかによりますが、運動を習慣的に行なっていなくても、戸外での肉体労働や家事などによる生活活動が多い場合もあり、一概に運動を習慣化している人のほうが身体活動量が多いとは言い切れないのです。
    ですから、運動に限らず、家事など日常の生活活動を積極的に行なうことも、エネルギー消費量を増やすために、とても有効なのです。
    出典 :基礎代謝量が1日の消費エネルギー全体に占める割合
  • NEATにポイントが!

  • 近年、家事などの日常生活活動によるエネルギー消費が注目されています。これを非運動性熱産生(NEAT(non-exercise activity thermogenesis)、ニート)といいます。現代人のエネルギー消費が減って肥満傾向になる背景には、このニートが減ってきていることも要因と言われています。
    出典 :基礎代謝量が1日の消費エネルギー全体に占める割合
  • 「掃除」が消費カロリーが高い!

  • モップ掛け、掃除機などの掃除が効果的!

     

    家事の中でもカロリー消費量が大きいのは、掃除です。
    特にモップがけは、1時間あたり22 0kcalも消費すると言われています。
    あちこち移動しながらモップ掛けをし、同時に、腕や身体をストレッチすることで、さらにカロリー消費量が高くなります。
    また、掃除機をかけることもダイエットには効果的で、消費カロリーは30分で150kcal、1時間で300kcalとなっています。
    そのため、掃除をする際には、いつも以上に意識して身体を動かすようにすることをおすすめします。
    お掃除のついでに家具など重いものを動かすことで、ダイエット効果を高めることができます。
    出典:http://www.homediet.handin.info/jitau/shcal.html

  • 筋肉を意識することが大事。

  • 家事でカロリー消費を高めたいのであれば、ダラダラとやるのではなく、いつも以上に手足を動かすように意識し、筋肉を動かしていることを意識することが重要です。
    普段何気なく行っている家事でも20分以上継続して行うことで、脂肪燃焼効果を得ることができます。
    つまり、掃除や洗い物などの家事をこまめに行うよりも、1回で長時間継続して行った方がダイエット効果が高くなるということです。
    出典 :消費カロリーが高い家事は? | 自宅ダイエット方法ガイド
  • こちらのサイトで、家事の消費カロリーが計算できます。