【気分変調性障害】は知らない間に鬱状態に入り、それが長く続いていることをいうが、鬱症状は軽い。

【気分変調性障害】とは慢性のうつ病なのです。
長期間にわたっての鬱状態なので、その人の性格と思われがちです。
症状はそれほどひどいものではないのですが、長い間続くという事で周囲にも大きな負担がかかる病気です。

view596

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 【気分変調性障害】という病気について

  • うつ病などの気分障害は自分では気付き難い - YouTube

     

    自分ではなかなか気づかないし、認めたくもないという気持ちが本人に働きますね。

  • 【気分変調性障害】と判断する基準はあるの?

  • 慢性のうつ病とは区別・・・【気分変調性障害】

  • 【気分変調性障害】の患者に特徴はあるのか?

  • 発症年齢は、21歳前後に始まる早期発症の例は少なくて、普通は20~35歳ぐらいで発症することが多く、男性より女性にやや多く見られます。また、うつ病である親、子供、兄弟姉妹、二卵性双生児などの場合、遺伝的にこの気分変調症が生じる可能性は高くなります。
    出典 :姫路 心療内科|前田クリニック 気分変調症
  • 【気分変調性障害】治療

  • 大うつ病とは

  • 大うつ病は気分障害で、主要な抑うつ症状のうち一つ以上の症状(気分の落ち込みが2週間以上続く、何に対しても興味や喜びが感じられないなど)と、次のような症状が四つ以上伴うのが特徴である。睡眠、食欲、体重、精神運動活動の変化;活動力の減退;無価値観または罪感;ものを考えたり、集中したり、意思決定をしたりできない;死について繰り返し考える、あるいは自殺の観念形成、計画、企図をする、など。気分変調症または気分変調性障害は「気分の晴れやかな日よりも落ち込んだ日の方が多い状態が2年以上続き、主要な抑うつ症状の基準に合致しない他の抑うつ症状が伴うことが特徴である
    出典 :うつ病とは...
  • 大うつ病は社会的および身体的機能に深刻な障害を引き起こす原因となり、しばしば自殺の大きな誘発要因となる
    出典 :うつ病とは...
     

    「大うつ病」は重症の「うつ病」という事になります。