日本人に急増中!大腸がんってどんな病気? まずは病院で検査を!

食生活の欧米化が原因?
日本人にも急増中の病気<大腸がん>
早期発見・治療が大切です。

view325

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 主要五大がんの一つ・大腸がんってどんな病気?

  • 大腸がんは、長さ約2mの大腸(結腸・直腸・肛門)に発生するがんで、日本人ではS状結腸と直腸ががんのできやすいところです。
    大腸がんは、大腸粘膜の細胞から発生し、腺腫(せんしゅ)という良性腫瘍用語集アイコンの一部ががん化して発生したものと正常粘膜から直接発生するものがあります。その進行はゆっくりです。大腸がんは、粘膜の表面から発生し、大腸の壁に次第に深く侵入していき、進行するにつれてリンパ節用語集アイコンや肝臓や肺など別の臓器に転移します。
    出典 :大腸がん 基礎知識:[がん情報サービス]
  • 大腸がんの死亡数は食の欧米化の影響か増加傾向にあり、今後も増加すると予想されています。

    しかし、早期に発見して治療すればほぼ治癒が可能ながんです。
    出典 :大腸がんの基礎知識 | 日本対がん協会
  •  

    部位別死亡数を最新の2007年のデータで見ると女性では2万0882人で1位、男性は2万4862人で3位、男女合計では4万5744人が亡くなっています。

  • どんな症状が出るの?

  • 便通状態が良くない。 (下痢気味)
    トイレに入っている時間が長くなった。
    時々下腹部がチクチクと痛む。
    今までになかった違和感がお腹にある。
    疲れやすくなった。
    食欲があまりなくなった。

    以上のような、いつもと違う症状が続くのであれば大腸がんの初期症状かもしれないの で一度病院で診察してもらう方が安心です。
    出典 :大腸がんの初期症状を覚えておこう。
  • 血便、下血、下痢と便秘の繰り返し、便が細い、便が残る感じ、おなかが張る、腹痛、貧血、原因不明の体重減少などが多い症状です。中でも血便の頻度が高いのですが、痔(じ)など良性疾患でも同じような症状がありますので、早めに消化器科、胃腸科、肛門科などを受診することが早期発見につながります。
    出典 :大腸がん 基礎知識:[がん情報サービス]
  • 病院で検診を受けよう!

  • そもそも、がん検診には、市町村が行っているがん検診と、人間ドックのような全額自費のがん検診と2種類あります。
    大腸がんになると、便の中にわずかな血が混じる事があるため、便を調べる便潜血検査を行います。
    二日分の便を自宅で採取し、病院に提出するだけで簡単に調べる事ができます。
    出典 :アラフォー必見!女性のための がん検診 |NHK あさイチ
     

    がん検査と聞くと"痛い・苦しい"イメージがありますが、簡単に調べられるようです!

  • 大腸がんは早期に発見して治療すればほぼ治癒が可能です。
    大腸がんの死亡数は食生活の欧米化なのか死亡数は男女共に
    増加傾向にあり、今後も増えると予想されています。
    出典 :検診の意義と目的 | 日本対がん協会
  •  

    大腸がんは、適切な検診を受けることによって早期に発見できます。大腸がんの発見が遅れてQOL(生活の質)を落とすことのないよう、40歳を迎えたら定期的に大腸がん検診を受けましょう。

  • 大腸がんの予防法

  • 日本古来の“和”の献立に戻り、動物性脂肪のとりすぎや、コレステロールのとりすぎに注意すること、食物繊維を多くとり、バランスのよい食事をすることを心がけましょう。アルコールは大腸がん、特に直腸がんの危険因子であるといわれています。飲酒はほどほどにしましょう。また、ウォーキングなどの適度な運動は予防効果があるといわれています。
    出典 :大腸がん検診について 受けよう!がん検診
     

    他の病気同様、バランスの良い食生活が大切なようですね!

  • バランスのとれた栄養をとる
    毎日、変化のある食生活を
    食べすぎをさけ、脂肪はひかえめに
    お酒はほどほどに
    たばこは吸わないように
    食べ物から適量のビタミンと繊維質のものを多くとる
    塩辛いものは少なめに、あまり熱いものはさましてから
    焦げた部分はさける
    かびの生えたものに注意
    日光に当たりすぎない
    適度にスポーツをする
    体を清潔に
    出典 :がんを防ぐ12か条 | 日本対がん協会
  • がんの原因は<免疫力の差>と言われています。
    日頃の食事や運動不足、ストレス等で免疫力を下げないように気をつけたいですね。

    40歳を過ぎたら定期的に病院でがん検診を受診し、安心して日々を過ごしましょう。