そのイライラの原因はやっぱりPMS(月経前症候群)かもしれない

生理前になるとイライラ~原因がわからないから余計にイライラ~
少しでも解消に近づきたいものですね~

view793

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • なんとなく知ってはいるPMS(月経前症候群)ってどんな症状なの?

  • 月経前症候群(PMS)って?

    月経前症候群とは生理の約2週間前から起こるココロとカラダのトラブルの総称です。もうちょっと詳しく言うと、ホルモンのアンバランスさにともなって日常生活に差し障るさまざまな症状が一群となって現れることをいいます。
    出典 :あなたも月経前症候群? [婦人病・女性の病気] All About
  • イライラするっていうのは知っているんですが・・・

  • そういえば

     

    いとうあさこが、40歳過ぎたらイライラするって言ってましたね。

  • どんな症状がでるのでしょうか?

  • 月経前症候群(PMS)の症状

    PMSの症状は本当に様々。患者さんによっては、手の痺れなどの少し珍しい症状を訴える方もいらっしゃいます。特によく見られる症状をまとめました。

    ■ PMSの体の症状で多いもの
    月経前の下腹の痛み
    腰痛
    頭痛
    めまい
    吐き気
    ひどいむくみ
    便秘
    ニキビ
    など。他にも、肩こりや手のしびれなど、他の病気と紛らわしい症状を感じることもあるようです。
    出典 :月経前症候群(PMS)の主な症状・診断基準 [婦人病・女性の病気] All About
  • 吐き気やめまいは・・・

     

    おめでたと勘違いしてしまうこともあるかもしれませんね。

  • 他も、特にPMSだとは思わないで、ただの体調不良だと思ってしまってもおかしくない症状もありますね。
    精神に影響をきたす症状もあります。

  • ■ PMSの精神的な症状で多いもの
    月経前のイライラ・気分の落ち込み
    集中力の低下
    仕事ができなくなる
    不眠
    理由もなく突然泣きたくなる
    過食
    甘いものばかり食べ過ぎる
    など。いずれも「うつ病」などの精神疾患に似た症状が多いのですが、月経が来ると嘘のように症状が消えてしまうのが特徴です。

    中には精神症状があまりにもひどくて、「自分がコントロールできない」と言って駆け込んでこられる方もいらっしゃいます。精神症状が重くなると、突然爆発したように怒り始めたり、涙が止められなくなったり、自分でも感情が制御できなくなってしまうこともあるのです。
    出典 :月経前症候群(PMS)の主な症状・診断基準 [婦人病・女性の病気] All About
  • こうなる前に

     

    なんとかしたいものですね

  • PMSを引き起こす原因はわかっているのでしょうか?

  • PMSが起こる原因は、残念ながらはっきりとは解明されていません。
    というのも、症状が150以上もあり、全ての症状に結び付けられるような原因の追求となるとなかなか難しいものがあるのです。
    出典 :PMS症状があらわれる原因
  • はっきりはしないながらも、考えられる原因とその対処法をみていきましょう。

  • 「水分貯留」が身体的症状の原因?

    月経前になると何となく体がむくんでいるように感じたり、やたらのどが渇いて仕方なかったりした経験はありませんか? 月経前なると多くの女性の体重が1~3キロ程度増加し、月経が落ち着くころには元通りになることも知られています。

    デリケートな体は、黄体ホルモンの働きによって水分を排出しにくくなっており、代謝が低下して体の各所に水分がたまりやすくなります。むくんだり、体重が一時的に増えたりするのもそのためです。そして、これらの余分な水分が、PMSと呼ばれる諸症状を引き起こしているのではないかと考えられています。

    たとえば水分が乳房にたまれば、張りや痛みを感じますし、脳の近くにたまれば頭痛を引き起こします。また、体全体に水分がたまることによって、なんとなくだるい感じがしたり、下腹部に違和感を覚えたりするのです。

    そのため、特に、下腹部痛・腰痛・頭痛などの【身体的症状】に悩まされている人は、なるべく水分をたくさん摂って体内の水分を排出しやすくしたり、塩分の強いものを控えて、体内に水分を貯めこまないように工夫してみることも良いと思います。
    出典 :PMS症状があらわれる原因
  •  生理前に限らず、普段から気を付けたいことですね。

  • 「血糖値の低下」がイライラなどを促進している

    もう1つ、PMSの原因として有力とされているのが、「血糖値の急激な低下」によるものです。

    脳内から、各部の神経を刺激するとされている「セロトニン」という物質がありますが、月経前は黄体ホルモンの影響により、このセロトニンが急激に低下することが知られています。このセロトニンが低下することによって、体内の血糖値を一定に保つことが難しくなり、急激に甘いものが食べたくなったりするようです。

    血糖値が不安定な状態になると、脳の働きが弱まり、集中力や記憶力、気力等が低下してしまうのです。そのため、イライラや憂鬱などの【精神的症状】はこの血糖値低下に起因しているのではないかと考えられています。

    これらを防ぐためには、玄米やイモ類、おそばやフルーツなどの穏やかに血糖値を上げる作用のある食べ物を、少しずつ、回数を多く摂ることだとされています。
    セロトニンの低下によって血糖値を維持できる時間が短くなっているため、なるべくなら2~3時間おきに、少しずつ食事を摂ると効果的です。

    ただし、ジュースやお菓子などは血糖値を急激に上昇・低下させてしまいます。一時的には良くても後で余計につらくなってしまうため、これらのもので血糖値を補うのは避けるようにしましょう。
    出典 :PMS症状があらわれる原因
  •  イライラして、つい甘いお菓子をたくさん食べてしまうことがありますが、悪循環になってしまっているのですね。

  • でも・・・

     

     我慢しすぎて、イライラするよりは、ちょっとだけなら食べたいなあ・・・
    食べすぎには注意します!!!

  • どちらが原因でも、自分の体調を正しく理解・観察して、適切な対処法をとっていくことが大切だと思われます。

  • PMSと上手につきあって

     

    にこにこと日々を過ごしたいものです。