恋をすると健康になる!? 驚くべき恋の力

恋愛をすると女性は綺麗になると言います。でも実は、恋をすると女性は健康にもなるということを皆さんご存じでしたか? どんどん恋愛をして、どんどん綺麗に健康になりましょう。

view656

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 恋って何?

  • 特定の異性に特別の愛情をいだき、高揚した気分で、二人だけで一緒にいたい、精神的な一体感を分かち合いたい、出来るなら肉体的な一体感も得たいと願いながら、常にはかなえられないで、やるせない思いに駆られたり、まれにかなえられて歓喜したりする状態に身を置くこと。

    by新明解国語辞典
    出典 :恋愛とは何か
     

    恋を定義するのは、賢い学者の先生でもこんなに大変なことなのです。でも、恋の定義ってこういうもの。

  • 恋をしている時、体の中ではどんなことが起こっているの?

  • ポイントとなるのは、内臓の動きを司っている自律神経。この自律神経は、免疫力の質と量を支配する大事な機能を持っています。自律神経は、交感神経と副交感神経のバランスで成り立っているもの。緊張、ときめき、忙しい時などには交感神経が働いている。逆にリラックス、癒し、満足感を感じている時などは副交感神経が働く。緊張とリラックスのどちらも、自律神経にとってなくてはならないものなんです
    出典 :先生教えて! 恋の健康講座/恋をしている時に体調を崩さないのには理由があった!:Men's HOLOS
     

    これを恋愛に当てはめてみると・・・。

  • ドキドキとリラックスの繰り返し=恋愛は理想的な健康法!
    出典 :先生教えて! 恋の健康講座/恋をしている時に体調を崩さないのには理由があった!:Men's HOLOS
     

    好きな人と一緒にいると、ふとした瞬間にドキドキしたり落ち着いたり、女性は常にその繰り返しなのです。適度な緊張感とリラックスが交互に行われることになるので、体の免疫力も上がり元気になります。

  • 恋をして、結ばれることが大切なんですね。
    出典 :先生教えて! 恋の健康講座/恋をしている時に体調を崩さないのには理由があった!:Men's HOLOS
     

    片思いだとリラックス出来ず、マンネリだとときめきが無いので、王道の恋愛が最も体に良いのです。

  • 恋をするとこんなに良い効果がいっぱい!

  • 愛情表現がコレステロール値の低下に繋がる?
    愛情表現をパートナーとやりとりすることによって、血中のコレステロール値が低下することは以前より、一般にも知られていました。しかし、手紙など、パートナーに対して一方通行に愛情を表現するだけでも、血中コレステロール値を下げる効果が確認され、この結果に注目が集まっています。
    出典 :恋愛も「百薬の長」?:Men's HOLOS
     

    幸せを感じることで、コレステロール値まで下がってしまうのです。

  • 恋愛はキズ薬にもなる?
    腕にできた水ぶくれを治療するのに、関係が悪化していたカップルの場合と関係が良好なカップルと比べ、平均して2日間完治が遅れたという研究結果がオハイオ州立大学で報告されています。
    出典 :恋愛も「百薬の長」?:Men's HOLOS
     

    恋をしている状態だと、体が常に相手へ一番綺麗な自分を見ていてほしいからかもしれません。

  • フェニルエチルアミンの効果
    いわゆる、恋の病の正体が、このフェニルエチルアミン。略してPEAと呼ばれます。このPEAは、チョコレートやココア、チーズなどに含まれる香り成分。
    消化を促進し、ウエストをキュッと引き締める働きがあります。また癌(がん)治療などで、鎮痛剤として使われるモルヒネにも含まれる、つまりは「軽い麻薬」。
    出典 :「恋愛は最高の美容液」科学で実証!いい恋したらキレイになろう! | 美容ブログ [女性の美学]
     

    恋をするとくびれたウエストが手に入るのです。

  • ドーパミンの効果
    ドーパミンは別名「快楽ホルモン」。
    いい恋をしていると、このドーパミンが多量に分泌されて、相手をよろこばせようと努力をしたり、自分自身もウキウキしてデート前の身支度に気合がはいってしまいます。
    しかも、興奮状態を起こさせるので、交感神経が刺激され瞳孔が大きくなり、目力アップ、頬もピンクに。また、姿勢がよくなることも言われています。
    出典 :「恋愛は最高の美容液」科学で実証!いい恋したらキレイになろう! | 美容ブログ [女性の美学]
     

    恋愛中は元気になるのも、このドーパミンの効果なのです。

  • オキシトシンの効果
    こちらは愛情、信頼を決定づける母性ホルモン。出産や授乳でも多量に分泌されることからもわかるように、母が子を思う愛のごとく、無条件で相手を守りたいという思いを起こさせます。この分泌がさかんだと、恋の相手を信じる気持ちが高まるというわけです。さらに、オキシトシンが分泌されると、優しい気持ちになり、社交性も高まるので、彼とのコミュニケーションもより潤滑になる、というわけです。
    出典 :「恋愛は最高の美容液」科学で実証!いい恋したらキレイになろう! | 美容ブログ [女性の美学]
     

    恋をしていると、愛情深い女性にもなるのです。