コレステロールの恐怖!健康的な体を維持するための方法とは?

idlを含んで血中に脂質が多くなったら大変です!太らないためにも、悪玉コレステロールを排除してしまいましょう!

view337

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • さて、血中コレステロールがどういうものかご存じでしょうか?

  •  

    とにかくデブに関係のあるワードだということしかわからないかもしれませんが…。

  • idlは、中性脂肪の一種です。動脈硬化に関与していると言われています。

  • IDL(中間比重リポたんぱく)
    VLDLが分解する過程で、分解速度が遅くなった場合にできるリポたんぱくです。VLDLとLDLの中間の性質があり、動脈硬化を促進しやすいと言われています。
    出典 :血液とコレステロールの関係は? | おかめ納豆 タカノフーズ株式会社
     

    つまり、idlをあまりとらなければいいと考えることができますね。

  • もう少し詳しく説明しましょう。動脈硬化になる物質を生成してしまう流れです。

  • コレステロールは食べ物から吸収されるものと肝臓で合成されるものがあり、何度も再利用されます。いったん体内にできたコレステロールはそう簡単にはなくならないということです。
     コレステロールは脂なので、そのままでは血液に溶けません。そのため、血液中ではタンパク質と結びつき、リポタンパクという形になります。 リポタンパクは粒の大きさと比重によって、いくつかの種類に分けられています(表参照)。
     中でも、LDL(低密度リポタンパク)というタンパク質と結合しているLDLコレステロールが最もコレステロールを多く含むため、動脈硬化を促進しますが、カイロミクロンやVLDL(超低密度リポタンパク)、IDL(中間密度リポタンパク)もそれぞれコレステロールを含んだり、LDLに変化したりするため、やはりLDLコレステロールの濃度を上げ、動脈硬化へ導きます。
    出典 :e-smile -健康Web Magazine-
     

    これらの数値を下げなければなりません。

  • idlが増えすぎると、血管をボロボロにしてしまいます。

  • 古いゴムホースが傷むように動脈硬化で血管が傷みます
     動脈硬化が起こるメカニズムは下記の通りです。古く硬くなったゴムホースに汚れた水がたまり、もろくなった部分に汚れが付着して、さらにゴムホースが傷つき、やがて水が漏れてしまうイメージです。
     中性脂肪は血管壁に直接付着することはありませんが、中性脂肪が増えると、コレステロールとのバランスによって、IDLのような動脈硬化を進めるリポタンパクが増えます。そのため中性脂肪の増加も動脈硬化の進行に影響するのです。
    出典 :e-smile -健康Web Magazine-
     

    バターやマーガリンばかり食べていませんか?

  •  

    怖いですよね。対策なんかはあるのでしょうか?

  • まず、食生活を見直しましょう。

  • LDLコレステロール値を上げる食品もあれば、逆に下げる食品もたくさんあります。健康的な生活を送るためにも、コレステロール値を下げる食品は積極的に摂りたいですよね。ここでは、コレステロール値を下げる食品、コレステロール値の低い食品をみていきましょう。

    トマト たまねぎ かぼちゃ
    ねぎ 小松菜 アスパラ
    ほうれんそう 枝豆 春菊
    出典 :たくさん食べたい!LDLコレステロールを下げる食品
     

    これらの食品を積極的に取り入れていきましょう。

  • また、栄養素の配分にも気をつけた方がいいでしょう。

  • そして食事を摂る時に気をつけなければならないことが、摂取栄養素の配分。栄養素の中には、炭水化物、脂質、たんぱく質という三大栄養素があります。LDLコレステロール値を下げたいのなら、この三大栄養素をバランス良く摂りましょう。

    三大栄養素の理想的な配分は、炭水化物60%、脂質20%、たんぱく質20%です。この配分に近づけるように気をつけて食べましょう。
    出典 :たくさん食べたい!LDLコレステロールを下げる食品
     

    気をつけて食事をとっているでしょうか?

  •  

    快適な生活をするためには、健康が一番ですよ!

  • がんばってください。