メリットがいっぱい! 低用量ピルの避妊効果とその他の効果、正しい飲み方まとめ

避妊薬として開発された低用量ピルは、これまでのピルと比べるとその安全性は格段に向上しました。
もはやピルは心配して飲む必要はありません。安心して飲むことができるお薬なのです。
もちろん、きちんと医師の診察を受け、正しい処方をする必要はありますが・・・

そんな低用量ピルについてまとめてみました。

view308

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 中用量ピルと低用量ピルってどう違うの?

  • ピルは、含まれる卵胞ホルモンの含有量が50マイクログラムを越えるものを「高用量ピル」、50マイクログラムのものを「中用量ピル」、50マイクログラム未満のものを「低用量ピル」といいます。これらの避妊効果はほとんど同じですが、低用量ピルは、ぎりぎりのところまでホルモン量を抑えてあるので、飲み忘れると避妊効果が低下し、妊娠する可能性が高くなります。
    出典 :【ピルってどんなもの?】 花王 ロリエ
  • 中・高用量ピルは、含まれているホルモン量がより多いものです。そのために、気分が悪くなったり、むくみなどの不快な症状の副作用が多く見られます。一方、「低用量ピル」は、避妊だけを目的に開発された薬で、避妊効果を維持しながらホルモン量をぎりぎりまで少なくしたものです。
     
    出典 :【ピルってどんなもの?】 花王 ロリエ
  • 中・高用量は卵胞ホルモンと黄体ホルモンの含有量が多いので効果が強い反面、むかむかするなどのつわり症状が避けられません。そこで近年は、ホルモン量を減らしてつわり症状を少なくした低用量ピルが使われるようになりました。
    出典 :低用量ピルと中・高用量ピル
  • ピルPillとはもともとの意味は丸薬ですが一般的には、「黄体ホルモンと卵胞ホルモンの混合剤」のことを指します。
    低用量ピル(薬の成分量なので「容」ではなく「用」です)はピルのうち卵胞ホルモン含有量の少ないもの、というような意味です。正確には
    高用量 卵胞ホルモン0.05mg超
    中用量 卵胞ホルモン0.05mg
    低用量 卵胞ホルモン0.05未満~0.03mg
    超低用量 卵胞ホルモン0.03mg未満
    出典 :「ピル」と、「低容量ピル」との違い。? - Yahoo!知恵袋
  • 低用量ピルの正しい飲み方を知ろう!

  • 低用量ピルは「月経の第1日目」から飲み始めるのが原則だ。ピルを初めて使用する際、月経の5日目を超えるようならば、ピルを飲みながらも7日間はコンドームなど他の避妊法の併用を心がけよう。
    出典 :北村所長に聞いてみよう - Dr.北村のJFPAクリニック
  • 毎日1錠ずつ飲むことが重要です。なるべく同じ時間に飲むことが重要です。生活パターンや習慣にあわせて飲むと飲み忘れが予防できます。例えば、朝食後、寝る前、歯磨きの後など。
    飲み忘れた場合には、一からやり直しです。
    出典 :低用量ピル
  • 1日1回1錠で避妊
    OCの服用方法はとても簡単。でも、毎日飲み忘れないことが重要です。OCは1日1回1錠を、毎日ほぼ同じ時間に飲むことで避妊ができます。飲み初めから、自分なりの工夫で毎日飲むようにすると、3ヵ月くらいで洗顔や歯磨きのように習慣化できます。最初の3ヵ月をクリアできるようにさまざまな方法をためしてください.。
    出典 :OCの服用方法 | 避妊のススメ
  • 一日一錠服用します。時間帯はバラバラでも効果に変わりはありません。 ただし、あらかじめ時間を決めておいたほうが飲み忘れを防ぐことができます。就寝前に服用されている方が多いですね。
    出典 :低用量ピルに詳しい婦人科| ケイ・レディースクリニック新宿
  • 時間帯はともかく、「毎日必ず飲むこと」が重要ってこと!

    万が一、飲み忘れに気が付いても24時間以内ならすぐ飲めばOK
    2日以上飲み忘れていた場合は最初からやり直し・・・

  • ピルには避妊以外の効果があった!

  • 月経前症候群の軽減

     

    生理前になるとイライラしちゃう・・・という症状に悩んでいた人にも効果あり

  • 生理痛や生理不順の改善

     

    ピルを服用することでホルモンバランスが改善され、生理痛や生理不順が改善されます。

    最初は避妊薬として開発された低用量ピルですが、生理痛や生理不順を改善するためにも最近は使われています。

  • 良性疾患や悪性腫瘍の予防

     

    ピルは排卵を抑制するので排卵痛を軽減し、卵巣がんや子宮体がんの予防にもなります。

    子宮内膜症の治療や予防にも使うことができる上に、乳房の良性疾患を減少させる効果があります。

  • にきび・吹き出物が減る

     

    女性のお肌とホルモンはとっても密接な関係!
    ホルモンを含んでいるピルを服用することでお肌の状態が良くなるという嬉しい効果も!!

  • 多毛症の改善

     

    ピルの中でも男性ホルモンを含まないものに限りますが、服用することで体毛が薄くなる効果があります。