【幸せになれる!?】 ハッピーオーラに包まれる方法!

できれば幸せに日々の生活を送りたい。そのために、できることがあった!これらを実行してハッピーオーラに包まれちゃおう!

view680

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • いつも幸せでいたい!ハッピーオーラに包まれていたい!

  • ハッピーオーラに包まれるには、気の持ちようだけでなく、“幸せホルモン”を分泌させることが大切。今回は“幸せホルモン”の重要性と、分泌量を増やすための食べ物をご紹介したいと思います。
    出典 :たった3つの食べ物を摂るだけで「幸せホルモン」がドバドバ分泌! | 美レンジャー
  • ”幸せホルモン”とは?

  • 幸せホルモンとは、セロトニンという神経伝達物質のこと。 セロトニンが不足してしまうと、落ち込みやすくなったり、怒りっぽくなったり、不眠、冷え性にもつながります。

    また、セロトニンの分泌は女性ホルモンとも連動しています。女性ホルモンのバランスを整えるためにも、セロトニン不足を防ぐ必要があるのです。
    出典 :たった3つの食べ物を摂るだけで「幸せホルモン」がドバドバ分泌! | 美レンジャー
  • セロトニンの分泌を促す食べ物

  • 幸せホルモンを分泌してくれる食べ物があった!

  • 食べるだけなら手軽でいいかも♪

  • (1)バナナ

     

    バナナはトリプトファン、ビタミンB6を含みます。また、食物繊維が豊富なので、便秘解消をサポートし腸内環境を整えてくれます。手軽に食べやすく値段も手ごろなので、毎朝食べるとよいでしょう。
    出典:http://www.biranger.jp/archives/79578

  • (2)納豆

     

    トリプトファンの含有量が100gあたり240mgと豊富で、ビタミンB6も含んでいます。発酵食品なので、腸内環境を整えるのにもぴったり。おすすめレシピは、過去記事「食べるだけでOK!圧倒的美人に変身できる超簡単レシピ」をご覧ください。
    出典:http://www.biranger.jp/archives/79578

  • (3)ヨーグルト

     

    ヨーグルトはトリプトファンを含み、腸内環境を整えます。ヨーグルトに含まれる菌は、自分に合うものと合わないものがあります。何種類か食べ比べて、お通じがよくなったヨーグルトを選んでみてくださいね。バナナを混ぜて食べるのもおすすめです。
    出典:http://www.biranger.jp/archives/79578

  • セロトニンを増やす習慣

  • 1.起きたらすぐに太陽の光を浴びること

     

    セロトニンは、日中の明るい時間帯に多く分泌されるホルモンですが、その切り替えのスイッチとなるのが、朝、起床時の日光です。
    出典:http://www.j-cast.com/kaisha/2010/06/28069694.html?p=all

  • 2.規則正しい睡眠リズムをつくること

     

    セロトニンは、以前の記事でも紹介した睡眠ホルモンであるメラトニンの材料にもなり、夜にはメラトニンが私たちを睡眠へといざないます。明るくなったら起きて活動し、暗くなったら眠るというのは、生理学的にも理にかなっていることです。
    出典:http://www.j-cast.com/kaisha/2010/06/28069694.html?p=all

  • 3.食事はバランスを考え、よく噛んで食べること

     

    セロトニンの材料は、肉や魚、大豆などのたんぱく質を構成する「トリプトファン」というアミノ酸です。私たちが体内では作ることのできない「必須アミノ酸」の1つで、食べ物から十分に摂取することがとても重要です。
    また、セロトニン合成のためには、ビタミンB6も必要不可欠。まぐろ、かつおなどの赤身魚、レバーや肉類などは、一石二鳥のおすすめ食品といえます。また、食べ物をよく噛むことで、次に説明する「リズム運動」に通じる効果があります。
    出典:http://www.j-cast.com/kaisha/2010/06/28069694.html?p=all

  • 4.リラックスして、ゆっくりとした呼吸を意識すること

     

    ウォーキングや自転車こぎなどの「リズム運動」のほか、リラックスしてへその下(丹田)を意識してゆっくり呼吸する「丹田呼吸法」は、セロトニンの分泌を増加させるという報告があります。定期的な運動習慣をこころがけましょう。
    出典:http://www.j-cast.com/kaisha/2010/06/28069694.html?p=all

  • 5.何事も頑張りすぎず、適度な休息を心がけること

     

    慢性的なストレス状況は、神経の活動を抑え、セロトニンの分泌を減らしてしまいます。何事も頑張り過ぎず、心と身体を休める時間を設けることが、セロトニンの合成効率を保つ鍵になりそうです。
    出典:http://www.j-cast.com/kaisha/2010/06/28069694.html?p=all

  • 6.家族との時間やスキンシップを大切にすること

     

    母親の癒し効果と同じく、家族や恋人、ペットとのスキンシップも、セロトニンの分泌を増加させます。
    出典:http://www.j-cast.com/kaisha/2010/06/28069694.html?p=all