潔癖性もその一つ?強迫性障害

強迫性障害という病名を聞いたことはあるでしょうか?
潔癖性が強迫性障害の一つと言われることもありますが、強迫性障害はもっともっと重篤なのです。

view477

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 強迫性障害とは?

  • 縁起をかつぐ、こだわりも?

     

    日常生活で不安やこだわりを持ったり縁起をかついだりする人は多いのではないでしょうか。
    それより更にものが脅迫性障害です。

  • 強迫性障害は不安障害の一種です。たとえば「手が細菌で汚染された」という強い不安にかきたてられて何時間も手を洗い続けたり、肌荒れするほどアルコール消毒をくりかえすなど、明らかに「やりすぎ」な行為をともないます。
    出典 :強迫性障害|病名から知る|こころの病気を知る|メンタルヘルス|厚生労働省
  • 強迫性障害の人が行う「強迫行為」は、繰り返しややりすぎが多く、しばしば常識や科学的な事実にそぐわない不合理な方法をとります。
    一番大きなポイントは、本人が強迫行為をすることに精神的な苦痛を感じているということです。自分でもやっていることがおかしいという感覚があるのです。
    出典 :強迫性障害とは? 単なる「こだわり」とは違う|強迫性障害|NHK 若者のこころの病情報室
  • 強迫行為を行うと、不安は一時的に下がりますが、特定の場面に出会うと再び強迫観念が起こり、また強迫行為を行ってしまいます。この悪循環にはまると、自分ではなかなかコントロールできなくなり、強迫行為の程度がエスカレートしていく人も少なくありません。
    出典 :強迫性障害とは? 強迫性障害は生活のすべてに影響する|強迫性障害|NHK 若者のこころの病情報室
  • ただの潔癖性とは訳が違うんですね。でも、綺麗できないと気が済まず、日常生活に支障を来すようになったら強迫性障害ということですね。

  • 主な症状

  • 症状は沢山有ります

     

    その人によって強いこだわりや不安は違うので一概には言えませんが、代表的なものをいくつか挙げてみます。

  • 安全確認に関するもの
    家を出るときドアに鍵をかけたか、あるいはストーブの火を消し忘れていないかなどと不安になり、何度も家に戻って戸締まりや火の元を確認します。自分の行為が完全だったかどうか絶えず疑いを持ち、何度も確かめないと気がすまなくなります。
    出典 :無意味な行為が止められない~強迫性障害
  • 傷行為への疑念に関するもの
    車の運転中にタイヤが何かを踏んだりすると、人をひいたのではないかという不安に襲われ、その場所に戻って車を降り、誰かをひいていないかどうかを確認します。その他にも、自分の行為が誤って人を傷つけてはいないかという不安にさいなまれます
    出典 :無意味な行為が止められない~強迫性障害
  • 順序や数字などに関するもの
    衣服を着るときなどに、必ず決められた順序で行わなくてはいけないと考えます。順番を間違うと最初からやり直してしまい、1つの行為に長時間を費やします。
    特定の数字を不吉と感じ、あらゆる行為の際にその数字を避けようとします。左右対称でないといけないといった、ものの配置などに強くこだわるケースもあります
    出典 :無意味な行為が止められない~強迫性障害
  • 他にも、自分の決めた手順でものごとを行なわないと、恐ろしいことが起きるという不安を持つ儀式行為や、物の配置に強いこだわりを持つなどがあります。

  • 主な治療法

  • 強迫性障害の治療のためのくすりには、強迫性障害の原因の1つと考えられている脳内のセロトニン系の異常を調整する働きを持つものを使用します。
    出典 :UTU-NET 強迫性障害教室
  • 強迫性障害に使用されるくすりはかぜなどで服用するくすりとは少し異なった特性があるため、くすりについてもよく理解しておくことが治療をスムーズに進めるために重要になります。
    出典 :UTU-NET 強迫性障害教室
  • 強迫性障害の治療で主に行われるのは、「曝露反応妨害(ばくろはんのうぼうがい)」という方法です。患者がこれまで恐れていたり避けていた状況にあえて自分をさらし(曝露)、その後、これまで不安や不快感を打ち消すために行っていた強迫行為をできるだけしない(反応妨害)ようにします。最初の段階では患者は強い不安を覚えますが、この状態をしばらく続けると不安は下がってきます。
    出典 :強迫性障害からの回復 認知行動療法|強迫性障害|NHK 若者のこころの病情報室
  • 治療で大切なことは時間をかけてゆっくり治していくことですね。この薬は効かないのでは、この治療は合っていないのでは、患者自身がそう自己判断せずに、お医者さんやカウンセラーさんを信じてじっくり取り組むことが重要です。