女性の皆さん!生理痛を「楽」にする食べ物があるそうですよ!

生理痛・・・辛いですよね・・・
色々な対策方法がありますが、
実は、その辛さを普段食べてるもので楽にできるそうです♪
美味しく、楽になれれば嬉しいですよね!

view839

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 生理痛の原因

     

    生理直前から前半まで、プロスタグランジンという物質が急に増えます。この物質は子宮の収縮を促して生理の経血を身体の外に排出する役割を果たします。この量が多すぎると収縮が強くなりキリキリとした痛みが発生します。血管を収縮させる作用もあるので、腰痛やだるさ、冷えがひどくなります。さらに胃腸の動きにも影響を与え、吐き気や下痢の原因にも。実は陣痛のときの痛みもこのプロスタグランジンが原因です。また、生理痛のある女性では、子宮内膜や経血に含まれるプロスタグランジンの量が生理痛のない女性より多いこともわかっています。

    引用)http://seiritsu.jp/sickness/

  • 「プロスタグランジン」って物質が痛みをもたらすようです。

  • 生理の直前になると、子宮内膜からプロスタグランジンというホルモンが分泌されます。このプロスタクランジンは、E1、E2、E3と3つの種類に分けられ、それぞれ生理に関わる働きをしています。具体的には、プロスタクランジンE1が生理痛やPMSを緩和し、プロスタクランジンE2が、子宮を収縮させて生理痛の原因となり、プロスタクランジンE3が子宮の過剰な収縮を抑えます。この3つのプロスタクランジンのバランスが崩れると生理痛が強くなってしまいます。
    出典 :これで生理の憂鬱も半減!生理痛をラクにする食べ物と生理中は避けたい食べ物 | Life & Beauty Report(LBR)Life & Beauty Report(LBR)
     

    バランスが問題なんですねー・・・複雑~でも、それだけ女性はデリケートってことですね。

  • 「プロスタグランジン」の分泌が多い女性って?

  •  

    特に問題なのが脂肪過多で、女性は普段食べているサンドウィッチや甘いもの全般(菓子パンやケーキ、チョコレートなど)から過剰に油を摂りすぎていることです。過剰に摂取した油は中性脂肪として蓄積されますし、この蓄積された脂肪こそ、プロスタグランジンの原料になります。

    引用)http://www.zontaoakville.com/seiritsu-dhaepa/

  • では、プロスタグランジンが過剰に分泌されるのはなぜでしょう? その原因のひとつは冷えにあるのだとか。冷えによって、血液の循環は悪くなります。血液の循環が悪くなると、酸素や栄養素も体中に運ばれなくなることに。酸素や栄養素は、血液とともに全身に運ばれるものですから。これにより、身体にはさまざまな不具合が表れます。子宮も同様です。必要な酸素や栄養分がたりなくなると、当然働きが悪化。その結果、プロスタグランジンが多量に分泌されます。つまり、血流を促すこと=冷えを改善することが、生理痛緩和へとつながるのです。
    出典 :身体の冷えを改善して緩和する@生理痛緩和 効果的な5つの方法
     

    冷えも原因の一つ。気をつけたいですね。

  • そんな生理痛を楽にする食べ物とは?

  • ■ イワシ

  •  

    イワシなどの青魚に含まれる脂肪酸「EPA」は、子宮の過剰な収縮を抑える働きのあるプロスタクランジンE3を作る働きがあります。それだけでなく、EPAには、血液をサラサラにして血行を良くする働きもありますので、子宮周辺の血行の改善にも役立ちます。EPAは、青魚の脂に多くふくまれているため、調理することで脂が流れ出てしまうとせっかくのEPAが減ってしまいます。EPAを効率よく摂るには、お刺身で青魚を食べるか、脂分も一緒に摂れる煮込み料理や水煮缶がおススメです。

    引用)http://lbr-japan.com/2013/10/21/26358/

  • 「EPA」に効果があるんですね~イワシの缶詰なら、手軽に買えるし良いかも!

  • ■ 牡蠣

  •  

    牡蠣に多く含まれる「亜鉛」は、様々なホルモンの合成に関わっています。特に、女性ホルモンの分泌を活性化させる働きがあり、ホルモンバランスの改善に役立ちます。また、「鉄分」は、血液のもととなる成分で、子宮にも不可欠な栄養素です。気持ちをリラックスさせるホルモン「セロトニン」の合成にも必要な栄養素ですので、生理中のイライラの改善にも役立ちます。牡蠣以外では、豚レバーやアマランサス、煮干しも亜鉛と鉄の含有量が多く通年通して手に入り、おススメです。

    引用)http://lbr-japan.com/2013/10/21/26358/

  • ホルモンバランスの改善が、楽にさせてくれるようです♪

  • ■ 納豆

  •  

    納豆に含まれる栄養素から生成されるγリノレン酸が子宮に働きかけ、生理痛やPMS症状を抑える効用があります。

    引用)http://m3q.jp/t/1054

  • 朝は納豆ご飯で決まりですね!