【PMS】イライラする!それって月経前症候群かも!?

生理前はイライラしたりしますよね
どんな原因があるのでしょうか
まとめてみました

view214

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • PMSって?

  • 月経(生理)が始まる3日~10日ぐらい前から決まって起こるさまざまな症状をまとめて、「月経前症候群(PMS:premenstrual syndrome。月経前緊張症とも)」と言います。症状は落ち込み、イライラ、不安感、腹部膨満感、便秘、頭痛、乳房の痛み、むくみ、食欲不振(あるいは過食)など多様で、月経が始まると自然に治まったり、軽くなったりするのが特徴です。個人差はありますが、月経のある女性の多くがPMS(月経前症候群)を経験し、そのうち毎月、同じように症状が現れる人は3~8割と言われています。
    出典 :PMS(月経前症候群)のメカニズム|漢方ビュー 漢方・漢方薬のポータルサイト
     

    症状は多岐にわたるようです

  • PMSの症状は、人によって実に様々です。「胸が張ってくる」「下腹部に痛みを感じる」といった身体的なもの、 あるいは、「怒りっぽくなる」「理由もなく悲しくなる」というような精神的なものなど、例をあげればキリがありません。
    PMSは、排卵のある(妊娠が可能な)女性であれば、誰にでも起こり得る症状です。 決して、特別なものではありません。むしろ、女性として健康である証(※)でもあります。
    出典 :月経前症候群
  •  原因にはさまざまな説がありますが、不明です。考えられている説として、卵巣ステロイドホルモンに対する標的器官(ホルモンの影響を受ける器官)の感受性の差が原因であるとするもの、水分貯留症状や低血糖類似症状からレニン・アンジオテンシン系の異常、耐糖能の異常があるとするもの、セロトニンなどの神経伝達物質の異常分泌があるとするものなどがあります
    出典 :月経前緊張症(月経前症候群) - goo ヘルスケア
     

    人間の体の不思議ですね

  • 沢山ある症状

  • 体に現れる症状

     

    腹部膨満感(お腹の張り)・腹痛・便秘・下痢・吐き気・頭痛・乳房痛・乳房の張り・腰痛・過食・食欲不振・肩こり・むくみ・めまい・肌荒れ・ニキビ・動悸 など

    http://www.kampo-view.com/nayami/gekkeimae02.html(一部引用)

  • 心に現れる症状

     

    抑うつ症状・イライラ・不安感・集中力の低下・無気力・疲労・睡眠過多・不眠 など

  • 下腹痛、腰痛、下腹部が張る、乳房が痛い・張る、頭痛、肩こり、めまい、手足の冷え、ニキビができやすい、肌荒れ、化粧のノリが悪い、むくみ、のどがかわく、食欲が増す・なくなる、下痢・便秘、疲れやすい、眠くなる、おりものが増える、カラダがスムーズに動かない、アレルギー症状がある(鼻・目など) イライラ、怒りやすい、攻撃的になる、無気力、憂うつ、気分の変化、能率が低下、性欲の変化、いつも通り仕事ができない、女性であることが嫌になる、人付合いが悪くなる……などなど。
    出典 :あなたも月経前症候群? PMSの症状・治療法 [婦人病・女性の病気] All About
     

    あるあるですね

  • しっかり対処しよう

  • まず 自分がPMSであることに気づくことが1番の対処法。PMSを自己管理するには、まず自身が認識すること、また、健康な女性なら誰にでも起こりうるものだとポジティブにとらえることが必要。
    出典 :あなたも月経前症候群? PMSの症状・治療法 [婦人病・女性の病気] All About
  • ● ハードなスケジュールを入れない
    ● 睡眠と休息をたっぷりとる
    ● 自分なりのリラックス法を試して、気持ちをリフレッシュさせる
    ● ゆっくりとお風呂に浸かる
    ● カフェイン・アルコール・タバコを控える
    ● ビタミン・ミネラル類をとる
    出典 :PMS(月経前症候群)のメカニズム|漢方ビュー 漢方・漢方薬のポータルサイト
  • 薬物療法は対症療法、ホルモン療法、向精神薬に分類されます。対症療法としては利尿薬、鎮痛薬などが用いられます。ホルモン療法としては低用量ピルを用いることがあります。向精神薬としては従来マイナートランキライザー(精神安定薬)などが用いられましたが、現在ではSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬。抗うつ薬の一種)が第一選択となっており、黄体期(おうたいき)だけの投与でも十分効果がみられることがあります。漢方薬が有効なこともあり、試してみる価値があります。
    出典 :月経前緊張症(月経前症候群) - goo ヘルスケア
  • 生理前に必要な栄養を意識的にとることでもPMSを軽減できます。具体的には、まめ、緑黄色野菜、海藻類、植物油脂、種実類、玄米、そばなどの精製していない穀類など。

    逆に重くするのは、砂糖、塩分、カフェイン(コーヒー・紅茶・日本茶・チョコレート)、アルコール、添加物、漂白した小麦粉とその加工品(パン・ケーキ・パスタ)など。
    出典 :あなたも月経前症候群? PMSの症状・治療法 [婦人病・女性の病気] All About
  • PMS(月経前症候群)に有効な漢方薬

    桃核承気湯(とうかくじょうきとう)、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)、加味逍遥散(かみしょうようさん)、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)、抑肝散(よくかんさん)、半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)、五苓散(ごれいさん)など
    出典 :PMS(月経前症候群)のメカニズム|漢方ビュー 漢方・漢方薬のポータルサイト
  • PMSを悪化させる最大の原因は、ストレスだそうです。まあ、これは良くわかりますよね。まず、何が自分のストレスになっているか、よく認識して、ストレスをためこまないように自分で自分をコントロールしましょうね。
    出典 :あなたも月経前症候群? PMSの症状・治療法 [婦人病・女性の病気] All About