褐色脂肪細胞の活性化~美容マニアはすでに取り入れている~

褐色脂肪細胞というのをご存じですか?人間の脂肪には白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞があるみたいです。
そして、その褐色脂肪細胞というのが体内に蓄積された余分なカロリーを熱に替え、放出させる働きがあるとのこと。
そんなありがたい脂肪細胞を活性化させて、どんどん痩せやすい体質をつくっていきましょう~!

  • honey 更新日:2013/12/24

view323

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 褐色脂肪細胞は体内に蓄積された余分な脂肪を熱に変え、体外に放出する、いわるゆる痩せ細胞のこと。体温を上げ、保持する役割も持っています
    出典 :痩せる細胞・褐色脂肪細胞を活性化する方法 | 美肌マニアの美容情報
  • 褐色脂肪細胞は減ることはあっても増えることはありません
    出典 :痩せる細胞・褐色脂肪細胞を活性化する方法 | 美肌マニアの美容情報
  • 無理なダイエットや体の冷えは、褐色脂肪細胞を減らす原因

     

    逆に褐色脂肪細胞が活発だと満腹感が得られないんだとか。

  • 褐色脂肪細胞は限られた場所にしかない
    出典 :痩せる細胞・褐色脂肪細胞を活性化する方法 | 美肌マニアの美容情報
  • 首・肩甲骨・脇の下・腎臓付近と、限られた場所だけ

     

    朝から肩甲骨を動かすと代謝が上がるそうですよ。

  • 褐色脂肪細胞を活性化する方法

  • ストレッチをする

     

    ストレッチといっても難しいことをするわけではなく、肩を回すだけでもOK。
    常に褐色脂肪細胞を刺激することを意識してみてください

  • 姿勢を正しく

     

    姿勢が悪くなると肩が前方に丸くなり、血行が悪くなります。肩甲骨付近も固まり、褐色脂肪細胞がうまく働いてくれません。
    反対にいえば、正しい姿勢にするだけで、褐色脂肪細胞が活性化し痩せ体質になるということです

  • ヒートショックプロテインを利用する

     

    体に熱を与えると、ヒートショックプロテイン(HSP)が増えます。これが褐色脂肪細胞の活性化に有効。
    熱めのシャワーを肩甲骨付近に30秒程かけたり、温かいお湯と水を交互に浴びる、温水法が効果的です。

  • つかるのであれば

     

    半身浴よりも4、5℃高い40~42℃の熱めのお湯で入浴する、「HSP入浴法」が健康にも美容にも効果的。この入浴方法は、美容だけでなく医療の世界でも有効性が実証されていて、オリンピック選手も取り入れていたほどなんです!

  • 「HSP(ヒートショックプロテイン)」の効果
    出典 :美肌になれる「HSP(ヒートショックプロテイン)」の効果と入浴方法 | 美肌マニアの美容情報
  • 美肌効果

     

    HSP入浴法にはコラーゲンの減少をとめる働きがあります。汗をかくことで老廃物も排出され、美肌効果抜群です。代謝があがるので脂肪燃焼効果もありますよ

  • 疲れにくくなる

     

    体が温まると「エンドルフィン」が出て、疲労や痛みが緩和します。また疲れを感じる物質、「乳酸」の産生が遅れるので、疲れにくくなるんです!

  • 運動能力が向上

     

    HSPが増えるとエネルギーが持続し、疲労しにくくなります。日々のパフォーマンス向上につながります。

  • 免疫力UP

     

    体を温めることで、リンパ球が増加します。リンパがもっている免疫増強効果によってウイルスなどに感染しにくくなります。治癒力も高まるため、風邪かな?と思ったらHSP入浴法を試すのがおすすめです

  • 気持ちが前向きに

     

    このHSP入浴法は、うつ病などの治療にも利用されているほど。体温が上がることで行動力がUPし、気持ちが前向きになるそうです。