妊娠したらカフェインはダメ?赤ちゃんに影響はあるの?

毎日私たちはカフェインは必ずといっていいくらい摂取してしまっていますよね。
カフェインはいいの?悪いの?そんな疑問を調べてみました。

view590

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • カフェインといえば?

  •  

    カフェインといえばやっぱりコーヒーを思い浮かべてしまいます。
    でもそれだけではないのですよね。
    紅茶にだって含まれていますし
    健康になれるお茶にだって含まれているのです。

  • カフェインを含んだ食品って意外にたくさん!

  • カフェインはコーヒーや紅茶の他にも、さまざまな食品や飲料に含まれています。たとえば、緑茶や番茶などの日本茶、コーラ、ココア、チョコレート、栄養ドリンクなど。
    出典 :Maternity Jineko【マタニティージネコ】/女性のための健康生活ガイド『ジネコ』
     

    コーラにだってチョコレートにだって含まれています。

  •  




    妊娠中だって食べたいよね。。

  • カフェインのメリット

  • 摂取すれば中枢神経に働きかけるので、覚醒作用が起き眠気が覚めてきたり、思考がはっきりしてきたり、二日酔いを緩和させたり、ダイエットに効果があったりといろいろな効果を身体に与えてくれるのです。
    出典 :カフェインが身体に及ぼす影響って? | カフェインの効果ナビ
     

    悪いものでもないですね

  • カフェインのデメリット

  • ▽ 禁断症状(頭痛・精神的不安定・苛立ち・吐き気・倦怠感)がでることがある。
    ▽ 亜鉛の吸収を妨げ、カルシウムの保有率を下げる。
    (このため、食事をするときはコーヒーを一緒に飲まないのがベター。食後ちょっと間を置いてからにしましょう)
    出典 :コーヒーのカフェイン、わたしたちの健康にいいの?悪いの?ほんとうのところどうなんでしょうか? | 女子力アップCafe Googirl
     

    コーヒーがなくては生きていけない!!となったらダメですね。。。

  •  




    コーヒーを飲みながらおしゃべり。。
    楽しいけれど
    摂取量は考えないといけません。

  • 妊娠中に飲んでもいいの?

  • 「妊娠中の刺激物質については、悪影響を3つに分けて考えます。
     1つ目は、体の中にない物質を外から摂ることによって、赤ちゃんに奇形が出る可能性。2つ目は、母体に作用することで、赤ちゃんを育む環境に影響する可能性。3つ目は、胎盤を通して、直接赤ちゃんに影響がある可能性です。
     カフェインは、1つ目の奇形に関しては心配ありませんが、2つ目、3つ目に関しては、摂取量によっては何かしらの影響がある可能性があります。母体に作用して、お母さんの体には心地よい変化が起こりますが、これが妊娠中の体にどう影響するのかということですね。それから、ある程度は胎盤がブロックしているのですが、それでも赤ちゃんに直接、少しは影響があると考えられます。赤ちゃんは代謝機能が未熟なため、カフェインがうまく排泄されず、体の中に残ってしまうからです」
    出典 :Maternity Jineko【マタニティージネコ】/女性のための健康生活ガイド『ジネコ』
     

    赤ちゃんを育てる環境に影響。。
    胎盤からそのまま赤ちゃんの体にいってしまうのは心配です。。

  •  



    赤ちゃんもカフェインを摂取してしまうんですね。

  • 妊娠中はカフェインの摂取量を少なくする!

  • 胎児への影響については、カフェインが胎児の発育に障害を与えたり、胎児の死亡の原因として考えられるものに、胎盤の血管が収縮し胎児が低酸素状態を起こす、カフェインが直接胎盤を通過して胎児の心血管系に作用して障害を起こす、などの説があります。アメリカの研究では、1日600mg以下の摂取量であれば、子宮内胎児発育遅延、低体重出生児、早産の危険性はほとんどなかったという結果が報告されています。

    ですからコーヒー1杯(100ml)に含まれるカフェイン量を60mgと計算した場合、1日に1~2杯程度であれば、ほとんど問題はないでしょう。10杯も飲んでしまうと、胎児の発育不全や早産の危険が出てくると考えればいいと思います」
    出典 :Maternity Jineko【マタニティージネコ】/女性のための健康生活ガイド『ジネコ』
     

    摂取量が多くなれば危険性が高くなってしまいます。
    ストレスをためても逆効果ですから適度な量を心がけましょう。

  • カフェインレスの商品を利用しよう

  •  



    カフェインレスの商品はいろいろあります。
    こういう商品を利用してストレスなしの妊婦ライフを送りましょう!