ご飯を短時間で済ませてる人要注意!!よく噛んで食べることの大切さまとめ☆☆歯並びにも影響します!!

よく噛んで食べることで予防出来ることが沢山あるって知ってた??
気になる情報についてまとめてみました!!
歯を大切に、よく噛んで食べる習慣を身につけましょう!!

view297

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • よく噛んで食べることが大切って知ってた???

  • 胃の負担を軽減して、消化吸収を助ける
    脳細胞を活性化させる
    脳の満腹中枢を刺激して、食べ過ぎを防ぐ
    あごの骨を発達させることにより、歯並びを綺麗にする
    口のまわりの筋肉を鍛えるて発音や表情を良くする
    唾液の分泌を増やせば様々な効果(※)が得られる
    出典 :「よく噛んで食べる」の噛む力にも注意!ただ30回噛めば良いってもんでもないのかもしれない話|サプリブログ
     

    よく噛んで食べることで様々な効果が得られるのです!!!

  • 噛むことはとても大切なのです!!

     

    よく噛んで食べることは、食べ物を飲みこみやすくするだけでなく、食べ物がおいしくなったり、消化・吸収を助けたり、健康に役立つ効果がいろいろあります。

  • よく噛んで食べることで効果が出るヒミコノハガイーゼって知ってる???

  • ヒミコノハガイーゼ

     

    こんなに沢山の効果が得られるのです!!

  • 「ヒ」肥満の防止
    ゆっくりよく噛んで食べることで、食べ過ぎを防ぎ、肥満の防止につながります。
    「ミ」味覚の発達
    食べ物の形やかたさを感じることができ、食べ物の味がよくわかるようになります。
    「コ」言葉の発達
    口のまわりの筋肉をよく使うことで、あごの発達を助け、言葉の発音がきれいになったり、顔の表情がゆたかになります。
    「ノ」脳の発達
    脳に流れる血液の量が増えて、脳を刺激するので、子供は賢くなり、大人は物忘れを予防することができます。
    「ハ」歯の病気予防
    よく噛むと、唾液がたくさん出ます。唾液には口の中の食べ物のカスや細菌を洗い流す働きがあり、むし歯や歯肉炎の予防につながります。
    「ガ」ガンの予防
    唾液に含まれるペルオキシダーセという酵素が、食品中の発ガン性を抑えることでガンの予防につながります。
    「イー」胃腸快調
    消化を助け、食べすぎを防ぎます。また胃腸の働きを活発にします。
    「ゼ」全力投球
    身体が活発になり、力いっぱい仕事や遊びに集中できます。
    出典 :噛むことの大切さ|くらしに役立つ情報|ライオン株式会社
     

    色々な病気を予防してくれたりダイエットの効果もあるようです!!
    今すぐ実践してみましょう!!

  • よく噛んで食べるためにはどんな工夫が必要???

  • 急いで食べない
    ゆっくりと味わって食べましょう。食べ物によって噛みごたえはちがいます。噛みごたえのある食べ物は、1口30回を目安によく噛んで食べましょう。
    出典 :噛むことの大切さ|くらしに役立つ情報|ライオン株式会社
     

    飲むように食べる人も居るのではないでしょうか???

  • 飲み物で流しこまない
    食べ物が口の中にある時は、飲み物を摂らないようにしましょう。よく噛むと、食べ物が細かくなり、自然に飲みこめるようになります。
    出典 :噛むことの大切さ|くらしに役立つ情報|ライオン株式会社
     

    飲み物で流し込んでる人も多いのではないでしょうか???

  • よく噛んで食べないことで歯並びが悪い子供が増えてきています!!

  • はじめて永久歯に生え替わる時期(5-7歳)、下の前歯2本がきれいに並ばないで、斜めに生えてくるお子さんが多くなっています。歯並びには遺伝的要素が多く占めますが、軟らかい食べ物が増えたことも原因のひとつです。また、親は噛めないことに気づいていないことが多いです。レトルトカレーにシーフードを加えると噛む回数は2倍になります。スパゲッティーにあさりを入れるだけでも咀嚼回数は増えますよ。噛むことで味わう習慣をつけると、いろいろな食べ物を好きになる可能性があります。1品でもいいから、噛みごたえを意識したメニューを入れてあげてください。
    出典 :よく噛んで食べましょう(高齢者編)
     

    柔らかいものだけを与えないように気をつけるようにしましょう!!

  • 子供によく噛んでもらうためにはどうしたら良いの???

  • 軟食・飽食の時代といわれている現代、“噛まない子”“噛めない子”が問題になってきています。子供の頃から、よく噛んで食べる習慣を身につけることが大切です。幼児期から学童期にかけては、そしゃく機能を育てる大切な時期ですので、ご家庭においても指導が必要です。

    食事やおやつに噛みごたえのある食べ物をとりいれましょう。「硬いもの」「食物せんいが多いもの」などは噛みごたえがあり、自然と噛む回数が増えます。
    出典 :噛むことの大切さ|くらしに役立つ情報|ライオン株式会社
  • 噛みごたえのある食べもの!!

     

    献立などに加えてみるのもおすすめです!!

  • 子供も大人も良く噛んで食べる習慣を身に着けましょう!!