女子に朗報!秋のプチ不調に「ヘンプ」が効く!?

「ヘンプ」って聞き慣れない人もいるのでは?
ヘンプとは“麻の実”のことを言います。
秋になると肌がかゆくなるなどのプチ不調に、食べることで内側から効果があるとのこと!
そんな力があるのか、まとめてみました♪

view425

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 天然のサプリメント

     

    麻の実(種)は、天然のマルチサプリと言ってよいほどビタミン、ミネラルが豊富に含まれています。また、オメガ6に属するリノール酸とオメガ3に属するリノレン酸が理想的なバランスで含まれているのが特徴です。第6の栄養素と呼ばれている食物繊維も豊富で、さらに近年、カンナビシンAという抗酸化成分の存在も発見されました。100歳以上の健康なお年寄りが数多く暮らしている中国の長寿村・巴馬では、麻の実を常食しています。

    引用)http://www.ooasa.jp/know/index.php?useful

  • ■ 秋の痒みの原因は秋のプチ不調

  • 秋には原因不明のプチ不調という症状が出てきて、カラダがだるくなったりするのが特徴。原因は夏の疲れですが、その一環で肌が痒くなるという人も出てくるそう。特に10月は肌寒い日や、残暑日に逆戻りしたりと気温やお天気が日々変わるのでお肌サイクルも乱れがちです。
    出典 :顔がかゆい~けど薬はイヤ!ふりかけて食べるだけのありがたい実とは? | Life & Beauty Report(LBR)Life & Beauty Report(LBR)
     

    アナタはどうですか?プチ不調になってませんか?

  • ■ まずは「麻の実」の“力”をみてみる!

  • お肌や筋肉のもとになる、たんぱく質が豊富

     

    たんぱく質は、お肌のうるおいやハリを保つコラーゲンのもと。また、筋肉を作るのもたんぱく質なので、足りていないと代謝の高いカラダを作ることができません。麻の実には大豆と同じくらい豊富なタンパク質が含まれています。

    引用)http://www.mylohas.net/2013/03/028338post_1643.html

  • ■ カンナビノイドという成分が医薬品になります。

  • 麻は薬効のある植物、つまりハーブです。麻には、痲薬成分は含まれておりません。麻に含まれているカンナビノイドという薬効成分は、戦前の日本では喘息(ぜんそく)やアレルギーの薬に使用されていました。さらに、近年の研究により心的外傷後ストレス障害(PTSD)やADD(注意欠陥障害)、ADHD(注意欠陥行動障害)といった精神傷害や、緑内障、ガン患者の緩和ケアなどにも効果があると報告されています。
    出典 :麻は何に役立つの - 麻を知る - アサノハ
     

    かなりの薬効成分が含まれているんですね。

  • 麻の実のミネラル分には、骨や歯の形成と成長に欠かせない「マグネシウム」、「リン」、「カルシウム」、が多く含まれている。また、血液中のヘモグロビンの構成成分であり、酸素の運搬に重要な「鉄」やヘモグロビンの合成や骨や血管壁を強化する「銅」も多く含まれている。そのため、麻の実は、貧血の90%の原因になっている鉄欠乏に非常に有効であるといわれている。さらに味覚異常や生殖能力に関係が深い「亜鉛」も含まれている。
    出典 :supaice4
     

    貧血にも良いそうです!

  •  

    麻の実には、活性酸素から体を守って老化を防ぎ、また血栓の予防や治療に効果があり、さらに最近の研究ではアルツハイマー病で脳細胞が死滅していくのを抑制する効果があることがわかってきた「ビタミンE」、赤血球や細胞の新生に不可欠な「葉酸」が多く含まれています。

    引用)http://www.sizennoseikatu.com/asanomi.html

  • 葉酸、ビタミンEなど、女性に嬉しい要素もタップリですね!

  • ■ 日本人DNAに適したヘンプ(麻の実)で肌の痒みを改善

  • ヘンプは縄文時代から食べていたという説も残り、日本人DNAにも適した美肌食!美肌オイルとして名高いオメガ3も入っていてツヤツヤのお肌に。またお肉や魚にも負けない良質なタンパク質も含まれるので小顔に欠かせない、顔の引き締まった筋肉作りやキレイなお肌作りにも嬉しいですね。そしてアトピーの治療食にも使われているため、お肌の痒みや強度の乾燥肌、肌荒れには適しているとか。
    出典 :顔がかゆい~けど薬はイヤ!ふりかけて食べるだけのありがたい実とは? | Life & Beauty Report(LBR)Life & Beauty Report(LBR)
     

    日本人に合ってるんですね♪

  • ■ 「ヘンプシードオイル」として肌に塗っても効果大!

  •  

    麻の実油を食べるのではなく皮膚に塗る ── つまり化粧品としての麻の実油の活用も注目を集めています。その特徴はなんと言っても「浸透性と保湿力に富んでいること」です。スキンケアオイルとして使ってみると、体(皮膚)があたたまるように感じる方もいます。これは麻の実油に血行を促進する働きがあるためです。

    引用)http://mediasabor.jp/2007/11/post_267.html