これで忘年会を乗り切る!二日酔い防止の方法

少し早いですが、年末は忘年会シーズンですよね。

忘年会といえばお酒。
ついつい飲みすぎて次の日、二日酔い・・・

二日酔いを防止する方法をまとめました。

view526

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 飲む前に・・・

  • 空腹を避ける

  • 飲酒前の空腹を避けることは二日酔いを予防・防止するのにもっとも適した方法です。
    出典 :二日酔いの予防は飲む前が大事
  • 二日酔い対策に効果的な食べ物は?

  • 脂肪

  • 二日酔い予防・防止策として、飲酒前に空腹を減らすのは万国共通ですが、食べるものはそれぞれ国よって異なります。
    ヨーロッパの地中海で飲酒前にスプーン一杯のオリーブオイルを飲むという習慣は世界中で有名となった二日酔いの予防・防止方法です。
    また、ロシアでは飲酒前にバターやサワークリームを食べ二日酔い予防をすることが広く知られています。
    これら脂肪分を飲酒前に軽く取ることで二日酔いの予防に大きな効果があるとされています。
    飲酒前だけでなく、飲酒中に脂肪分の多いナッツ類を取ることも二日酔いの予防・防止に大きな効果があります。
    出典 :二日酔いの予防は飲む前が大事
  • 飲んでいる時に気をつけることは?

  • 水分をとる

  • 二日酔い解消に水分補給は欠かせませんが、お酒を飲んでいる最中に水を飲むことで予防にもなります。

    チェイサー(chaser・追撃者)ってご存知ですか?
    ウイスキーなど、強いお酒をストレートで飲む時に一緒について来る「水」のことです。

    チェイサーが一緒について来るのは、肝臓がアルコールを分解する過程で、大量の水分を必要とするからです。

    二日酔い対策に、お酒を飲んでいる途中で水を一緒に飲むと、アルコール分解をおこなう肝臓の負担を軽くすることが可能です。

    ウイスキーなどの強いお酒に限らず、途中で水を飲むことは二日酔いの予防にとても効果的です。
    出典 :二日酔い 解消と予防のコツ 二日酔い 解消|簡単な方法
  • 炭酸飲料を避ける

  • 炭酸飲料はアルコールの吸収速度を早めます。
    原因は炭酸の持つ炭酸飽和(二酸化炭素が水に溶ける)という性質です。
    炭酸飽和は栄養分の吸収を促進する効果があり、アルコールも例外ではなく吸収が早まります。
    一説では血中へのアルコール吸収時間を50%以上高めるとされています。
    同じ飲み方をするなら、コークハイやソーダ割りより水割りやお茶割りにして飲むほうが二日酔い防止には効果的です。
    出典 :二日酔い防止策 これは避ける
  • それでも二日酔いになってしまったら?

  • コーヒー

  • コーヒーに含まれるカフェインには、二日酔いによる頭痛を解消したり、ボーっとした頭をすっきり覚醒させる効果があります。

    利尿作用もあるので体内のアルコールを早く排出する手助けにもなるでしょう。

    胃腸の調子が悪くてコーヒーを飲むことに抵抗があるときは、ミルクや砂糖を入れてまろやかにしましょう。
    出典 :即効果!二日酔いをすぐ治すための5つの裏ワザ | 二日酔い防止マニュアル
     

    人によっては頭痛や吐き気が悪化することもあるそうなので注意です。

  • トマトジュース

  • トマトには実は優れた二日酔い解消効果があると言われています。

    トマトに含まれるリコピンがアセトアルデヒドの働きを抑制し、クエン酸がアルコールで荒れた胃の粘膜を修復し、GABAがアルコールで弱った肝臓を元気にしれくれます。

    トマトそのものを食べても構いませんが、手軽に用意できるトマトジュースを常備しておけば、二日酔いの朝にサッと飲んで出掛けることが出来ますよ。
    出典 :即効果!二日酔いをすぐ治すための5つの裏ワザ | 二日酔い防止マニュアル
     

    トマトジュースが苦手でなければ実践してみてください。

  • しじみ汁

  • 二日酔いのときにはシジミ汁を飲むと良い、と言われていますが、これは間違えありません。

    シジミに含まれるタウリンには、胆汁の分泌を促進して肝臓の解毒作用を高める作用があります。

    翌朝飲めるように飲み会に行く前にシジミ汁を用意しておけば、とりあえず安心です。
    出典 :即効果!二日酔いをすぐ治すための5つの裏ワザ | 二日酔い防止マニュアル
     

    インスタントもあるので常備してはいかがでしょう?