豆乳の健康効果の検証【イソフラボンの新事実】

以外としらない豆乳効果
飲まない人が多いとも聞きます
まとめてみました

view524

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 豆乳の効果とは

  • 植物性のたんぱく質には脂肪を燃焼する働きがあるのです。
    そのうえ腸内の余分な脂肪や糖質を体の中に取り込むことさせない効果があり、
    そのうえ善玉コレステロールを増やす働きがあるのです。



    これは便秘防止にもよいとされ、体の中に過剰な栄養が取り込むのを予防してくれるのです。



    そのうえ大豆に含まれるイソフラボンは女性ホルモンと同じ働きをしてくれるため、
    女性ホルモンのバランスを整えてくれ、肥満防止にもつながります。

    豆乳には基礎代謝をアップする効果があるのです。
    その基礎代謝がアップすれば、太りにくくなり、たくさん食べても脂肪がつきにくくなるのです。
    出典 :豆乳の効果 美肌とダイエット
     

    効果は沢山ありますね

  •  

    栄養が不足しにくい豆乳置き換えダイエット
    なるものがある程
    豆乳の効果は良いとされています

  • 検証結果はコチラ

  • ★男性の場合、豆乳の「飲まず嫌い」が多い。豆乳をほとんど飲んだ経験がない
     タクシー運転手8人が調製豆乳を1日400mL、2週間飲み続けた
     →実験前の8人の、総コレステロール値の平均は233mg/dL。正常値の範囲内の人はほとんど変化なしだったが、極めて高い3人のうち2人は下がった (296→279mg/dL、285→253mg/dL)
    出典 :豆乳の健康効果を検証。イソフラボンの新事実とは?
     

    コレステロールの減少効果は生活習慣病にも効果アリという事です!

  • ★コレステロール値低下に作用しているのは豆乳の「大豆タンパク質」
     →コレステロールは「胆汁酸」の作用で体内に吸収されるが、胆汁酸が大豆タンパク質にくっつくことで、コレステロールの吸収を抑制
     →大豆タンパク質はコレステロールだけでなく胆汁酸も排泄する
    出典 :豆乳の健康効果を検証。イソフラボンの新事実とは?
     

    大豆は昔から体に良いとされてきましたが、このような効果があったのです

  • ★体に吸収されたイソフラボンが、腸で吸収されるときに効率的に働くタイプのものになる人と、そうならない人とがいることがわかってきた
     →21人の女性に豆乳を飲んでもらい、7時間後の尿を採取。尿中のイソフラボンを分析した結果、イソフラボンが効率的に働くタイプになる人は6人
    出典 :豆乳の健康効果を検証。イソフラボンの新事実とは?
     

    効率よく働くイソフラボンはあるのでしょうか

  • ★効率的に働くイソフラボン(女性ホルモン受容体に結合しやすいイソフラボン)は「エコール」と呼ばれる
     →受容体に結合しやすい形のイソフラボンと、そうでない形のイソフラボンの結合能力の差は2~10倍程度と考えられている
    出典 :豆乳の健康効果を検証。イソフラボンの新事実とは?
     

    エコールと言われると、栄養補助経口剤の【ラコール】が出てくるのは私だけでしょうか・・・

  • ★エコールができる人、できない人の違いは腸内細菌の違いと考えられている
     →大豆食品を食べ続けるとエコールができるようになる人もいる

    ≫ 豆乳がブームになって久しく感じますが、今なお国内の豆乳生産量はうなぎのぼりだそうです。.女性ホルモンの受容体に結合しやすいイソフラボン「エコール」について。
    イソフラボンの受容体への結合力には、2~10倍の差があり、結合力の高いエコールを体内で作ることができるかどうかには、その人の腸内細菌が関わっているそうです。
    出典 :豆乳の健康効果を検証。イソフラボンの新事実とは?
     

    エコール・・・不思議ですね

  • このエコールについて

  •  

    豆乳は確かに体には良いのですが

    もちろん何にも言えるのですが
    過剰摂取は止めましょうね

  • デメリットは

  • 過剰に摂取すると


    消化器系への問題、甲状腺機能への影響、

    腎臓結石、不妊症、痴呆、骨粗鬆症、ガンのリスクを高めるなど

    様々なデータが報告されているのも事実。


    乳がんのリスクもあると言われていますね。
    出典 :豆乳のメリット・デメリット|まころんのbeauty blog
     

    飲みすぎのリスクをわかっていただけたでしょうか

  •  

    色々な種類が販売されています
    あまり多く取らないように
    健康に良いのだー
    って感じで取ってくださいね