あなたは大丈夫ですか?正しいニキビケアまとめ

皆さんニキビが出来た時にどうしていますか?
ケアについて色々と言われていますが、何が正しいのかよくわからないですよね。
今回は正しいケアの方法について紹介します。

view383

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ニキビ、どうしていますか?

  •  

    気になりますよね。

  • 最近ニキビが多いのはどうして?´д` ;
     

    どうしてなんでしょうかね…

  • ニキビはできたらすぐに潰すタイプの人です。
     

    潰したくなりますよね。

  • ニキビの薬ももらっとくべきやったわ
    しまった~!!
     

    薬がないとどうすればいいか困りますよね。。

  • そもそもニキビが出来る原因は?

  •  

    知りたいですよね!

  • ニキビができやすい部分は、皮脂分泌が活発な顔や胸元、背中などです。まず、それらの箇所の皮脂分泌が活発となり、脂性になることからはじまります。
    皮脂の分泌が活発になる原因は下記のようなものがあります。

    成長ホルモンの影響
    思春期になると分泌が増え、それにより特にTゾーンの皮脂分泌が増え、ニキビができやすくなります。

    男性ホルモンの影響
    思春期になると、特に男性に多く分泌されるのが男性ホルモンですが、女性にも少なからず分泌されています。また、大人になってからはストレスなどにより分泌が高まり、女性のニキビの大きな原因となっています。男性ホルモンは、皮脂分泌を活発にさせ、その上皮膚の角化を促す働きがあります。

    ストレス
    過度の緊張、疲労、睡眠不足によって自律神経に変調をきたすようになります。すると緊張をつかさどる交感神経とリラックス状態をつかさどる副交感神経のバランスが崩れます。バランスが崩れると、脳下垂体から副腎皮質ホルモンが多量に分泌され、副腎皮質からの男性ホルモンの分泌が高まり、皮脂の分泌が高まってしまいます。
    出典 :ニキビができるメカニズムを知ってニキビと上手に向き合おう(スキンケア大学) - Peachy[ピーチィ] - 毎日をハッピーに生きる女性のためのニュースサイト - livedoor ニュース
     

    皮脂分泌が活発になって、毛穴の入り口が詰まってしまう事が原因であると考えられています。

  • やってはいけないニキビケア方法

  • 【ニキビ肌10つの生活習慣】

    ・激安オイルクレンジングの使用
    ・パフを洗わない
    ・あぶらとり紙で脂を取りすぎ
    ・シャンプー前の洗顔
    ・間食が多い
    ・お茶や水以外の飲み物がぶ飲み
    ・枕カバーやシーツを1週間以上洗わない
    ・睡眠不足
    ・ベタつくからと化粧水を使わない
    ・よく顔を触る
     

    こんなツイートもありました。当てはまる方は多いのでは?

  • ニキビっていうのは、過剰な皮脂分泌による汚れのこと。だからといって、皮脂分泌をおさえる洗顔料や、あぶらとり紙をたーーっくさん使ったり、ましてや洗顔を一日に何回もするのはNG!洗顔は朝夜に一日二回、オイルクレンジング<ジェルクレンジング、ピーリングなど…プラス、保湿かな〜。
     

    なるほど、、

  • 巷に広がる、ニキビケアの間違った常識とは? - YouTube

     

    こんな動画もあります。

  • 正しいニキビケアは?

  •  

    知りたいですよね。

  • 【保湿はしっかりとする】

    普段のスキンケアでは、なるべく油分を使用していないオイルフリーの化粧品(クレンジング、保湿剤、ファンデーション)を使うようにしましょう。

    【食事に気をつける】

    基本的には、栄養バランスの良い食事を毎日取ることが大切です。もし、多く食べることで「ニキビが出来やすい」、「皮脂分泌が活発になる」と感じられる食べ物(例えばチョコレートや揚げ物など)があれば、それを控えめにしたり、避けたりしましょう。

    【悪化してしまった場合、なかなか治らない場合には、クリニックでの治療を…】
    出典 :ニキビのケア・対処法 | スキンケア大学
     

    保湿して、極力患部に触らない事が大切なようです。

  • ■ 「石鹸洗顔」で白ニキビ対策ポイント

    あれこれ化粧品を買いそろえなくても、「石鹸」1つあればできてしまうのが石鹸洗顔での白ニキビ撃退法です。ですがただ洗えばいいというわけではありません。白ニキビ対策のために抑えておきたい石鹸洗顔のポイントをみていきましょう。

    ◎ ポイント1:刺激の少ない、シンプルな組成の固形石鹸を選ぶ

    大人の肌は、とにかく潤いを守って洗顔したいものですが、白ニキビ対策では余分な皮脂もとりたいと、矛盾が生じてしまいます。それを解決してくれるのが石鹸です。石鹸の泡で洗えば、石鹸に含まれている脂肪酸が肌が本来もっている潤いを守ってくれると同時に、優れた洗浄力で汚れや皮脂を落としてくれます。固形石鹸を選ぶ理由は、製造時に必要な添加物が少ないから。白ニキビができているということは肌が敏感になっているとも考えられるので、無添加の固形石鹸をおすすめします。

    ◎ ポイント2:皮脂コントロールは「石鹸ダブル洗顔」で

    ダブル洗顔というと、「クレンジング」+「洗顔」のことをいうのが普通ですが、白ニキビ対策のためのダブル洗顔は、クレンジングのあと、「顔全体を石鹸洗顔」→「脂っぽい部分を石鹸でダブル洗顔」という方法です。部分的に脂っぽい部分があるからといって、顔全体を2回洗ってしまうのは、肌にとって刺激が強すぎます。かといって、せっかく洗顔したのに化粧水をつける頃にはもうベタベタしている部分がある、というのも問題ですよね。盲点だったかもしれませんが、部分的な脂っぽさは、その部分だけを洗い落としてしまえばいいのです。2度洗いをすると、洗い上がりの肌の皮脂が均一になっているのを感じることができると思います。

    ◎ ポイント3:朝の洗顔は肌の状態に応じてカスタマイズ

    敏感肌や乾燥肌の人の間で、最近「洗わない洗顔」が流行しています。「朝晩洗顔料を使用して洗う」という常識にとらわれすぎないことが大事、というわけですが、白ニキビがある場合も、自分の肌の状態にあわせて、洗顔の回数や方法を自分でカスタマイズする必要があります。まず、夜きちんと洗顔すると朝はべたつきをまったく感じないということであれば、朝の洗顔は必要ありません。保湿化粧水をそのままつけたり、気になるようならコットンに含ませてさっとふきとるようにしたりしてみてください。全体にベタつくという場合には夜と同じく、「石鹸ダブル洗顔」をします。部分的にダブル洗顔することで、化粧崩れも防げますよ。部分的にベタつきを感じるという場合には、全体をぬるま湯でぬらしたら、脂っぽい部分や白ニキビの部分だけ石鹸で洗います。
    出典 :嫌な白ニキビを洗顔で撃退する方法(nanapi) - Peachy[ピーチィ] - 毎日をハッピーに生きる女性のためのニュースサイト - livedoor ニュース
     

    洗顔料を変える事も効果的かも知れませんね。

  • ニキビには「潰していいニキビと、潰してはいけないニキビ」が存在します。

    では潰していいニキビとはどういうニキビかというと・・・

    「黒ニキビおよび、白さがはっきりと目立っている白ニキビ」です。これらはちょっと押し出すだけで、無理なくニキビの芯である「コメド」を出すことができるんですよね。ニキビを潰すなら、このタイミングを逃さないことが大切です。

    たとえ白ニキビであっても「まだ皮膚の奥のほうにしか芯が見えない、白い芯が見えない」という程度のものは、潰そうとするとかなり無理な押し出しが必要になりますから、これは潰してはダメですよ。

    赤ニキビや黄ニキビなど、炎症を起こしたり膿を発生させてしまっているようなニキビは、絶対に自分で潰してはいけません。
    出典 :実はコツがあった!大人ニキビの潰し方
     

    白ニキビの場合は潰しても大丈夫なようです。