恋は病気?恋をすると体調に変化が!!食欲不振に睡眠不足 恋は危険がいっぱい?・・・の巻

恋は病とよく言われますよね。恋をすると、その人のことを思うばかりに体調が悪くなったり、食欲がなくなったりしたことがあるという方いらっしゃいませんか?恋をすることによっておこる体の変化についてご紹介しましょう。

view56501

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 「恋の病」にかかった事がありますか?

  • 恋の病は存在するの?

     

    あの人のことを思う気持ちで胸がいっぱいになり、食べ物がのどをとおらない……
    あの人にどう思われているのかが不安で、体調が悪くなる……
    このような経験をされた方、それはもしかしたら恋の病かもしれません。

    恋は病とよく言いますが、では、なぜこのような体の変化が起こるのでしょうか?それは、人間が恋をすると、脳内にドーパミンという物質が多く放出されるためだと言われています。このドーパミンという物質が、身体のいろいろな場所で化学変化を起こしてしまうようなのです。

  • 恋の病で食欲不振

     

    恋の病に掛かると、食欲不振なってしまうという方いらっしゃいますよね?
    どうしてなんでしょうね?恋の病にかかった方の見解を少しご紹介しましょう。

    ・相手を想いすぎて緊張してしまい、お腹が減らなくなってしまう
    ・好きな彼のことばかりを考えてしまい、食事が手につかない状態になる
    ・彼のことを考えると、それだけでお腹がいっぱいになってしまう

    恋の病にかかったことがあるという方は、上記のような感覚を経験されたかもしれませんね。

  • ホルモンバランスが崩れてしまうことによる「情緒不安定」「集中力の欠如」などの症状もあるそうで、およそ3カ月続くのがよくあるパターンみたい。「恋の病」の症状って、まるで本当の病気みたいですね!
    出典 :「恋の病」って本当にあるの?ドクターが教えてくれました!「食欲不振」「呼吸困難」(マイナビウーマン) - goo ニュース
     

    彼、彼女のことを想うと、眠れなくて、息苦しくて、食べ物が喉を通らなくて・・・そんな経験ありますよね?
    恋をするとキレイになる!も本当なんですね。いつも恋をしていたいですね。

  • ~たとえばこんなオススメ商品~

     

    ☆☆きらりのおめぐ実☆☆

    何度キレイにしてもできてしまう大人ニキビ。
    繰り返さない秘密のケア、それは内側から治すこと。

  • 今なら特別キャンペーンで初回67%オフ!⇒

  • 幸せ物質ホルモン「セロトニン」

  • ドーパミンの分泌量が増えると、平常心をもたらす神経伝達物質であるセロトニンが減少します。セロトニンには、ストレスに対抗する心を作り、頭のさえた、冷静な状態を保つという役割があります。
    出典 :ドーパミン・セロトニン・ノルアドレナリンの分泌とパキシルの効果: ドーパミン過剰分泌とセロトニン減少の影響
     

    恋をしている最中の脳内はまさに、この状況!
    ドーパミン過剰分泌とセロトニン減少の状態なんです。

  • ■恋をすればダイエットできる!?
    ドーパミンの仕組みを利用すれば、恋をすることでダイエットをすることも可能。
    実際に彼氏ができてから「キレイになった」「痩せた」という女性は多いはず。食欲に対する「欲」がおさえられるので、無理なくダイエットができるのです。
    出典 :恋をするとお腹がすかなくなるメカニズムとは?(マイナビウーマン) - goo ニュース
     

    恋には健康効果もあるんですね。なんと、あこがれの人や好きな芸能人を想うだけで、脳内でドーパミンという物質がでてきます。これによって、生きる意欲がわいて、更年期障害などから救われた人がいるみたいですよ。恋ってすごいっ!!

  • 恋の病はホルモンバランスが崩れるために起こる!

     

    恋の病は、ドーパミン、セロトニン、ノルエピネフリンという3つの化学物質が、脳内でバランスを崩すことによって起こってしまうと言われている。恋は盲目というけれど、実際は科学的に証明されることなのです。

    ドーパミンは、やる気をつかさどる脳内化学物質で、ドーパミンが出ることによって人は心地よく感じます。そして、動悸が早くなり、息が荒くなり、顔の赤面が起こったりもします。本来であれば、ドーパミンが分泌されると、それを押さえようとする物質であるセロトニンがでるのですが、恋をしてしまうことによりセロトニンが減少してしまい、ドーパミンを抑えることができなくなってしまいます。さらに、ノルアドレナリンが交感神経を刺激してしまい、かなりの緊張状態を心にもたらしてしまうのです。

  • LOVE MOLECULE(恋愛物質)

  • ・別名LOVE MOLECULE(恋愛物質)恋愛中に、脳内に分泌されやすい物質。
    ・恋愛初期段階のドキドキを感じると分泌。長く付き合い相手に慣れてくると、分泌量は減少。
    出典 :神経★神経伝達物質(脳内ホルモン) 美心☆愛と感謝を ~光り輝く地球人へ
  • PEA(フェニル・エチル・アミン)の増やし方

    【恋愛】恋をするとノルアドレナリンやドーパミンが多量に分泌。 PEAは大なり小なり人を惚れやすくさせる効果がある。 PEAはノルアドレナリンやドーパミンで作動する神経を強力に刺激するので、強い快感が得られ、恋をしている状態を人工的に作れる。

    【チョコ】チョコレートを口に含んだ時の幸福感は、セロトニンのおかげでもあるということ。たくさん食べてしまうと、血液中の糖分の量が大きく変動し、かえって気分が落ち込みやすくなる。
    出典 :神経★神経伝達物質(脳内ホルモン) 美心☆愛と感謝を ~光り輝く地球人へ
     

    PEA って「人を惚れやすくさせる効果がある」なんて凄い物質ですね!?
    チョコレートにも含まれているとは、バレンタインにチョコレートを渡すのも納得です。