【麻薬依存】その恐怖と治療と体験談

麻薬依存の恐ろしさは計り知れません。その恐怖と治療と治療を体験した人の話をまとめました。

view1767

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 麻薬依存とはどういう状態?

  • そもそも麻薬依存とはどういう状態なのか?をまずは知りましょう。

  • 薬物依存症(やくぶついそんしょう、やくぶついぞんしょう、Substance Dependence)とは、同量の薬物を摂取した場合の薬物の効果が薄れる薬物耐性が形成され、薬物に対する渇望が存在し、薬物の摂取量が減った離脱時に離脱症状を呈するといったいくつかの診断基準を満たした精神疾患である。以上のような身体症状を示す身体的依存を含まない場合は、単に薬物乱用の状態である。しかしながら、ともに生活の支障や身体への害を認識しているにもかかわらず、薬物使用の抑制が困難になっている病態である。
    出典 :薬物依存症 - Wikipedia
  • 日本国内で麻薬と見なされている薬物

  • ・覚せい剤 (中度から重度の精神的依存、離脱は単純に心身、精神的):
     アンフェタミン や メタンフェタミン
     コカイン
     ニコチン
     カフェイン

    ・鎮静剤 と 睡眠薬 (軽度から重度の精神的依存、重度の身体依存、急な離脱が致命的になることがある)
     アルコール
     バルビツール酸
     ベンゾジアゼピン 特にフルニトラゼパム、トリアゾラム、テマゼパムおよびニメタゼパム、Z薬もベンゾジアゼピンと同様である
     メタカロン、キナゾリノン関連の鎮静催眠薬

    ・アヘン剤とオピオイド鎮痛薬 (軽度から重度の精神依存、軽度から重度の身体依存、急な離脱が致命的なになることはほとんどない)
     モルヒネ と コデイン 、それらの天然麻薬性鎮痛薬
     半合成アヘン(ヘロインなどモルヒネジアセテート、ジアセチルモルヒネ) オキシコドン 、ブプレノルフィン 、ヒドロモルフォン
     全合成オピオイド フェンタニル メペリジン/ペチジン、メタドン
    出典 :薬物依存症 - Wikipedia
  • ニコチンやカフェインが覚せい剤に分類されているとは・・・知りませんでした。

  • 麻薬依存の治療について

  • まず薬物の使用を断ち、その後は渇望に打ち勝ちながら、再使用しないように自己コントロールし続けることが治療となります。そのために実行すべきことは、それまでの薬物使用に関係していた状況(人間関係、場所、お金、感情、ストレスなど)を整理・清算し、薬物を使わない生活を持続させることです。
    ただし、これらのことを一人で実行し続けることは、ほとんど不可能に近いとされています。持続させるためには、これらの整理・清算を、認知行動療法を取り入れた治療プログラムで体系的に習得させてくれる医療施設・相談所に通い続けるか、ダルク(Drug Addiction Rehabilitation Center)やNA(Narcotic Anonymous)などの自助活動に参加し続け、同時に、薬物を使わない新しい仲間をつくることが大切です。
    出典 :薬物依存症|疾患の詳細|専門的な情報|メンタルヘルス|厚生労働省
  • 薬物依存は、いずれのタイプでも、依存者本人や家族の努力だけでは問題の改善は得られません。アルコール依存の治療と同様に医療機関、自助組織、地域社会などとの連携が必要となります。本人の治療だけでなく家族への指導、助言も重要です。
     医療機関を受診する際には、精神科もしくは神経科を受診し、薬物依存歴を包み隠したり、嘘(うそ)をついたりせず、真摯(しんし)な態度で治療を受けるようにしましょう。医師や家族は、折に触れて本人を指導していく必要もあります。
     薬物依存者の自助組織としては、DARC(ダルク)(薬物依存症リハビリテーションセンター)などがあります。薬物依存の経験者たちと会合しながら、回復を目ざしていきます。
    出典 :薬物乱用による心の病気(薬物依存) とは - コトバンク
  • 麻薬依存はひとりでは治療できない・周囲の協力が必要だということですね。

  • 入院して麻薬依存を治療する

  • 依存度が高すぎるなど一般の人々の手には負えないと判断される場合、入院しての治療を勧められることがあります。

  • 閉鎖病棟 薬物依存との戦い - YouTube

  • 薬物依存専門病院 隔離された世界 1 - YouTube

  • 精神病院から赤裸々に覚醒剤体験の話をする入院患者 - YouTube

  • 麻薬依存の治療体験談