美容カクテルとも呼ばれている甘酒 健康効果を知ろう!

最近新聞雑誌で話題の甘酒。甘酒 健康効果と美容効果をまとめてみました。

view341

お気に入り お気に入り2

お気に入りに追加

  • 甘酒は総合ビタミンサプリメント?

  • 甘酒には、ブドウ糖が20%以上含まれ、人間が生きていくために不可欠なビタミン類が豊富に含まれています。

    麹菌が繁殖するときに、ビタミンB1、B2、B6、パントテン酸、イノシトール、ビチオンなど、すべての天然型吸収ビタミン群を作って米麹に蓄積させ、それが甘酒に溶出されてきます。ですから甘酒は、まさに総合ビタミンドリンクなのです。

    また甘酒は天然の必須アミノ酸を最も多く含む飲物です。米の表面はタンパク質が多く、そこに麹菌が増殖すると、タンパク質分解酵素を出して分解し、アミノ酸に変えてしまいます。病院でよく行われる点滴は、ブドウ糖溶液とビタミン溶液とアミノ酸溶液を血管から補給するものですから、これと同様の効果が得られるということです。
    出典 :江戸時代からの栄養ドリンク! 夏バテには甘酒 [食と健康] All About
     

    ビタミンB1、B2、B6、パントテン酸、イノシトール、ビチオン
    すごい顔ぶれですね。

  • Vitamin

     

    効果って??

  • ビタミンB1の効果

  • ビタミンB1は、水溶性のビタミンB群の一種で、疲労回復のビタミンとも呼ばれています。
    炭水化物 (糖質)の代謝を促すため、白米を主食にしている日本人にとって必要な栄養素です。
    また、エネルギーをつくる手助けをすることで、神経や筋肉の機能を正常に保つ効果があります。
    出典 :ビタミンB1 | 成分情報 | わかさの秘密
  • ビタミンB2の効果

  • ビタミンB2は、ビタミンB群の一種で、リボフラビンとも呼ばれています。
    脂肪を燃焼させ、エネルギー代謝や細胞の新陳代謝を促進し、健康な皮膚や髪、爪をつくるなど、発育や美容に関わるビタミンです。
    出典 :ビタミンB2 | 成分情報 | わかさの秘密
  • ビタミンB6の効果

  • ビタミンB6はピリドキシンとも呼ばれるビタミンB群の一種で、たんぱく質の分解・合成を助け、皮膚や粘膜の健康維持に働きます。
    また、神経伝達物質の合成にも関わるため、精神状態の安定に役立ちます。ホルモンのバランスを整える働きもあり、女性の味方となるビタミンです。
    出典 :ビタミンB6 | 成分情報 | わかさの秘密
  • パントテン酸の効果

  • パントテン酸はビタミンB群のひとつで、エネルギーの代謝を助ける働きがあります。
    そのほか、抗ストレス効果や、動脈硬化を予防する効果があり、全身の細胞で健康維持のために働く大切な栄養素です。
    出典 :パントテン酸 | 成分情報 | わかさの秘密
  • イノシトールの効果

  • イノシトールは、筋肉や神経細胞に多く存在している栄養素で、以前はビタミンB群の仲間として扱われていましたが、体内でも生合成でき欠乏症もないため、現在はビタミン様物質として扱われています。水溶性で穀物や果物などの食品に多く含まれ、脂肪肝や動脈硬化の予防から神経細胞の働きを助ける作用まで幅広い働きを持っています。
    出典 :イノシトール | 成分情報 | わかさの秘密
  • ビチオンの効果

  • ビオチンとは、人間の腸内で善玉菌によって合成されるビタミンB群の一種です。皮膚や髪の毛を健康に保ったり、筋肉痛を和らげたりする効果があります。
    炭水化物 (糖質)、脂質、たんぱく質の代謝の過程で、酵素の働きを助ける補酵素としての役割も担っています。
    出典 :ビオチン | 成分情報 | わかさの秘密
  • すごい効果

     

    流石飲む点滴。おぬしなかなかやるな!

  • 甘酒は腸内環境を改善するジャパニーズヨーグルト!

  • 麹に由来する食物繊維とオリゴ糖が腸内環境を整えるので、便秘や肌荒れなどを予防・改善、体内の有害物質の排出に役立ちます。この働きにより、甘酒は「ジャパニーズ・ヨーグルト」と呼ばれているほどです。

    さらに、ペプチド(たんぱく質を酵素で分解してできる物質)の一種である「アンギオテンシン変換酵素阻害物質」という物質は、天然の降圧剤と云われ本態性高血圧症の人に効果があります
    出典 :江戸時代からの栄養ドリンク! 夏バテには甘酒 [食と健康] All About
     

    甘酒がヨーグルト効果があるなんて、便秘がちな人必見。

  • 甘酒は江戸時代の夏バテ防止栄養ドリンク

  • 私も甘酒は、寒い冬に飲んで暖まるための飲み物だと思っていました。ところが、甘酒は江戸時代には、夏の飲み物として売られていたました。俳句の季語を調べると、甘酒は今でも夏の季語となっています。

    江戸時代には、甘酒を夏バテ防止の栄養ドリンク剤として飲んでいたのだそうです。氷を浮かべて冷たーくいただく、あるいは暑い時こそ温めていただくのもよいですね。
    出典 :江戸時代からの栄養ドリンク! 夏バテには甘酒 [食と健康] All About
     

    夏に甘酒いいですよね。

  • 甘酒健康法

     

    免疫力UP、体調管理にベストな飲み物ですね。