早く妊娠したい!どうすればいい?

早く妊娠したいなら、今すぐ妊活を始めてください。年齢が進むほど妊娠できる確率が低くなってきます。

特に35歳以上の人は待ったなしです。卵子の老化も始まっているので、今すぐ妊娠へ向けた準備を始めてください。

このページでは、早く妊娠するにはどうしたらいいか具体的な方法を掲載しています。

view985

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 早く妊娠する方法
    出典 :早く妊娠したい
     

    早く妊娠したいと思っても中々妊娠できない人も多くいます。妊娠できないのは何かしら原因があることが多いのですが、ここでは早く妊娠できる最短の方法を書いていきます。

  • 手順はこちら!!
    出典 :早く妊娠したい
     


    ①病院へ行って、その周期の排卵日を調べてもらう。
    ②排卵日特定できたなら、排卵日に仲良しする。
    ③早ければ、その周期に妊娠。

  • 体に異常がなければ、この方法で早く妊娠できると思います。
    出典 :早く妊娠したい
     

    重要なのは、病院を受診して自分の体に異常がないか確かめることです。

    パパと一緒に行って検査を受けることも大切です。不妊の原因の半分は男性にあるので夫婦で検査を受けることが大切なのです。

    検査結果が出るまで時間が掛かると思いますが、超音波検査で卵子の発育状態ならすぐに分かります。卵子が育って排卵が近ければ、正確な排卵日が予測できます。

    妊娠できないことで受診しても保険が適用になる場合があります。その旨を医師に伝えてると、仲良しする時期を教えてくれて(タイミング法と呼ばれます。)より妊娠しやすい環境を作ることができます。

  • 妊娠するためのポイント
    出典 :早く妊娠したい
     

    妊娠まで至るには19のステップがあると言われますが、たった1ステップに問題があっても妊娠できないのです。ここでは、妊娠した人のための重要なポイントを説明していきます。

  • 妊娠するためのポイント
    出典 :早く妊娠したい
     

    ・正常な生理が来ている。
    ・毎回きちんと排卵が起きている。
    ・排卵日に仲良しする。
    ・規則正しい生活を送っている。
    ・夫婦共に体に異常がない。
    ・ストレスを上手く解消できている。
    ・夫婦でコミュニケーションが取れている。

  • 正常な生理が来ている。
    出典 :早く妊娠したい
     

    毎月決まった時期に生理が来ていることが大切です。正常な生理周期の人で通常の夫婦生活を送った場合、妊娠できる確率は約80%と言われています。

    生理周期が不安定だと、排卵が起こりにくくなり妊娠しにくい状態となります。

    生理周期が正常かどうか、まずは基礎体温を測ってみましょう。すぐに妊娠したい人は、病院へ行って検査を受けてみましょう。その周期の排卵日などが分かるので妊娠しやすい環境を作ることができます。

  • 毎回きちんと排卵が起きている。
    出典 :早く妊娠したい
     

    毎回きちんと生理が来ている人も排卵が起こっていないときがあります。排卵できないと妊娠できないので排卵が起こっているか確かめる必要があります。

    病院で超音波検査を受けるか自宅で排卵検査薬を使うと正確な排卵日が予測できます。

    排卵する時期には、排卵時出血といって少量の出血がある場合もありますが、これは不正出血かもしれないので病院を受診したほうがいいでしょう。

    病院を受診すればすぐに排卵があるか分かりますが、基礎体温を測ればある程度推測できます。妊娠できないと思ったら基礎体温を測るといいと思います。

    きちんと排卵があれば、あとは正確な排卵日を調べるだけです。病院で調べてもらうか排卵検査薬で調べるのが一般的です。排卵検査薬はネットでも売っていますが、信頼性や衛生面からも病院で購入することをおすすめします。

  • 排卵日に仲良くする!

     

    排卵が起きている当日に
    仲良しすることで妊娠できる確率もアップします。

  • ■排卵日に仲良しすると男の子?
    出典 :早く妊娠したい
     

    排卵日当日に仲良しすると男の子が生まれる確率が高くなります。男の子を希望するなら排卵日に仲良ししましょう。詳しくは産み分けは男の子に書いていますので参考にしてください。

    ちなみに排卵日2日前に仲良しすると女の子になる確率が上がります。女の子を産み分けで詳しく説明しています。

    しかし、妊娠までの道のりが遠くなるため、早く妊娠したい人にはおすすめできません。

  • 規則正しい生活を送っている。
    出典 :早く妊娠したい
     

    不規則な生活は体にとってよくありません。健康な体になると妊娠しやすくなるので、なるべく規則正しい生活が送れるように改善していくのも一つの方法です。

  • 夫婦共に体に異常がない。
    出典 :早く妊娠したい
     

    赤ちゃんができない、いわゆる不妊の原因は、女性が4割・男性が4割とほぼ同じぐらいの比率で男女ともにあります。残りの2割は原因不明です。

    つまり、ママとパパ両方に赤ちゃんができない原因があるので、夫婦揃って妊娠できない原因がないか調べる必要があります。3周期ほど避妊せずに仲良ししても妊娠しないなら病院を受診して調べたほうがいいかもしれません。

  • 夫婦でコミュニケーションが取れている。
    出典 :早く妊娠したい
     

    赤ちゃんは夫婦で授かるものです。一人では赤ちゃんを産むことができないので、夫婦間のコミュニケーションを取ることが大切です。

    男性は妊娠に無頓着なところがあるので、妊活を始める前に十分に話し合って意思疎通を図っておきましょう。

    早く妊娠しやすい方法を書いてきましたが、健康な体とタイミングがとても大切なポイントになります。早く妊娠したい人は、すぐに行動を開始したほうがいい結果になるのではないでしょうか。

  • ストレスを上手く解消できている。
    出典 :早く妊娠したい
     

    強いストレスがかかると、妊娠しにくい状態となります。女性の場合は、生理が止まったり遅れたりします。男性の場合は、精子の数が減少することが知られています。

    何かとストレスを受けることが多いと思いますが、うまくストレスを解消して妊娠しやすい体作りを目指しましょう。

  • 妊娠希望の人にお勧め!早く妊娠できるおまじない
    出典 :妊娠希望の人にお勧め!早く妊娠できるおまじない
     

    早く妊娠できるおまじないを紹介します。

    赤ちゃんが欲しいと思っても、なかなかすぐできるものじゃないですよね。

    そんなときにおすすめの、妊娠できるおまじないがあります。

    母性が強くて、子供が大好きな方に効果があります。

    それは、まず子どもと触れ合って、子供の笑顔をたくさん見ることです。

    子どもに対して「可愛い」という気持ちでゆったりとふれあいます。

    親戚の子供でも良いし、友達の子供でもよいです。

    妊娠したいのに赤ちゃんができないときは、どうしても気持ちが沈みがちだし、妊婦や赤ちゃんを見るとストレスに感じるくらいの方もいるも思います。

    しかし、その追い詰められた気持ちこそが妊娠を遠ざけているんですよね。

    だから、おまじないとして、子どもとたくさんふれあいましょう。

    そして、その日の夜には目を閉じて「今日は楽しかった、私の未来の赤ちゃん、きてくれたらきっと楽しいよ、早く会いに来てね」と唱えます。

    そうすると、お空の赤ちゃんはきっとあなたに向かって歩き出すはずです。

    心の穏やかな人ほど早く妊娠できるのは、赤ちゃんもお母さんを選んでるからだと言われています。

    また、近くに子供がいないという方は、妊婦の友人に会うのもおすすめです。

    妊娠を心から祝って、お腹をなでさせてもらいましょう。

    妊娠はうつるといわれることもあるほど、妊婦と触れ合うのは効果があるんです。

    これも、穏やかな心でいることが大切ですね。

    ギスギスとした気持ちでいては、赤ちゃんは来てくれないものです。

    また、妊婦が作ったオニギリを食べるのも効果があると言われています。

    具材はなんでもオッケーです。なかなか頼みにくいことかもしれませんが、もし親しい友人の方や親戚の妊婦さんがいれば、頼んでみてはいかがでしょうか。

    妊娠菌、という言葉があるほど、妊婦さんとの触れ合いは良いのですよ。

    ぜひ、卑屈にならず、妊婦さんとふれあいましょう。

    そして、もし友人の了解が得られたら、出産の時、陣痛中に「赤色の富士山」を描いてもらいましょう。

    その絵をもらうと妊娠できるといわれています。

    携帯の待受にしたりして、持ち歩くと良いでしょう。

    また、ベッドルームのおまじないとして、ベッドルームにプーさんのぬいぐるみや、ざくろの絵を飾ると妊娠できるというおまじないもありますよ。

    ざくろは、ざくろジュースに女性ホルモンによく似た成分が入っていることから、

    妊娠につながるフルーツとして知られているようです。

    プーさんは、心が癒されて穏やかな気持ちになる効果が良いと思われます。

    とにかく、おまじないするときには穏やかな心でいることが大切です。

    あなたが優しい心でいることこそ、赤ちゃんをお腹に呼べることにつながります。

  • 「体の相性を良くする」のと「相性にあった性交」が大切

     

    体の相性について簡単に説明します。
    「夫婦の体の相性が良い」というのは、お互いの体の構造が子作り性交をするのに相性が良く、夫の射精した精液が奥さんの卵管までスムーズに到達するということです。 
     
    「夫婦の体の相性が悪い」というのは、夫が奥さんの膣の中に何十回、何百回、射精しても、さらに奥さんが射精後に逆立ちをしたとしても、精子が子宮の中にも入らず、膣の中に留まっているということなのです。
    精子が子宮の中にも入らないということは、妊娠するのは不可能ということになるのです。
    これでは、あらゆる不妊治療や不妊改善法を、いくら試みても妊娠することは出来ません。