あなたはどちら!? ”子どもの才能を伸ばす親、駄目にする親”

子どもの可能性は無限大です。
それを育てるのも駄目にしてしまうのも親次第。

どんなことに気をつければ子どもの才能を潰すことなく、伸ばしてやれることができるのかについてまとめてみました。

view623

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 子どもの才能を伸ばすには?

  • 一番大切なことは、子供を抱きしめ、遊んでやり、話しかけ、読み聞かせ、赤ちゃんの頃からきちんと食事を与えることだ。
    出典 :我が子の才能を引き出す10の方法。 活用するかはあなた次第!? |
  • 親子で楽しむことが大切

     

    親が無理をするのではなく、子どもと一緒に楽しめることを一緒にするのがポイント!
    習い事に一緒に通ってみる、なんてのもいいかも。

  • 夫婦で子どもを伸ばす戦略を立てるときは“V-MAP”で!
    出典 :なかなか目には見えにくい「子どもの才能」を伸ばしてあげる方法 - It Mama
     

    V(ビジョン)、M(ミッション)、A(アクション)、P(パッション)の4つを決めることで親の気持ちを押し付けることなく子育てができる、という考え方もあるそうです。

  • 脳科学者 茂木健一郎氏が考える教育法はコレ!

     

    自分で喜びを感じるようにしむけなきゃいけない。
    自分で自分の目標を立てさせて、それを達成する喜びを教えなきゃならない。
    おしつけるのが一番ダメ。

    ほめることが大事

    親はほめるアスリート
    おしつけたり、しかったり、エネルギーを奪う行為が一番ダメ。

    喜びを感じることで勉強する

    難易度を自分で調節する。全力をつくしてやっと達成できるのがちょうどよい。達成感を味わえる。

    「こうやると自分の脳がよろこぶんだ」という仕組みに気づく

  • 子供は出来ることは面白い。
    面白いから練習する。
    練習すると勝手に上手になる。
    すると次の段階に行きたくなる。
    そういう特性がある。
    出典 :ヨコミネ式 子供の才能を引き出す やる気にさせる4つのスイッチ 絵ココロ絵画販売・制作
     

    子供の特性をより理解することで、才能を引き出すのに大変役立つ

  • 秘められている子供の才能、どうやって見抜く??

  • 遺伝子検査によって子供の潜在能力や可能性がわかります。遺伝子検査の結果をもとに、その子に合った習い事や体験をさせてあげることで、才能をどんどん開花させていくのです。あれもこれもと習い事をさせる必要がなくなるので、親の負担も子どもの負担も軽減されますよね。
    出典 :子供の才能を引き出す方法~遺伝子検査~
     

    テスト自体は何歳になっても受けることができるものですが、やはり早いなら早いに越したことはないらしい

  • 親が子供の才能を見つけるための4つの具体的方法

    ①心を落ち着かせる
    子供の頃はいつもかなり乱れている。試験のこと、友達とのいさかい、親の一言などなど、多くの要因が日常的にある。まず、落ち着いて自分を振返る事が出来るセッティングが必要

    ②問いかけをする
    何が好きか、どんなところが良いのか、どんな気持ちになるのか、等好きなことについてより深く、具体的に見つめ、考えられるようなヒントをあたえる

    ③話を聞く
    親が勝手に解釈してまとめない。子どもはうまく表現できないものなので、子供が自分の好きなことについて話す事がなくなるまで話を聞く

    ④観察する
    特に幼い子供はほとんど本能的に行動している。何をしているかの自覚はない。良く観察して特徴を見極め、適切なタイミングで本人に伝える
    出典 :共育コーチング研究会リレーコラム : 子どもの才能を見つける方法
  • 「とことん親バカになれ、
    親バカにならなければ、子供の才能は見つけられない」
    出典 :天才じゃなくても夢をつかめる10の法則
  • 結局は、どれだけ子供の可能性を信じてあげられるのか、が重要なポイントということになるんですね

  • どんな親が子供の才能を駄目にする?

  • 独善・過干渉・否定的は子供の可能性を閉ざしてしまう

     

    親がどう思っているのかに関わらず、これは子供が才能を開花するのを邪魔してしまうことになります

  • 子供に、「おれはだめだ」という気持ちを植えつけるということは、才能の出口にふたをして、出るなと重石を置いて、まだ心配ですき間にビニールを貼り付けてしまうようなものだ。
    出典 :感動は心の扉をひらく
     

    子供の可能性にふたをしてしまうのは親だけではありません。
    学校生活、友達同士の間でもありえるのです

  • ちょっとした工夫と配慮で子供の才能が開花するかしないか大きな分かれ道になってしまうのです。
    もしかしたら、自分の発言や行動が我が子だけではなく、他の子供たちの才能にも影響を与えているかもしれない・・・。

    どうせなら、子供たちの才能を引き出せる大人になりたいなと思いませんか?

    ぜひ、子供たちの才能を引き出せる人になってください。