甘え?それとも病気?急増している「新型うつ」とは

従来のうつ病の症状とは違う、「新型うつ」が近年増加していると言われています。
その症状の傾向から、病気ではなくて「甘え」なんじゃないか、と言われてしまうことも多い「新型うつ」とは?あなたももしかしたら、当てはまるかも…?

  • ayaui 更新日:2013/09/27

view596

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 「新型うつ」の症状は?

  • 1. 自分の好きな仕事や活動の時だけ元気になる
    2. 「鬱」で休職することにあまり抵抗がなく、新型は逆に利用する傾向がある
    3. 身体的疲労感や不調感を伴うことが多いのが新型
    4. 自責感に乏しく、他罰的で会社や上司のせいにしがち
    5. どちらかというと真面目で負けず嫌いな生来の性格
    出典 :新型うつ病の増加
     

    以上が「新型うつ」の特徴です。

  • 「増加している」の真相

  • もともと症状や病気になる過程によって「メランコリー型」「双極性障害」「気分変調症」「非定型」の大きく4つに分類されます。 「新型うつ病」と呼ばれているのが「気分変調症」「非定型」に当たるのだと一般にはいわれてます。
    医師が「うつ病」と診断する際の基準は、世界的に2通り方法があります。 今までは米国型の従来の診断基準が主でした。
    出典 :新型うつ病の増加
  • 従来の診断基準

  • 5つ以上で「大うつ病性障害」と診断
     1.その人自身の訴えか、家族などの他者の観察によってしめされる。ほぼ1日中の抑うつの気分
     2.ほとんど1日中またほとんど毎日のすべて、またすべての活動への興味、喜びの著しい減退
     3・食事療法をしていないのに、著しい体重減少、あるいは体重増加、または毎日の食欲の極端な落ち込み
       または増加
     4.ほとんど毎日の不眠または睡眠過多
     5.精神運動性の焦燥または急な制止
     6.ほとんど毎日の易疲労性、または気力の急な減退
     7.無価値感、または過剰であるか不適切な罪責感
     8 思考力や集中力が徐々に減退、または自分での決断困難がほぼ毎日認められる
     9 死についての反復思考、特別な計画はないが反復的な自殺念虜、自殺企図または自殺するため
       のはっきりとした計画
    出典 :うつ病 診断の基準・方法【障害年金で年80万円】
     

    米国精神医学会の「DSM-IV」のうつ病……つまり従来のうつ病(メランコリー型、双極性障害)の、診断基準。

  • 新たに広まってきたもう1つの診断基準

  • 気分変調症・非定型 診断基準

     

    「軽症」のうつの診断基準と呼ばれているもの。近年、これに当てはまる人が多くいることがわかってきました。

  • もう1つ「軽症」の診断基準があり、そちらに当てはまる患者が多数いたことが最近になって判明した為に患者数が急増したように見えてるのが「新型うつ病急増」の背景です。

    「気分変調症」「非定型」の患者数が増えた訳でなく、つまり診断基準が広くなった為に「新型うつ病」の患者が急増しているように見えるだけです。
    出典 :新型うつ病の増加
  • 新型うつになりやすい人は?予防するには?

  • 「必要以上に相手の期待に応えようとしたり、他人を頼ることが苦手で、いわゆる少しプライドが高い・相手に弱みを見せたくないタイプの人に多いでしょう」
    出典 :誰もがなり得る、「新型うつ」。なりやすい人の特徴 - ネタりか
  • 「基本的な部分で言えば、できるだけ規則正しい生活を送ることが大切です。生活のリズムが崩れていると自己嫌悪に陥りやすく、周囲の目も気になりがちです。」
    出典 :誰もがなり得る、「新型うつ」。なりやすい人の特徴 - ネタりか
  • 「どうしても辛いな~と感じるときは、あまり悩まずにクリニックで受診することが大切です。」
    出典 :誰もがなり得る、「新型うつ」。なりやすい人の特徴 - ネタりか
  •  

    あなたのつらさも、ただの「甘え」ではないかも。
    まずは病院に相談してみましょう。