背筋を効率よく鍛える~トレーニング方法~

背筋を鍛えるにはどうすればよいか?トレーニング方法などを解説していきます。

view598

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 背筋について、鍛えるとどんな効果があるか、効率的なトレーニング方法などを解説していきます。

  • 肩こり、猫背を直してくれる?

  • 肩こりの原因

     

    肩こりの原因とは、猫背による姿勢によるものです。では、猫背になる原因は何かというと、運動不足と背筋の衰えによるものです。

  •  長時間のデスクワークやパソコンの操作で、つい前かがみになってしまうことはありませんか。
     実は、このような日常の動作が猫背の原因になることがあるのです。
    出典 :猫背を矯正し、肩こり・腰痛を解消しよう【はつらつライフ】
     

    筋肉の衰え以外にも、猫背になる原因があります。

  • 背筋運動により猫背、肩こりの原因を解消

     

    背筋を強化すれば、猫背が矯正されるでしょう。更に、猫背が解消されることで、肩こりの原因も解消されると考えられます。

  • 背筋トレーニング1

  • 【HOW TO】
    床に大の字にうつ伏せに寝て、左足と右手、右足と左手というように、対角線の手足を伸ばしたまま上げます。
    交互に行うようにして下さい。
    出典 :トレーニングのすすめ
     

    背筋群と呼ばれる、背中の筋肉を意識するようにしながら上の動作を行う事。

  • 背筋トレーニング1 注意点

     

    1)上げる手は伸ばしたまま、目で伸ばした手を見ながら行って下さい。
    2)上げる足は伸ばしたまま、ヒザを曲げないようにして下さい。
    3)反動を付けず1回づつ行って下さい。
     反動を付けて行うと、腰の骨に負担がかかることがあり危険です。
    4)手足は上(天井)に向けて上げるというより、斜め上を目指して上げるようにすると腰の骨に負担がかかりにくくなります。

  • 一般的で一番ポピュラーな背筋運動である、手で頭の後ろで組み上がる方法でも背筋は鍛えられますが、上の方法では対角線の背筋の背筋を鍛えるため、体のキレが良くなるような運動です。

  • 背筋トレーニング2

  • 【HOW TO】
    仰向けに横になりヒザを曲げて、足と両肩で身体をささえて、腰を上げて行きます。
    お尻の筋肉に注意を向けて腰を上げることで、腰の回りの筋肉を鍛えます。
    出典 :トレーニングのすすめ
     

    鍛える時に意識を集中するのは、臀筋群と呼ばれるお尻の肉の筋肉と、背筋群と呼ばれる、背中の筋肉です。

  • 背筋トレーニング2 注意点

     

    1)腰を上げすぎて、首に負担がかからないように気をつけて行います。
    2)両腕は首・肩を補助するように身体の脇に置きます。
    3)反動を付けずゆっくりと行って下さい。
    4)足はあまり広げず、肩幅くらいの間隔に置いて下さい。

  • 背筋トレーニング2では、主に骨盤の位置が立ち上がり気味の人が曲線を描くような理想のラインを作ります。

  • まとめ

  • 背筋について、効果とトレーニング方法を解説してきました。
    肩こりなどに悩んでいる人に効果があるようなので、そういった症状をお持ちの方は是非今回紹介した方法を試してみてください。