【妊娠初期の不正出血】赤ちゃん大丈夫?出血のチェックポイント

妊娠初期の不正出血は、不安ですよね。
流産してしまった人もいれば、大丈夫だったというひと人もいます。
その出血のチェックポイントをおさえて、診察を受けましょう。

view472

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠初期の不正出血

  • 妊娠初期にはホルモンの変化から原因不明な不正出血が起こりやすくなります。
    出典 :不正出血-妊娠用語辞典
  •  

    妊娠初期の不正出血、不安ですよね...

  • 出血=赤ちゃんのピンチとは限らない

  • 妊娠初期の出血(薄茶色のおりものも含める)は、全妊婦さんの3割~半分くらいの人が感じますが、そのほとんどの人は無事に赤ちゃんを出産していくのです。
    出典 :妊娠2ヶ月/出血について
  • 妊娠初期の場合は、着床時出血といって受精した卵子が子宮内膜に根を張るときに起こる出血が出るときがあります。通常、安静にしていれば治まることが多い出血です。
    出典 :妊娠初期の出血
  • ただし

  • 少量の出血から生理の出血を超える出血量の時もあり注意が必要
    出典 :妊娠初期の出血
  • 出血のチェックポイント

  • おなかの痛み

     

    ・おなかの張りを伴っているか
    ・また伴っているときはどの程度の痛みなのか
    ・痛みの時間はどのくらい続いているか、またはどのくらいの間隔か

  • 腹痛やおなかの張りがあるときには、出血がなくても「まずは安静」と考えてください。
    出典 :妊娠2ヶ月/出血について
  • 出血の量と種類

     

    ・出血の量はどのくらいか
    (数時間でナプキンを換えなければならない程か?またはおりものに混ざる程度か?)
    ・どんな色をしているのか(真っ赤なのか、ピンクなのか、茶色なのか)
    ・悪臭などの臭いがあるか、または固形物が混じっているか

  • 大量で真っ赤な鮮血ほど危険が迫っている可能性がある
    出典 :不正出血-妊娠用語辞典
     

    それに加え痛みを感じるときには、たとえ夜中でも病院に電話をするなどの早急な対応をとるべきとのことです。

  • 逆に薄茶色や黒っぽいものは、以前の出血が後になって流れてきていることがほとんどです。
    出典 :妊娠2ヶ月/出血について
  • その他の体調の変化

     

    吐き気や嘔吐、立ちくらみや貧血、衰弱などの症状があるかどうか

  • 診察、連絡するときは

  • 上記のチェックポイントを的確に話してください。その際に体調の変化がある人は忘れずに告げてください。痛みもなくおりものに混ざる程度の出血のときは、次の検診を待ってもいいでしょう。

    出血を感じたのが夜中でも、おなかに張りを伴うとき、あるいは真っ赤な鮮血があったときは、すぐに医師に連絡をして指示を仰いでください。

    その他の場合には翌朝まで待ってから医師に連絡すればいいでしょう。そのときには安静にして入浴は控えます(出血が悪化する可能性がある)。そして翌朝に出血がなくなっていても、今後の「もしも」のことを相談しておくと安心できます。
    出典 :妊娠2ヶ月/出血について
  •  

    妊娠初期の不正出血は
    流産の兆候としてみられるものもあります。一般的におりものが茶色になったり、鮮血の出血量が多いときに流産が疑われます。

    流産を経験した人に聞くと、レバーのような血塊が出たり、卵の白身のような半透明状のものが出たりしたとの経験談があります。このような出血を感じたらすぐに病院に連絡して指示を仰いでください。