有効な治療法は? 白血病、慢性白血病について知っておきたいことまとめ。

骨髄性、リンパ性に分けられる白血病。まだまだ情報が少ない慢性リンパ性白血病についての、傾向と対策についてまとめます。

view1005

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 白血病イコール不治の病、という時代は終わろうとしているようです。

  • 少しでも不安に思うことがあれば、即受診! これが回復への鉄則です。

  • 誰にでもあること、些細なこと、と見逃さないことが大切です。

  • 慢性白血病って、どんな病気なの?

  • 慢性リンパ性白血病とは、どんな病気なのでしょう?

  • 慢性リンパ性白血病の細胞は骨髄、リンパ節、末梢血の中で増殖しますが、細胞の増加による直接の症状はあまりみられません。しかし一般的には、白血病細胞が増殖することによりリンパ節や脾臓、肝臓が腫れてきます。T細胞性白血病の場合には、皮膚や中枢神経に転移しやすい傾向があります。また骨髄の中で白血病細胞が著しく増加した場合には、正常な血液が造られず、貧血や血小板減少による出血傾向などの症状がおこることがあります。またリンパ系の細胞の異常や免疫力の低下などにより、細菌やウイルスに対する抵抗力がなくなり、発熱や肺炎などの感染の症状が認められることがあります。白血病細胞 の増殖により体重減少、全身倦怠感、発熱、寝汗などの症状が見られることもあります。合併症として身体の抵抗力のもとである免疫の異常がおこることもあります。免疫の異常による溶血性貧血や、赤血球だけが少なくなる赤芽球癆(せきがきゅうろう)といった特殊な貧血、血小板減少がみられることもあります。
    出典 :がんおよび各種疾患に関する情報|新潟県立がんセンター新潟病院
  • 貧血は大事なからだからのシグナルのようです。

  • 慢性リンパ性白血病の原因とは?

  • 残念ながら、慢性リンパ性白血病の原因はまだ明確ではありません。
    危険因子や予防方法も明らかでないのが現状だそうです。

  • 進行がゆっくりなため、長く時間をかけて治療が出来、長期の生存も可能だそうです。

  • 不安な人は、まず自己チェックをしてみましょう。

  • 自己チェックが出来るサイトは、こちら。

  • 白血病と間違えやすい病気とは?

  • 症状によって、白血病と間違えやすい病気があるそうです。

  • だるい、疲れやすいといった症状のときは、こんな病気である場合も。

  • 貧血や糖尿病、自律神経失調症、悪性リンパ腫など。
    また、高熱や悪寒、のどの痛みがみられるときは、敗血症の場合も。

  • こんな闘病記は、大切な記録です。

  • 同じ病と戦う人にとって、これほど心強い記事はないでしょう。

  • 白血病について学ぶ機会も確実に増えています。

  • Q&Aセッション「もっと知ってほしい慢性骨髄性白血病のこと」 - YouTube

  • 知ることが、治療への第一歩なのです。