これでママも安心!赤ちゃんに安眠してもらう方法

赤ちゃんに安眠してもらうとお母さんも安心ですし、ストレスが溜まりません。今回は赤ちゃんに安眠してもらう方法をまとめてみました。

view335

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 入浴させる

    人は、体温が上がった状態から下がるときに眠気を感じます。そのため、 就寝前に入浴で体温を上げておくことが寝付きをよくするためにとても効果的です。ただし、 あまりに熱いお湯ですと逆に体が覚醒してしまいますので、少しぬるめのお湯にゆったりつからせることが大切です。
    出典 :寝てくれない赤ちゃんを寝かしつける4つの法則と6つの安眠グッズ | iGotit
     

    これは大人と一緒ですね。

  •  

    程良い温度で入浴させましょう。

  • Swaddling スワッドリング

    赤ちゃんをタオルなどでぐるぐる巻きにしてあげること。赤ちゃんはお母さんの子宮の中で適度に締め付けられていたので、何も締め付けられない状態ではすごく不安になるようです。むしろ体全体を包み込むような密着感があると安心します。赤ちゃんを巻く時には専門家に指導を受けることをお勧めしますが、赤ちゃんの腕を下げた状態で、上半身を若干きつめに、下半身をゆったりするように巻いていきます。薄手のタオルを使い、苦しがるほどキツク巻き過ぎないように注意します
    出典 :赤ちゃんを安眠させるための5つの方法 | ブログでキッズプレイス
     

    子宮の中と同じ状態を作り出すのですね。

  •  

    こうやるようが眠りやすくなるらしいですね。ホント不思議です。

  • Swing スイング

    小刻みに揺らすこと。赤ちゃんは揺らされると羊水の中で揺れている感覚を思い出します。お子さんを車に乗せてドライブするとよく眠りますが、これは、子宮の中の羊水の中で揺れている感じに似ているからではないでしょうか。注意点として泣きやんだり、喜ぶからと言って強く揺するのは絶対に良くありません。また小刻みに揺する場合も長時間(ある例では15分以上)続けることは禁物です
    出典 :赤ちゃんを安眠させるための5つの方法 | ブログでキッズプレイス
     

    小刻みに短時間するのがコツのようです。

  • とっておきの小技があって、「耳元でシーシーとリズミカルにささやく」というもの。これは、そう、ママの胎内音です。胎内音を妊娠中の検診時に耳にしたことがあると思いますが、血流音がシューシューと、心臓の音がゴウンゴウンと、さながら工場の中のように騒がしく聞こえたと思います。赤ちゃんはずっとその音の中で過ごしていたので、似たような音を聞くと安心するんです。心臓の心拍数と同じようなリズムで、ささやくのがコツ。生まれて間もないほど効果があります
    出典 :ひとり寝 安眠トレーニング
     

    音も赤ちゃんの安眠のための重要な要素です。

  • 赤ちゃん 寝る 音 ホワイトノイズ - YouTube

     

    実際にこういう音で赤ちゃんは安眠できるようです。

  • 読み聞かせ

    絵本などを読んで聞かせるのが良いでしょう。赤ちゃんの心を落ち着かせて、リラックスさせてくれます。5分程度でも十分効果があると思います。子守歌を聞かせる、体をさする、 頭をなでるなども同様の効果があり、おススメです。
    出典 :寝てくれない赤ちゃんを寝かしつける4つの法則と6つの安眠グッズ | iGotit
     

    言葉が分からなくても、優しく語りかけることで眠りの落ちるようです。

  •  

    優しい声で読み聞かせるのがポイントです。

  • Sucking サッキング
     
    口で何かを吸うことです。子宮にいる時でも赤ちゃんは自分の指をしゃぶっています。これは生まれた時にお母さんの乳首を吸う練習だと言われています。どうしても泣きやまない時はおしゃぶりが役に立ちますが、癖になるのでご注意を…。
    出典 :赤ちゃんを安眠させるための5つの方法 | ブログでキッズプレイス
     

    癖にならない程度に吸わせるのが良いでしょう。

  •  

    指をしゃぶるのも悪いことばかりでは無いのですね。

  • 眠くなると赤ちゃんは手足が温かくなって教えてくれます。適度な温度上昇が必要なので、本能的に泣くことでそれを果たす赤ちゃんもあると思います。親の側も、体温の上昇を助ける意味で、ほんの少し保温に留意してあげましょう。涼しすぎる部屋は発汗を妨げますので体温の上昇がスムーズにいかなくなります。涼しすぎるかなと思ったら少し布団を掛けて汗を誘発するくらいでちょうどいいです。一定の上昇があると眠りのためのスイッチが入ります。
    出典 :ひとり寝 安眠トレーニング
     

    温度調整も安眠には必要不可欠です。

  • 髪の生え際

    赤ちゃんの髪の生え際あたりを指でやさしく撫でていると、殆どの赤ちゃんはなぜか眠くなるようです。

    試してみる価値はありそうです。
    出典 :熟睡できる赤ちゃんの安眠のツボと注意点 | 安眠を生み出す7つの条件
     

    これで眠ってくれるのなら楽で良いです。

  •  

    優しくなでてあげて下さい。

  • 眉毛

    眠りそうでいて、なかなか眠らない時は、是非眉毛から、眉間のあたりをそっと撫でてみてください。

    鼻の先から眉間にむけて、指ですーっと撫でることを繰り返していると目が自然と閉じてしまうので、そのまま眠ってしまうことが多くあります。

    また、眉毛をなぞるのもとても効果的です。
    出典 :熟睡できる赤ちゃんの安眠のツボと注意点 | 安眠を生み出す7つの条件
     

    これも意外ですね。眉毛あたりを触ると眠れなくなると思っていましたが、逆なんですね。

  • 寝具選びにおいても重要になってきます。

    敷布団は適度に固く決して柔らかすぎないものを選びましょう。その上に敷くシーツも肌触りが柔らかいものが良いでしょう。
    毛布や肌布団、掛け布団については直接赤ちゃんにかけるものなので、重すぎないものを選びたいものです。
    出典 :赤ちゃんの安眠について | 子育て育児のコツ
     

    寝具によっても安眠できるかどうかは変わってきます。