飲み会シーズン気をつけて【急性アルコール中毒】の治療とは

最近の若者はあまり飲酒しないと聞きます。私が学生の頃には"イッキ"と言う文化があってw 急性アルコール中毒の話題は不謹慎ながら身近なものでした。でも当事者経験はないのでその先にある治療の事は全く知りません。そう言えば老人の急性アル中の話は聞きませんね。普段飲まない人ご注意だよ!まとめてみました。

view613

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 急性アルコール中毒の原因

  • 急速に飲酒すると中毒症状が出現する前に大量に摂取してしまい、その後血中濃度が著しく高まって、重症化してしまいます。この典型例が「一気飲み」です。
    出典 :急性アルコール中毒|e-ヘルスネット[情報提供]
  • また、血中濃度が急激に上昇することで数値以上に中毒症状を来しやすいこともあります。短時間に日本酒5合またはビール中ビン5本以上飲んだ場合に0.4%を超える危険があるとされています。
    出典 :急性アルコール中毒|e-ヘルスネット[情報提供]
  • 急性アルコール中毒とは

     

    意識障害とともに運動失調や嘔吐を伴い、生命の危険があるような状態を急性アルコール中毒とするようになりました。

  • どうゆう状態か

     

    アルコール血中濃度0.15%以上であり、特に0.4%以上では死に至る危険性が高く、意識レベルが低下するとともに、激しい嘔吐、低体温、血圧低下、頻脈、呼吸数減少、尿・便失禁などの症状が出てきます。

  • 最悪、死に至る。

  • さらにアルコール血中濃度が上がると、昏睡から死に至ります。それより低レベルの中毒でも、吐物を喉に詰まらせ、窒息死することもあります。
    出典 :急性アルコール中毒|e-ヘルスネット[情報提供]
  • 急性アルコール中毒になりやすい人とは

  • 断れない人、ノリが良い人、空気読む人

     

    上司、年長者、周囲のすすめを断り切れず、ないしは面白がって「一気飲み」するような状況が生じやすいのです

  • 飲酒すると顔が赤くなる人

     

    2型アルデヒド脱水素酵素が低活性タイプの人(飲酒すると顔が赤くなりやすい人)はアルコール代謝速度も遅く、中毒が重症化しやすいと考えられますが、正常活性タイプの人にも生じます。

  • 救急車で運ばれて、どんな治療をするの?

  • 点滴

     

    医療機関では全身状態のチェック、頭部外傷や低血糖の有無の検査をしつつ、呼吸不全への対処、点滴による水分、糖、ビタミンBなどの補液をおこないます。

  • 意識がない、場合は

  • 胃洗浄と下剤

     

    泥酔に起因する昏睡若しくは意識混濁を見る場合は、胃洗浄と共に下剤が用いられます。

  • 重症化したら

  • 人工呼吸

     

    重症例で昏睡の場合には、気管内挿管を行い、必要に応じて人工呼吸を行います。

  • 入院する場合も少なくない

  • 妻の急性アルコール中毒の入院費が7万円でした(3割負担で)。
    あまり飲めないのに、強引にすすめられたようで、救急車で運ばれ、処置をして頂きました。

    出典 :妻の急性アルコール中毒の入院費が7万円でした(3割負担で)。 - Yahoo!知恵袋
  • お酒は20歳になってから!

     

    大人は自己管理しながら楽しくね♫