習慣にしたいスキンケアとは?

習慣化したいスキンケアはいっぱいあると思いますが、今回はそういうものをまとめてみました。

view236

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 毎日肌の調子をチェックしよう

    お風呂に入った後のスキンケアなどで肌の状態をチェックする人も多いかと思いますが、 お肌の調子が一番気になるのは朝の化粧前ではないでしょうか。 忙しい朝は、ついつい肌荒れが気になりつつも、仕方なく普段通りのメイクをしてしまいがち。 肌荒れを起こしていたら、化粧前にケアすることが大切です。吹き出物が出ていたら、「オロナイン」などの軟膏で炎症が悪化しないようにすること。 かさつきが目立つ部分には、化粧水を多めに使ったり、集中ケア用の美容液を使ったり、コットンを使って3分パックするなどします。 また、油分が気になる時は、ファンデーションを塗る前におしろいを顔全体に使用してみてください。
    出典 :美肌を作るための生活習慣とは?~美肌スキンケアの方法~
     

    まずはチェックする習慣をつけることですね。

  •  

    チェックは朝のメイク前が一番良いみたいですね。

  • スキンケアを行う場所としてお風呂が最適です。
    お風呂で半身浴などをしながらゆっくりと身体をあたためることで、肌は柔らかくなり毛穴が開いてきます。



    その時にマッサージクリームをつかって肌をゆっくりとマッサージすることを習慣づけると、肌はツルツルになります。



    古い角質はマッサージともに落ちていきますし、マッサージ効果で顔周りの血行が良くなり肌の色が明るくなります。
    くすみなどを気にしている方にはおすすめです。
    出典 :スキンケアに毎日簡単な習慣を
     

    毎日入浴中にやるのが効果的です。

  •  

    お風呂でゆっくりしながらやるのがよいのですね。

  • 入浴中・入浴後のタオルケアは、強くしすぎない

    お風呂に入る時に、垢すりタオルで

    体をゴシゴシ磨いているような人もいるかと思います。

    タオルでこすりすぎると、皮膚のバリア機能が低下してしまうそうです。

    タオル、もしくはボディブラシで体をこすりすぎないこと。

    皮膚に傷がついてしまうと、一気にうるおい成分が溶け出して、

    乾燥しやすい体質になってしまうそうです。

    普段からタオルでゴシゴシこすって垢を落としているような人は、

    その習慣を見直してみましょう。
    出典 :入浴後の15分のスキンケア習慣が、美肌を作る | 30代からのアンチエイジングライフ
     

    体をこするのは気持ち良いのですがやり過ぎてはダメみたいです。

  •  

    お肌の事を考えるならば、やり過ぎないようにしなければなりませんね。

  • 化粧水で潤い 美容液で栄養を与えたら

    逃がさないように 乳液やクリーム でふたをします。

    両方塗る人、片方の人がいると思いますが、

    私はクリームのみです。

    乳液だけだとふたの役割が弱く、乾燥しがちになってしまうんですよね。

    でも、両方つけるのは面倒。ちょっとだけ手抜きしています。

    クリームだとしっかり閉じ込めている実感がありますし、

    なんといっても感触が気持ちいい。

    好みや肌の状態に合わせて臨機応変に切り替えていくのもいいでしょう。


    30歳を過ぎたら高保湿のクリームを使いたいものです。

    潤いを逃さず、しわを寄せ付けない肌を目指したいですね。
    出典 :スキンケア習慣~美肌への道~
     

    これは人によって意見が分かれますね。

  •  

    若いうちから保湿には注意しましょう。

  • お肌の保湿機能の要(かなめ)となっているのは角質層。その角質層のなかで、さらに要となっているのは細胞間脂質。

    これが何らかの要因で減ると、肌のうるおい力が落ちたり、外的刺激から守る力が落ちます。そうなると肌が荒れ、ガサガサしたり乾燥したりするのです。

    そういう時は、適度に油分(脂分)を補うことをオススメします。なかでも、細胞間脂質を構成しているセラミドや、その代わりをしてくれるものが効果的ですよ(^ ^)
    出典 :キレイが続く、スキンケア習慣|トータルスキンケアアドバイザー上村晃一郎(Uemura Koichiro)のブログ
     

    あくまで適量を補給しましょう。

  •  

    セラミド以外にも良い物はありますので、自分にあったものを探してみましょう。

  • 肌の老化予防には、ビタミンA、B、Cが有効です。

    ・ビタミンA
    化粧品などにはレチノールという物質として配合されています。
    人間の体内にある物質で、コラーゲンを増やして小じわやしみを改善させる効果があります。
    ただし、つけ過ぎると逆に皮膚を乾燥させてしまうので、乾燥肌になってきたら使う量を
    減らしたり、部分的につけるようにしましょう。

    ・ビタミンB
    ビタミンB群の中でも、ビタミンB3(ナイアシン)にはコラーゲンを増やして、
    肌にハリを与えてくれるアンチエイジング効果があります。
    肌への刺激が少ないので、敏感肌の方のアンチエイジング・スキンケアには、とても
    使いやすいのが特徴。

    ・ビタミンC
    ビタミンC誘導体(リン酸アルコンビン)は、皮膚に吸収されやすく、コラーゲン増加、美白
    などの効果があります。
    ただし、化粧水をつけると乾燥しやすいので、保湿で補うことも忘れずに。
    また、ビタミンCは体内でコラーゲン増加を助ける作用もあるので、積極的に摂取しましょう。
    出典 :【40代:お肌のために今すぐ始めるべきこと】 -症状や対処法など家庭の医学情報- カラダノート
     

    ビタミンは積極的に取るようにしましょう。

  •  

    野菜などから摂取するのが理想ですが、サプリでも構いません。

  • ・肌は睡眠中に主に再生するので、毎日最低6時間の睡眠時間を確保する。
    ・質の良い睡眠のためには、昼間に適度な運動をする、夜にパソコンなどの脳を刺激するようなものを見ない、といったことが大切。
    ・毎日同じ時間に就寝する。
    出典 :お肌のための睡眠で大切なのは“最初の三時間” -症状や対処法など家庭の医学情報- カラダノート
     

    しっかり睡眠をとることも、立派なスキンケアです。

  •  

    睡眠が一番重要なのかもしれません。

  • 気分よく毎日を過ごすための工夫をしましょう。

    ちょっとくらい嫌なことがあっても、笑って乗り切れるくらいのモチベーションを保っていたいと、誰もが考えていると思います。 低血圧のせいで朝はなかなかテンションが上がらない人もいるかもしれませんが、病は気からという言葉がある通り、 気持ちをポジティブに保つことで、疲れ知らず、ストレス知らず、病気知らずになることも出来るのです。 私は自分の生涯のラッキーカラーを黄色だと決めて、とにかく黄色を見たら「あ!ラッキーがある!」と思うようにしています。 それが標識の色であろうと、車の色であろうと、消火栓であろうと、ポスターであろうと構いません。 すると、黄色を見るだけで笑顔になれるようになりました。
    出典 :美肌を作るための生活習慣とは?~美肌スキンケアの方法~
     

    ストレスもお肌には大敵です。