新型インフルエンザウイルスの恐怖と予防策

新型に限らずインフルエンザウイルスは怖いものです。その恐怖と今日から始められる予防法についてまとめました。

view323

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • インフルエンザ・新型インフルエンザに関するQ&A

  • Q.1: インフルエンザと普通の風邪はどう違うのですか?
    一般的に、風邪は様々なウイルスによって起こりますが、普通の風邪の多くは、のどの痛み、鼻汁、くしゃみや咳などの症状が中心で、全身症状はあまり見られません。発熱もインフルエンザほど高くなく、重症化することはあまりありません。
    一方、インフルエンザは、インフルエンザウイルスに感染することによって起こる病気です。38℃以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛など全身の症状が突然現れます。併せて普通の風邪と同じように、のどの痛み、鼻汁、咳などの症状も見られます。お子様ではまれに急性脳症を、ご高齢の方や免疫力の低下している方では肺炎を伴う等、重症になることがあります。

    Q.2: インフルエンザはいつ流行するのですか?
    インフルエンザは流行性があり、いったん流行が始まると、短期間に多くの人へ感染が拡がります。日本では、例年12月~3月頃に流行します。

    Q.3: インフルエンザと新型インフルエンザはどう違うのですか?
    A型のインフルエンザはその原因となるインフルエンザウイルスの抗原性が小さく変化しながら毎年世界中のヒトの間で流行しています。これを季節性インフルエンザと呼んでいます。時として、この抗原性が大きく異なったインフルエンザウイルスが現れ、多くの国民が免疫を獲得していないことから全国的に急速にまん延することによって、国民の健康と生命、生活に、場合によっては医療体制を含めた社会機能や経済活動にまで影響を及ぼす可能性があるものを新型インフルエンザと呼んでいます。直近では、新型インフルエンザは、大正7(1918)年(スペインインフルエンザ)、昭和32(1957)年(アジアインフルエンザ)、昭和43(1968)年(香港インフルエンザ)、平成21(2009)年(インフルエンザ(H1N1)2009)に発生しました。しかし、世界に流行が拡がり、多くの国民が新型インフルエンザに対して免疫を獲得するにつれ、このような新型インフルエンザも、季節的な流行を繰り返すようになっていきました。インフルエンザ(H1N1)2009についても、平成23(2011)年4月からは、季節性インフルエンザとして取り扱われることになりました。
    次の新型インフルエンザウイルスはいつ出現するのか、誰にも予測することはできませんし、平成21(2009)年に流行したインフルエンザ(H1N1)2009とは異なる特徴を持っている可能性があります。

    Q.4: 平成21年に流行した新型インフルエンザは、どうなったのでしょうか?
    平成21(2009)年にインフルエンザ(H1N1)2009ウイルスが流行した時には、人々が免疫を持っていなかったため秋季を中心に大規模な流行がおき、他の型や亜型のインフルエンザウイルスによる患者の発生はほとんどありませんでした。
    平成22(2010)年には、インフルエンザ(H1N1)2009ウイルスに加え、A香港型やB型のインフルエンザウイルスも流行しており、季節性インフルエンザとは異なる時期に大きな流行が発生する等の特別な状況は確認されませんでした。
    このような状況を踏まえ、厚生労働省は、平成23(2011)年3月31日、当時「新型インフルエンザ」と呼ばれたインフルエンザ(H1N1)2009ウイルスについて、通常の季節性インフルエンザとして扱うこととし、対応も通常のインフルエンザ対策に移行しました。

    Q.5: 現在国内で流行しているインフルエンザはどのような種類ですか?
    インフルエンザの原因となるインフルエンザウイルスは、A型、B型、C型に大きく分類されます。このうち大きな流行の原因となるのはA型とB型です。現在、国内で流行しているインフルエンザウイルスは、A/H1N1亜型とA/H3N2亜型(いわゆる香港型)、B型の3種類です。このうち、A/H1N1亜型は、インフルエンザ(H1N1)2009と同じものです。A/H1N1亜型のウイルスの中でも、平成21年より前に季節性として流行していたもの(いわゆるAソ連型)は、平成21年のインフルエンザ(H1N1)2009ウイルス発生後はほとんど姿を消しました。
    これらの3種類のインフルエンザウイルスは、世界中で流行していますが、流行するウイルス型や亜型の割合は、国や地域で、また、その年ごとにも異なっています。日本国内における流行状況の詳細は、国立感染症研究所感染症情報センターのホームページをご覧ください。
    出典 :インフルエンザQ&A|厚生労働省
  • 風邪の症状+38℃以上の高熱が出るのがインフルエンザ。
    最初に発生したウイルスから少しずつ変化したのが新型のウイルスというわけですね。

  • これってもしかして、インフルエンザ?と思ったら

  • 誰でもできる5つのインフルエンザ予防法

  • 【予防法1】緑茶を飲む!そしてヨーグルトを食べる!

  • 緑茶を飲むと、インフルエンザに感染する確率が下がるそうです!

    なんと、それも 発症率46%減!

    これは、アメリカの「ジャーナル・オブ・ニュートリション」という栄養学専門誌で2011年に発表された予防法です。

    また、去年「ホンマでっか!?TV」というテレビ番組でも紹介されています。

    さらに、緑茶以外では、ヨーグルトもインフルエンザ対策に効果的のようです!

    ヨーグルトの場合は、カスピ海ヨーグルトや明治乳業の「R-1」というヨーグルトを食べることでインフルエンザの予防効果が向上したという報告があるんです。
    出典 :緑茶を飲めば発症率が4割下がる!?誰でもできる5つのインフルエンザ予防法 | 薬剤師ネット 公式ブログ
  • 【予防法2】室内を50~60%の湿度に保つ!

  • あなたのお部屋は乾燥していませんか?

    インフルエンザを予防するためには、適度な湿度の保持が大切なんです。

    というのも、空気が乾燥すると、のどの粘膜の防御機能が低下し、インフルエンザにかかりやすくなってしまうからです。

    一方で、湿度が50~60%程度になると、ウイルスの不活化率が高まり、感染しにくくなると言われています。

    ですので、室内の湿度を適度な湿度(50~60%)に保つことがインフルエンザの感染予防に効果的なんです。

    乾燥しやすい室内では、加湿器などを使い、適度な湿度を保持しましょう。
    出典 :緑茶を飲めば発症率が4割下がる!?誰でもできる5つのインフルエンザ予防法 | 薬剤師ネット 公式ブログ
  • 【予防法3】タンパク質とビタミン摂取で免疫力を強化する!

  • 食事の栄養バランスに気をつけていますか?

    バランスの取れた食事は、体の抵抗力を高めてくれますので、インフルエンザの感染予防にもなります。

    特に、タンパク質とビタミンは、体内の免疫細胞を作ってくれると言われていますので、積極的に摂取しましょう。

    タンパク質が多い食べ物は、アジ、サバ、サンマ等の魚類や肉、卵、牛乳などです。

    ビタミンは、トマト、パプリカ、ほうれん草、大豆、アーモンドなどで摂取できます。

    タンパク質とビタミンの摂取で、体の免疫力を高め、インフルエンザにかかりにくい体をつくりましょう。
    出典 :緑茶を飲めば発症率が4割下がる!?誰でもできる5つのインフルエンザ予防法 | 薬剤師ネット 公式ブログ
  • 【予防法4】帰宅後はうがい・手洗い!基本の基本は絶対に抑える!

  • うがいと手洗いを侮っていませんか?

    うがいと手洗いは基本中の基本ですが、とても大切な予防法なんです。

    インフルエンザが流行するとインフルエンザウイルスが至る所に付着しています。

    特に、多くの人の手が触れるドアノブや電車の手すりなどは要注意。

    とはいえ、外出先ではいろいろな物に手を触れてしまいがちですよね。

    ですので、うがいと手洗いは、外出から帰宅した際に、付着してしまったウイルスを物理的に除去するために有効な方法なのです。インフルエンザだけでなく、一般的な感染症の予防にもなりますので侮ってはいけません。

    うがいと手洗いは欠かさず行い、ウイルスをしっかりと洗い落としましょう。
    出典 :緑茶を飲めば発症率が4割下がる!?誰でもできる5つのインフルエンザ予防法 | 薬剤師ネット 公式ブログ
  • 【予防法5】人混みや繁華街への外出を控える!マスクは常備!

  • インフルエンザの主な感染経路は、咳やくしゃみを通した飛沫感染と言われています。

    ですので、インフルエンザが流行してきたら、必然的に感染率が高くなる人混みや繁華街への外出は避けたいところです。

    特に、疲労気味、睡眠不足の方は体の免疫力も低下している可能性がありますので、注意が必要です。


    とは言うものの、通勤通学時の電車の中やスーパーでの買い物時など、外出中にやむを得ず人混みに入ることもあると思います。

    そんなときは、できるだけ感染率を抑えるためにマスクの着用をお勧めします。

    そのためにも、この時期はマスクを常に携帯しておきましょう。
    出典 :緑茶を飲めば発症率が4割下がる!?誰でもできる5つのインフルエンザ予防法 | 薬剤師ネット 公式ブログ
  • インフルエンザに関する最新情報はこちらでチェック!