脳ドックを受けたいけど…費用ってどのくらい?病院によってちがうの?

検査を受ける上で気になるのは費用。脳ドックの費用はどのくらいするのでしょうか。そもそも脳ドックってどんなもの?

view418

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 病院によってちがう!脳ドックの費用

  • 脳ドックの料金はクリニックによって異なります。もちろん検査内容によっても脳ドックの料金は上下しますが、病院やクリニックによってもかなり違うようです。

    そんな脳ドックは、病院やクリニックの案内によると、コースによって3万円を切るところもあれば、7万円以上かかるところもあって本当にまちまち。受診する前に複数の病院を比較・検討されることをお勧めします。
    出典 :脳ドック料金ガイド
  • 費用と正確性は比例する?

  • 費用の高額さと検査の正確性は比例しません。

    費用が高い病院は安全だと、安易に考えてしまうのは危険です。検査の正確性は、病院の良し悪しで決まります。料金の高い安いに惑わされてはいけません。
    出典 :脳ドック費用・料金
  • 脳ドックに保険は適用できる?

  • 脳ドックの料金への保険の適用は、例えば健康保険なら居住している市町村によって適用される場合とそうでない場合があります。そして、生命保険ももちろん、保険会社によって適用としているコース、そうでないコースがあり、脳ドックの料金が変わりますので事前に確認されることをお勧めします。
    出典 :脳ドック料金ガイド
  • 脳ドックの種類と特徴

  • 脳ドックにはいくつかの種類があります。それぞれの特徴をふまえた上で検査を受けましょう。

  • CTとは?

  • CTも、MRIと同じく体を輪切りにした画像を写し出す検査です。MRIとの大きな違いは、エックス線の利用です。MRIはエックス線を使いませんが、CTではエックス線を使って画像を作るため、人体に影響の無い程度の被ばくがあります。
    出典 :MRI検査とMRA検査とCT検査:脳ドックを受ける前にご覧ください~脳ドック 命を守る自己検診~
     

    CTは所要時間の短さが特徴。数十秒で終わります。
    閉所恐怖症の方には向いているでしょう。

  • MRIとは?

  • MRI

     

    トンネルの中に入り脳内を撮影します。
    病院にもよりますが20~30分程度かかるようです。
    ペースメーカーや貴金属を身につけていると使用できません。

  • MRI検査は脳を切開する必要もないため、短時間で安全に終了します。造影剤 を使うことも無いため、大きな副作用・危険性は無いと言われています。

    MRIを使った検査は、誤診率が低いことで有名です。脳内部を画像で正確に 再現できるようになったため、誤診率は低下しました。
    出典 :脳ドックの基礎知識
  • MRAとは?

  • MRIと同じ機器を用いるMRA(磁気共鳴血管撮影)は、血管のみを立体的に抽出した検査で、血管のようすがわかる立体画像を作ることが可能です。血管のみを抽出することで、血管の狭窄や梗塞などによる血流異常、くも膜下出血、脳動脈瘤の有無などが一層わかりやすくなります。
    出典 :脳ドックの選び方(検査の種類と比較) | 人間ドックのここカラダ
     

    MRIと同じく、ペースメーカーや金属を付けていると受けられません。

  • 頸動脈エコー(超音波)とは?

  • 頸部に超音波をあてて、頸動脈を観察し、血管壁の厚み、血流の速さ、狭窄の有無などから血液の流れや動脈硬化の程度などをみる検査です。頸部には、脳や顔の組織に血液を送る動脈が複数通っており、頸動脈の状態を調べることでそれぞれの動脈の状態を知る手がかりとなります。
    出典 :脳ドックの選び方(検査の種類と比較) | 人間ドックのここカラダ
     

    医師や技師の腕によるところが大きいようです。

  • 脳ドックも100%正確ではない

  • MRI検査のような最新医療機器を使ったとしても、病気の有る無しを判断する のは人間です。脳内部を撮影した写真を肉眼で確認する方法で判断します。脳 の断面図を見ての判断は難易度が高いため、誤診もあります。
    出典 :脳ドックの基礎知識