本当にうつになってしまったあなたへ。うつ病治療の最先端とは?

うつになってしまった場合の、治療法についてお話させていただきます。

view475

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • さて、最近、「うつ」とか「そううつ」ってよく耳にしませんか?

  •  

    深刻な状態になると、自らの命も断ってしまうという、うつ。

  • 実際に、うつとはどういう症状のことを指すのでしょうか?

  • うつ病での『うつ状態』というのは、“物事に対する関心や取り組む意欲が失せて何もする気が起こらない状態が一日中ずっと、ほとんど毎日、2週間以上にわたって続いた状態”をさします。また、「眠れない」「食べられない」などさまざまなつらい症状も伴うため、日常生活に大きな支障を来したりするようになります。
    出典 :うつ病とは|うつ病、うつ状態|MSD
     

    眠れなかったり、食事ができないのはつらいですよね。筆者も経験があるので、苦しさはわかります。

  • けっこう多くの人が罹患しているという調査結果があります。

  • うつ病は、誰にでも起こりうる病気です。厚生労働省の調査(平成14年度)によれば、わが国では20歳以上の人の約7.5%( およそ13人に1人)が、その調査の時点までに、一度はうつ病を経験したことがある、と報告されています。世界でも人口の3~5%の人がうつ病だといわれており、この数字をあてはめると日本でも600万人以上の人がうつ病にかかっていると考えられます。しかし、実際に治療を受けている人は、そのうちの25%程度とされることから、うつ病患者さんの4人に3人は適切な治療を受けていないというのが実情のようです。また、うつ病に悩む人の多くは、専門の精神科ではなく、まずは、一般の内科などを受診しているという調査結果もあります。
    出典 :うつ病とは|うつ病、うつ状態|MSD
     

    あなただけが苦しんでいるわけではありません。

  • 具体的な治療についてです。

  • うつ病の治療はどのように行われるのですか?

    抗うつ薬などによる「薬物療法」と「休養」を2 本柱として、必要であればその他の治療法も組み合わせて行われます。
    出典 :うつ病の治療|うつ病、うつ状態|MSD
     

    基本的に、まじめでがんばり屋さんが多く罹ってしまうので、休養というのは必須かもしれませんね。

  • うつというのは、気合いや根性で治るものではありません。

  • うつ病は、脳の中にある神経伝達物質の働きにまで異常を来している“病気”なので、「気の持ちよう」だけで治すことはできません。うつ病治療には、神経伝達物質のバランスを改善し、機能を回復させるきがある「抗うつ薬」と呼ばれるお薬などが必要になります。
    出典 :うつ病の治療|うつ病、うつ状態|MSD
     

    きちんとした手順で治療を行っていく必要があります。

  •  

    周りにどう言われようとも、うつになってしまったら、治療・休息が必要なのです。

  • 休息をとることが、もっとも大切なことであることは間違いありません。

  • うつ病を治療する上で「十分に休養をとること」も欠かせません。なぜなら、うつ病になると判断能力や物事の処理能力が落ちてしまうため、普段なら簡単にできることができなかったり、いつもより何倍もの労力が必要になったりして、心身ともにとても疲れた状態になってしまっているからです。
    出典 :うつ病の治療|うつ病、うつ状態|MSD
     

    ゆっくりと、心と体を休めることが必要です。

  • 休むことは怠けることにはなりません。疲れきった心を、ゆっくりさせてください。

  • 休みの間は、何もしないでぼーっとするのが一番です。気兼ねなくのんびりごろごろできれば、それが回復への近道です。間違っても「自分はこんなに怠けていていいのだろうか」などと気に病んだり自分を責めたりしないようにしてください。「休むことが治療」であり、「病気を治すため」にごろごろしていることをしっかり認識しましょう。
    出典 :十分な休息をとる|うつ病の治療
     

    「ごろごろしてる」と怒るようなやつの言うことは無視しましょう。

  • 薬物治療はどんなふうに行われるのでしょうか?

  • うつ病の治療に用いられる抗うつ薬には、さまざまな種類があります。医師は、患者さん一人ひとりの症状に合わせ、効果と副作用のバランスをみながら患者さんに合ったお薬の種類と量を見極めていきます。

    お薬は医師に決められた通りに、正しく服用してこそ十分な効果が得られ、安全性も高まります。自分でよくなったと思っていてもまだ本調子ではないことも多いのです。自己判断で急に服用を中止したりすると、症状がかえって悪化したり、うつ病をこじらせる原因になったりします。医師の指示を守って服用し、少しでも心配なことがあれば、医師や薬剤師に相談しましょう。
    出典 :うつ病の治療|うつ病、うつ状態|MSD
     

    まちがっても、他人の薬は飲まないようにしましょう。

  • 実際には、セロトニン系の薬を処方されることが多いようです。


  •  昨今のうつ病治療で主流なのが,SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)や,SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)を第1選択薬として,投薬治療します.これらの薬は,抗うつ作用が強く,副作用が少なく,速効性があるというものです.ちなみに薬名をあげますと,SSRIとしてはデプロメール,ルボックス,パキシル,ジェイゾロフト,SNRIとしてはトレドミンが日本でも承認されています.
    出典 :うつ病治療.comのお薬一覧表
     

    ルボックスはよく聞く名前ですね。

  • うつは必ず治ります。まずは、ゆっくりと休息をとることから始めましょう。