もしかしてうつ病かも?自分でできるチェックと対策

何だかダルくてやる気が出ない・・・これってひょっとしたらうつ病?

view871

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 症状とは?

  • 何に対しても意欲がわかなかったり、思考力や判断力が低下して、日常生活を送る上で支障をきたすようになる心の病気です。

    あらゆることに意欲がわかなくなってしまいます。

    うつ病は、心配や過労、ストレス、孤独感などが引き金となって起こる病気で、ストレス社会の現代では、およそ10~15人に1人がうつ病になるともいわれています。
    出典 :うつ病(鬱病)の症状・特徴・兆候チェック【松尾病院】
     

    10人~15人に1人がなるかもしれない病気なのですね。

  • 症状をチェックしてみよう

  • 脳の中の変化

  •  

    うつ病はこころとからだを活性化するセロトニンやノルアドレナリンといった脳内神経伝達物質の減少によって引き起こされると考えられています。

    出典:UTU-NET
    http://www.utu-net.com/utur/treat02.html

  • セロトニンを摂るための食材

  • うつ病による不眠

  • うつ病発症の初期の段階から症状が現れることが多く「早朝覚醒」が特徴的で、また就寝後2、3時間経ってから目が覚める「中途覚醒」も増えてきます。
    出典 :鬱病(うつ病)による不眠症
     

    眠れない日々が続く場合は、医師の診察を受けましょう。

  • お風呂で体を温めよう!

  • お風呂には副交感神経を刺激してリラックスに導く効果があり、就寝2、3時間前に入ると安眠しやすくなります。
    出典 :薬に頼らないうつ病克服
     

    入浴でリラックスしてゆっくり眠ろう♪

  • 食事や運動をとりいれる

  • 栄養のバランスの取れた食事、運動は心身の健康を高め、ストレスへの耐性を高めます。

    食事・運動といった生活面にも是非、注意を払いましょう。
    出典 : [うつ病] All About
     

    日々の生活を見直すことも大切。

  • ネバネバ食材を食べる!

  • うつ病予防には納豆やオクラ、長芋などのネバネバ食材が効果があります。

    ご飯が消化されるスピードが遅くなり、血糖値がやや低めになるからです。
    出典 :「うつ病」食べて治す!ネバネバものに予防効果
     

    なるべくネバネバしたものを食べよう♪

  • 納豆

     

    納豆の中には、活性酸素を分解してくれるダブルの力をもつ酵素が!

    出典:ヘルしる。
    http://herushiru.jp/s/wiki/food/560/

  • 山芋

     

    食べ物を包み込むことで、糖質の吸収速度を抑えるため、糖尿病にも効果があると言われています。

    出典:ヘルしる。
    http://herushiru.jp/s/wiki/food/1939/

  • 糖尿病にも注意が必要

  • 血糖値のコントロールがむずかしくなり、糖尿病の合併症が多くなりますので、うつ病を早期に発見し、適切な治療を受けることが重要です。
    出典 :e-ヘルスネット[情報提供]
     

    血糖値も関係あるのですね。