妊娠中だって綺麗でいたい!肌ケアでトラブル回避!

妊娠中は今までとは体の状況が大きく変わってきます。
お肌もその一つ。
赤ちゃんに栄養が沢山とられるので、お肌のトラブルだって起こります。
肌ケアをしっかりしておきましょう。

view516

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠中はお肌にもダメージが

  • 妊娠したらキレイになったという女性がいる一方で、さまざまな肌トラブルが起きるという女性もいます。これは妊娠によりホルモンのバランスが変化し、その影響で体質が変化していくためです。
    出典 :妊娠中に起こるさまざまな肌トラブル | スキンケア大学
  • 妊娠中にお肌が綺麗になった人もいるなんて羨ましいです。産後はお肌が綺麗になった方は結構いらっしゃるみたいですよ。

  • かゆみや湿疹が起こりやすくなる

  • 妊娠中はあちこち痒い!

     

    顔も体も、あちらこちらが痒くなります。

  • よくある症状の一つがかゆみ。妊娠中は汗をかきやすくなるため、かゆみや湿疹が現われやすくなります。その一方で妊娠中のお肌は乾燥しがちなので、乾燥がかゆみを増加させます。常に清潔な肌を保ち、シンプルなスキンケアでしっかりと保湿をすることが大切です。
    出典 :妊娠中に起こるさまざまな肌トラブル | スキンケア大学
  • 保湿は体もしっかりしましょう。お腹の保湿は妊娠線予防にもなりますよ。

  • シミができやすい

  • 妊娠中は普段以上に紫外線対策を

     

    赤ちゃんを産んだ後はシミだらけ!なんていうことも…

  • 妊娠するとシミが目立つようになったという女性も少なくありません。これは妊娠により増加した女性ホルモンエストロゲン、プロゲステロンがメラニン色素を生成するメラノサイトという色素細胞を刺激する作用があるからだと考えられています。妊娠してこれらのホルモンが増えると、メラニン色素も増えて色素沈着が起こりやすくなるため、ちょっとした刺激でもシミになりやすくなっているのです。
    出典 :妊娠中に起こるさまざまな肌トラブル | スキンケア大学
  • 妊娠中は紫外線の影響も受けやすくなっていますので、日傘をさしたり日焼け止めを塗ったりしてガードしましょう。将来的には皺にだってなります。

  • 妊娠初期の肌ケア

  • つわりにより匂いに敏感になるため、スキンケアはなるべく無香料のものを使うことをおすすめします。同時に肌がとても敏感になっているため、できるだけお肌にやさしい低刺激性のコスメがベターです。洗顔するときは、スポンジやブラシを使わずに、洗顔料をしっかりと泡立てて優しく手で包み込むように洗うとお肌への刺激が減ります。また保湿には特に気をつけ、たっぷりとお肌にうるおいを与えるようにしてみてくださいね。
    出典 :ひとりで悩まないで!妊娠中、出産後の肌ケアのポイント【妊娠初期編】| Life & Beauty Report(LBR)
  • 妊娠した時からお肌のトラブルは始まっています。まだ症状が出ていなくても、トラブル回避の為にもケアはしっかりと行いましょう。

  • 妊娠中期の肌ケア

  • シミや肝斑(かんぱん)を防ぐためには、やはり紫外線対策を忘れないようにしましょう。日やけ止めクリームはもちろん、帽子や日傘などが有効です。またメラニンを排出するために、お肌の生まれ変わり(ターンオーバー)を規則正しくすることが鍵です。そして食生活はもちろんのこと、ストレスマネージメントやよい眠りにつくことが何よりも大事になります。

    ところでターンオーバーを整えるには、これもまた炭酸水がオススメです。朝、便秘解消用に飲んだ炭酸水を利用してみてください。コットンに炭酸水を含ませて5分間コットンパックするだけでお肌の血行がよくなります。炭酸水ケアでお肌を柔らかくすると、古い角質が剥がれやすくなります。メラニン排出を促すにはもってこいの簡単な方法ですのでぜひお試しになってくださいね。
    出典 :ひとりで悩まないで!妊娠中、出産後の肌ケアのポイント【妊娠中期編】| Life & Beauty Report(LBR)
  • 妊娠中は便秘もトラブルの一つ。便秘によってお肌のトラブルを引き起こしやすくもなりますので便秘にも注意しましょう。

  • 妊娠後期の肌ケア

  • 顔のべたつきの解消には、ぬるま湯洗顔をおすすめします。やさしくぬるま湯で拭うように洗います。またはホットタオルを用意して顔にあててもよいです。皮脂が過剰に気になる場合は石けんや洗顔料をよく泡立て、泡でやさしく洗顔してみてください。

    とにかく刺激の少ない、成分のシンプルな化粧品が妊娠中の肌ケアにはおすすめです。とはいえ、いきなり新しいものに切り替えるのではなく、今まで使っていたものなど、自分の肌に慣れているものの方がベターです。
    出典 :ひとりで悩まないで!妊娠中、出産後の肌ケアのポイント【妊娠後期編】| Life & Beauty Report(LBR)
  • 妊娠していると新陳代謝が活発になるので汗をかきやすいですし、皮脂分泌が過剰になってニキビが出来ます。お肌のべたべたは放置せずに丁寧にケアしてくださいね。