薬効のある“ハーブ”・・・「メディカルハーブ」って知ってる?

「香り」や「味」を楽しむハーブでは無く、
病気の予防、治療に使われる“薬草”のことを「メディカルハーブ」と言うそうです。

どんなものなのでしょうか?

view533

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 「ハーブ」と「メディカルハーブ」の違い

  • 香りや味を楽しむ一般的な嗜好品としてのハーブとは異なり、メディカルハーブは病気の予防や治療そして健康増進をサポートしてくれる効果・効能を持った植物のことをさします。つまり、日本人にとって馴染み深いドクダミ草などもメディカルハーブと考えてよいでしょう。

    メディカルハーブは何世紀にも渡り、世界各国でその地域特有の薬草を使った独自の自然療法が育まれてきました。今もなお中国漢方、インドのアーユルヴェーダなど薬草を使った多くの伝統医学が大切に継承されています。

    出典 :メディカルハーブ辞典 | 妊娠・出産・授乳・母乳のハーブ活用 » メディカルハーブとは
     

    「薬草」ってことでしょうか?世界中で発展してきたんですね。

  • メディカルハーブは「自然療法」の一つ

     





    近代医学以外の主に伝統的な療法を代替療法(近代医学の代替案という意味)といいます。その多くには健康管理や病気の予防、治療を行うときに、人の体にもともと備わっている自然治癒力を利用するという共通点があります。これを「自然療法(ナチュロバシー)」と呼び、メディカルハーブもその−分野にあたります。植物と人の関わりは古代人の時代から連綿と続いていますから、最も歴史がある自然療法といってもいいでしょう。

    引用)http://www.medicalherb.or.jp/aboutHerb.html

  • 人気の「メディカルハーブ」

  •  





     エキナセア

  • キク科 和名=ムラサキバレンギク/別名=パープルコーンフラワー

    アメリカ先住民が昔から風邪や歯痛、伝染病などの治療に使ってきたメディカルハーブ。現在、欧米で日常的によく利用されている。

    効能/免疫系の強化、抗ウイルス、抗菌など
    適応/インフルエンザ、膀胱炎といった感染症や炎症に。

    禁忌・注意
    大量に摂ると吐き気やめまいなどを生じることがある。
    出典 :Pickup!メディカルハーブ|病院・薬・サプリメントの情報満載! healthクリック
     

    インフルエンザに?スゴイですね!

  •  





     バレリアン

  • オミナエシ科 和名=西洋カノコ草

    古代ギリシア時代から利用されてきた、神経を静めるハーブ。日本にも江戸時代に“蘭方薬”として渡来している。

    効能/神経の鎮静、入眠作用など
    適応/不眠症、神経過敏のときに。

    禁忌・注意
    大量に摂ると頭痛、気持ちが落ち着かない、倦怠感が生じることがある。また、処方薬などを服用している場合は避けること。
    出典 :Pickup!メディカルハーブ|病院・薬・サプリメントの情報満載! healthクリック
     

    江戸時代には日本でも使われていたんですね。

  •  





     ウッドベトニー

  • 和名=カッコウチョロギ

    中世には邪気や毒気を払うお守りとしても使われたとか。アングロサクソン人が好んだハーブ。育てやすく、ハーブティーにしても味が良いので、ベランダなどで育てても。

    効能/神経の鎮静、消化促進など
    適応/頭痛、神経の緊張や不眠症、肝臓の強化に。

    禁忌・注意
    妊娠中は避けること。
    出典 :Pickup!メディカルハーブ|病院・薬・サプリメントの情報満載! healthクリック
     

    頭痛にも効き、育てやすいそうなので、試してみたいですね。

  • 「メディカルハーブ」をハーブティーで♪

  • 紅茶用ポットを使った淹れ方

     

    紅茶を葉っぱで淹れるときと同じです。耐熱ガラスのポット(紅茶用)に水を入れ、直接、火に掛けて沸騰させます。沸騰させたら火からおろして、ポットの中にハーブティーの葉を入れます。葉の分量は1人につきティースプーン1杯ほどです。その後、ハーブティーの成分が抽出され、お茶が出るまでしばらく待ちます。目安は5分です。たくさん作りたいときはこの方法が便利です。筆者は、たくさん作って、ペットボトルに入れ替えて常温で置いておき、一日に何度も分けて飲むこともあります。特に熱い飲み物を飲む気がしない夏場はおすすめです。

    引用)http://nanapi.jp/102594/

  • ハーブティー用カップを使った淹れ方

     

    ティースプーン1杯ほどの茶葉を付属の網に入れ、その上に熱湯を注ぎ、フタをします。しばらく蒸らして茶葉から薬効成分が抽出されるのを待ちます。目安は5分です。

    引用)http://nanapi.jp/102594/

  • メディカルハーブと近代医学の違い

    メディカルハーブと近代医学との違いもほかの自然療法と同じで「薬」という観点に絞るとそれはもっとはっきりします。近代医学の薬が単一成分なのに対して、メディカルハーブには非常に多くの成分が含まれています。これは、作用が穏やかで、一点集中ではなく全身に作用することにつながります。多くの成分がバランスよく働くからです。
    出典 :日本メディカルハーブ協会 メディカルハーブについて
     

    まさに“自然の力”なのですね。体に優しく効いてくれそうです。

  • 心と体に効果がある「メディカルハーブ」どうでしたか?
    ローズマリーなどもメディカルハーブになるそうです。
    老化防止に効果があるようですので、試してみては?
    一部のメディカルハーブでは、摂りすぎると良くないものもあるようなので、注意してください。