冬用スキンケア対策まとめ

これから冬にかけての季節はスキンケア対策を万全にしたいものですよね。そこで、冬のスキンケアをまとめました。

view400

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 美肌の近道は「夜美容」

     

    美肌になるいちばんの近道をご存知ですか? それは夜寝る前のスキンケア、「夜美容」をじっくりと行うこと。これによって眠っている間に、肌老化の原因になる「乾燥」から肌を守り、お疲れ気味の古い肌から、生まれたての新しい肌に、きちんと「ターンオーバー」させることができるのです。

  • 正しいスキンケア

     

    間違った洗顔や過剰な洗顔は、皮膚の状態を悪化させます。トラブルのある肌はもちろんのこと、健康な肌であってもダメージが加わる可能性があるため、気を付けて行いたいものです。

  • 空気が乾燥しているだけではなく、会社や家庭でも冬には暖房を多く使用することと思います。暖房器具やクーラーの暖房機能を使うことによって、室内の湿度は下がり、より乾燥している状態になっていきます。こういった乾燥からお肌を守ることが冬のスキンケアでは大切になってきます。まずは、冷たい風にあたることで乾燥してしまう肌を守るには、マフラーやマスクを利用することが効果的です。マスクは風邪の予防になるだけではなく、顔を乾燥から守ってくれます。

    出典 :冬のスキンケアについて | 敏感肌と乾燥肌の人のためのスキンケア
     

    マスクも口周りの肌を乾燥から守るのに効果的ですね。

  • 皮脂の分泌量が最も少なくなる冬は、肌が乾燥して肌荒れを起こしやすくなります。特に暖房した室内は空気が乾ききっていて、肌も極度に乾燥しています。乾燥した肌はしわになる原因になります。肌が乾燥するのは油分ではなく水分が不足するためでから、洗顔後は化粧水などでたっぷり水分を補給します。また、美肌づくりのために丁寧な保湿スキンケアを心がけましょう。

    特に乾燥しやすい目や口の周りは、しわやたるみになりやすいところです。コットンなどに化粧水をたっぷり含ませ乾くまで肌にのせておき、その後美容液などでしっかり保湿しましょう。

    唇も乾燥して荒れますのでトリートメント効果のあるリップクリームなどでケアすることが大切です。


    出典 :冬の美肌スキンケア-美肌・スキンケア徹底ガイド
     

    冬は乾燥してしまう前に保湿を繰り返すのが効果的です。

  • 冬のスキンケア

    1.石けんやナイロンタオルで肌をゴシゴシ洗いすぎないように。肌にやさしい木綿のタオルがおすすめ。
    2.お部屋の乾燥は大敵。加湿器などを使って湿度を保ちましょう。60%位が適度です。
    3.刺激の少ない肌着を選びましょう。吸湿性のよい木綿やシルクがおすすめです。
    4.アルコールや香辛料などの刺激物は体が温まり、かゆみがひどくなるので避けましょう。
    5.お風呂上がりや乾燥した時は、ローションやクリームで肌に潤いを補給しましょう。
    6.掻くと症状がひどくなるので、できるだけ掻かないように注意。また、爪は短く切りましょう。

    出典 :乾燥からお肌を守る冬のスキンケア-公益財団法人世田谷区保健センター
     

    冬になると、特にスキンケアには注意深く取り組みたいですね。

  • 室内の場合、湿度を上げる工夫をしましょう。加湿器はもちろん、観葉植物を置いたり、洗濯物を干したり、お湯を沸かしたり・・・暖房による乾燥を防ぐ工夫をすればよいのです。

    それから戸外に出る場合は、肌を保護する工夫をしましょう。帽子やマフラー、手袋、ショールなど、直接肌に冷たい風が当たるのを防ぐ小物を上手に使うのです。このような努力により、スキンケアで補えなかった部分がカバーされるようになります。

    冬の場合、一度傷んでしまった肌の回復には長い時間がかかります。肌の調子に十分注意を払いつつ、保湿と保護に努め、厳しい冬を乗り切りましょう。

    出典 :冬のスキンケア・保湿と保護 | 美肌はこんなに簡単に手に入る
     

    室内では、加湿をこころがけましょう。

  • 肌がカサついてきたと思ったら、保湿化粧品にたよる人も多いことでしょう。でもこれは逆効果。化粧品を長く使い続けていると、肌から自然に出る脂質が分泌されにくくなってしまうのです。週末は何もつけずに肌を休めたり、化粧品を使う量を減らすなど、工夫してみましょう。

     そして肌への影響を考えると、メイクも薄めがベスト。とくに肌荒れしているときには注意が必要です。カサついた肌にファンデーションを塗りつづけていると、頬やほお骨が刺激され、黒ずんでくるなどトラブルが起こることも。

     最近は、エステや家庭で手軽に行っている人が多いフェイスマッサージですが、これにも実は落とし穴が。マッサージや顔面体操で筋肉をひっぱる動きが強いと、やはり角質層をこすり落としてしまいます。シワができやすくなるなど弊害があるので、マッサージは適度に行いましょう。

    出典 :“冬”対策のスキンケア - goo ヘルスケア
     

    スキンケアもやり過ぎは禁物です。

  • 唇の角質層は極めて薄く、さらに細胞間脂質や天然保湿因子(NMF)も少ないのです。そのうえ、皮脂腺や汗腺もないため、皮脂膜の形成ができません。つまり、唇はバリア機能が非常に低く、紫外線や乾燥などの刺激をとても受けやすい部分なのです。健康な肌ならターンオーバーは28日周期とされていますが、唇のターンオーバーはなんと3~5日。それだけダメージの回復も早いので、荒れたかな? と思ったらすぐにケアをしましょう。
    出典 :2/2 カサカサとは無縁!冬のスキンケア決定版 [乾燥肌] All About
     

    冬は特に唇のケアを入念にしないと、すぐにカサカサ唇になってしまいます。

  • 乾燥した空気や暖房でカサカサ乾燥気味のお肌には、水分をたっぷりと補給しましょう。特に行って欲しいのが、化粧水を3回与える方法です。やり方はとっても簡単です。洗顔→化粧水→(浸透タイム)→化粧水→(浸透タイム)→化粧水を行うだけ。浸透タイムは歯磨きをしたり、ボディケアなどをしていれば、時間のないときでも無駄なく過ごすことができます。1回付けるごとに、手のひらでプレスすると浸透力がUPします。
    出典 :カサカサとは無縁!冬のスキンケア決定版 [乾燥肌] All About
     

    冬は、他の季節よりもたっぷり化粧水を使いましょう。

  • 「エモリエント」の意味は、英語で「柔らかくする」ということです。つまり、欧米人は、皮膚は油で柔らかくするという感覚を持っているのです。それに対し、湿気が多く、欧米人に比べて角質層が薄い日本人にとっては、「皮膚は水で柔らかくするもの」という感覚があります。そこで、保湿化粧水を「柔軟」化粧水と呼ぶようになったのです。

    冬こそ、基礎である保湿にしっかり力を入れて、最後に油性成分の多いクリームを少量使いましょう。さらに、ときどき肌細胞の新陳代謝を促すパックを使えば、保湿効果もUPして、理想的な冬肌対策ができます。
    出典 :冬のスキンケア|スキンケア情報|天然セラミドでもっとうるおう。敏感肌・乾燥肌・不安定肌を健やかに。
     

    冬は新陳代謝の促進と保湿に努めたいですね。

  • スキンケア用語には、「モイスチャー」と「エモリエント」ということばがあります。日本では、一般的に「モイスチャー」は水性成分による「保湿」を、「エモリエント」は油性成分による皮膚の「保護」の効果を表します。この順番を間違えると、油性成分が邪魔をして、水性成分が浸透できなくなってしまいます。
    クリームをつける前に浸透力の優れたローションをたっぷり使い、その上にふたをするようにクリームを薄くのばして使うのが、正しい使い方です。

    出典 :http://www.arouge.com/item/skincare.html
     

    正しい順番を覚えましょう。

  • 気温も湿度も低下する、そんな季節こそ、スキンケアの基本を見直しましょう。冬はクリームを使う量が増え、クリームに頼るあまり、基本の水分補給、つまりクリーム以前の保湿がおろそかになる傾向があります。スキンケアの基本である水分の多いローションから、徐々に油性成分の多いクリームをつけてゆくステップをしっかりと守りましょう。

    出典 :冬のスキンケア|スキンケア情報|天然セラミドでもっとうるおう。敏感肌・乾燥肌・不安定肌を健やかに。
     

    水分を補給してから、油分と覚えましょう。

  • 肌を取り巻く環境で、最も注意を要するのが湿度の低下。つまり、「乾燥」です。

    グラフからわかるように、6、7月が1年のうちで最も湿度が高く、12月から2月にかけて低くなります。この時期は、保湿の完全装備が必要です。普段はべたつく化粧品は嫌いだという人も、ある程度、油性の保湿成分を含むクリームが、必須アイテムになります。

    出典 :http://www.arouge.com/item/skincare.html冬のスキンケア|スキンケア情報|天然セラミドでもっとうるおう。敏感肌・乾燥肌・不安定肌を健やかに。
     

    冬は乾燥に要注意です。

  • なぜ、冬の肌は新陳代謝が落ちるのでしょうか。その最大の原因が、末梢血流の低下です。夏はからだを冷やすために、皮膚表面の血流を増やし、汗をかいて熱を放出しようとします。しかし、冬は気温の低下に伴って体温が下がってしまうと、凍死してしまいます。そこで、基礎代謝をアップ、つまりエネルギーを燃やして、体温を維持しようとします。

    皮膚の表面や手足の末端部分は、体温を奪われないように、血液の流れる量を制限します。その結果、皮膚には十分な栄養が行き届かず、肌細胞の新陳代謝が落ちるのです。

    出典 :冬のスキンケア|スキンケア情報|天然セラミドでもっとうるおう。敏感肌・乾燥肌・不安定肌を健やかに。
     

    冬になると、体を冷やさないように対策しましょう。

  • 1年間の肌リズムは、植物の成長に似ています。春から夏の成長する時期と、秋から冬にかけての蓄える時期の2つの期間があります。その繰り返しが年輪のように、肌に刻まれてゆくのです。秋冬は、肌の新陳代謝が低下することから、ハリのない、キメの乱れた、透明感のない肌状態に陥ってしまいます。
    出典 :冬のスキンケア|スキンケア情報|天然セラミドでもっとうるおう。敏感肌・乾燥肌・不安定肌を健やかに。
     

    冬は肌の新陳代謝が低下するそうです。

  • 寒い冬に朝に、冷たい水で洗顔するのはつらいもの。どうしてもお湯で洗顔したいと思ってしまいます。かといって、熱いお湯で顔を洗うのはNG。肌表面には潤いを保つための角質層がありますが、この角質層はとてもデリケートで熱いお湯が苦手。お湯によって、角質層にある天然保湿成分である「NMF」が流れやすくなってしまいます。

    角質層を守りながら洗顔するのに理想的な温度は、35度以下。目安としては、人肌よりややぬるいぐらいです。ただし、肌質によっても適切な洗顔温度は異なりますので、自分の肌の状態を見極めながら、湯の温度を決めるようにしましょう。

    さらには、界面活性剤が入ったクレンジング料も潤い成分を洗い流してしまうため、洗顔料にも注意が必要です。角質層からうるおい成分が流出してしまわないよう、手早く洗顔をして、泡が残らないようにきっちりすすぐようにしましょう。

    出典 :冬のスキンケア - スキンケアの森
     

    冬の洗顔にも気を付けて。

  • 冬の空気は思っている以上に乾燥しているため、ほんの少し外に出ただけでも、風が肌のうるおいを奪い、乾燥してしまいます。

    そんな乾燥をケアするために、冬のスキンケアでは保湿効果の高い化粧品を使うことにばかり意識がいきがちですが、ちょっとした工夫でも乾燥を防ぐことができます。たとえば、マフラーやマスクなどを上手に利用して、冷たい風に顔が直接触れないようにしましょう。また、エアコンの風も肌を乾燥させるため、加湿器や洗濯物、やかんなどを活用して、部屋の加湿を心がけましょう。

    また、冬のスキンケアで実は気をつけないといけないのが、UVケア。たしかに夏と比べると紫外線量は減りますが、冬でも肌には紫外線が降り注いでおり、適切なケアをしていなければ冬でも日焼けしてしまいます。冬のスキンケアにもUVクリームを取り入れ、紫外線対策をしておきましょう。

    出典 :冬のスキンケア - スキンケアの森
     

    冬だからといって、UVケアは必要です。