疲労骨折の症状と治療、テーピング法

中足関節を固定し、足裏のバランスを整えておくと1か月くらいでよくなりますが、固定をしないと長引くので注意が必要です。

view2774

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 箱根駅伝、途中棄権の原因

  • 疲労骨折で途中棄権

     

    2014年1月2日に行われた第90回箱根駅伝の往路で、山梨学院大学は2区のケニア人留学生、エノック・オムワンバ選手(2年)が9・7キロ地点で倒れ込み、無念の途中棄権となった。その原因は疲労骨折でした。

  • 疲労骨折ってなに?

  • 疲労骨折とは、1回の大きな外傷でおこる通常の骨折とは異なり、骨の同じ部位に繰り返し加わる小さな力によって、骨にひびがはいったり、ひびが進んで完全な骨折に至った状態をいいます。丈夫な針金でも繰り返し折り曲げ続けると折損してしまうのと似ています。スポーツ選手では短期的に集中的なトレーニングを行ったときに生じることが多いのも特徴です。
    出典 :「疲労骨折」|日本整形外科学会 症状・病気をしらべる
  • 疲労骨折の症状

  • 疲労骨折の場合は徐々に骨への負担が重なり最終的に骨折に至るという特徴もあり、ある程度の運動ならば実践が可能であるという点もくせものです。更に運動後、しばらくは骨折部位が痛みますが、その痛みは徐々に和らいでいきます。その為、重度になるまで診察を受けないスポーツアスリートが多いのも特徴です。
    出典 :疲労骨折の症状の特徴【疲労骨折・シンスプリントの解説】
  • 下肢の疲労骨折

     

    骨折を生じている骨の部分に痛みがあります。発生する骨は下肢の骨に多く、脛骨、中足骨、腓骨、大腿骨、骨盤などに発生しています。
    下肢の疲労骨折では歩けないほどの痛みが強い場合から、走れる程度の痛みまで痛みの強さは様々です。初期では普通の骨折のように腫れがありますが、内出血は認められません。

  • 疲労骨折の応急処置

  • 疲労骨折は一度では骨折に至らない程度の力が、骨の同一部位に繰り返し加わることにより起こる骨折です。跳躍や長時間の疾走などを繰り返すことにより起こるとされています。疲労骨折はスポーツなどを行っているときのみ痛みがあるものから、普段の生活や安静時でも痛みを感じるような場合まで様々です。
    生活上なんともなくてもスポーツ練習後に痛みがあるようでは疲労骨折の疑いがありますので、一度病院で診察してもらう必要があります。しかしながら、初期の段階ではX線検査で異常が見られないこともありますので、CTやMRなどの検査も合わせて行うとよいでしょう。CTやMRは早期に異常検出するのに有効です。
    出典 :骨折 | 足首が痛い! 足首の痛みに関する症状
  • 疲労骨折の治療法

  • 普通の骨折の治療と大きく異なる点は、骨折部の固定が必要ないことです。患部の安静のみで充分です。下肢であれば基本的には痛みの程度に応じて体重をかけて歩くようにしますが、松葉杖で部分免荷が必要なこともあります。
    骨折部以外のトレーニングは積極的に行なうように工夫をして下さい。骨折部の痛みが軽減し、レントゲンでも仮骨(骨折が治癒するときの現れる新生骨)が認められたら徐々に負荷を上げていきます。早期に発見して治療を開始するほど早く骨折が治ります。
    出典 :疲労骨折 | 医療法人松田整形外科記念病院
  • 疲労骨折のテーピング法

  • •こじらせる前に、早めに専門家にみてもらうことをお勧めします。
    •「痛みのある場合のテーピング法」で中足関節を固定し、足裏のバランスを整えておくと1ヶ月くらいでよくなりますが、固定をしないと長引くので注意が必要です。
    •自分でできない場合は、室内用として、専用外反母趾サポーターで代用することも可能です。また、外出用としては、緩んだ中足関節の弱めの補強をするために、伸びない包帯を甲部分に軽く巻いてテーピングテープで留め、その上からテーピングの代わりとなるテーピング靴下を併用する方法がお勧めです。
    出典 :足背部の痛み(中足骨疲労骨折) / カサハラフットケア整体院【公式サイト】
  • シンスプリントのテーピング - YouTube