レントゲンで肺に影があるといわれたけど、それって肺癌?

もっとも基本的な肺の健康診断であるレントゲンの撮影でなにが読み取られるのか、また影が発見された時の次の検査はどうなるのかまとめてみました。

view55684

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • レントゲン撮影はなにをしているもの?

  • 胸部レントゲンは肺、心臓、横隔膜などの器官の病気の有無、その広がり具合、臓器の位置がわかります。
    出典 :胸部レントゲン | 健康診断結果の見方
     

    健康診断結果には数値で表すことはせず、専門医の目視で病気の有無を診断します。現在ではコンピューター処理により、異常な箇所の色が変化するため、病気を発見できる精度は非常に高くなりました。

  • 肺癌、肺結核、肺気腫、肺線維症、大動脈瘤、心臓肥大などを疑うことができます
    出典 :胸部レントゲン | 健康診断結果の見方
     

    肺炎の痕跡がある石灰化巣陳旧性陰影、細菌やウイルスで膜が厚みを増す胸膜肥厚、肺の表面にある膜がくっつく胸膜癒着もわかります

  • 成人男性の胸部X線写真

     

    レントゲン検査では体にX線を照射すると、体がX線を通過させた部分では黒く写り、体がX線を阻止した部分は白く写ります。

    皮膚、筋肉、脂肪、肺はX線の透過度が高く、逆に骨、炎症、腫瘍はX線の透過度が低いです。

  • どんな時に検査を受ける?

  • 咳が出る、痰が出る、胸が痛い、息苦しいなどの症状があるときに必ず行なわれる
    出典 :肺の病気の診断に有用な胸部X線(レントゲン)検査
     

    もちろん一般診療や健康診断などでも実施されます。

  • レントゲンの影

  • 「白い影を落とす」とはレントゲンで腫瘍が見つかったときによく使われる言葉
    出典 :胸部レントゲン | 健康診断結果の見方
     

    レントゲンは臓器の異常を検知することができますが、心臓の病気である狭心症や心筋梗塞、不整脈などはわかりませんので、血液検査の値を参考にします。

  • 健康の人の肺はX線写真に黒く写り、中心部の心臓などは白っぽく写ります
    出典 :肺の病気の診断に有用な胸部X線(レントゲン)検査
  • 肺に腫瘍や炎症がなどの病変があると、白い陰影が写ります
    出典 :肺の病気の診断に有用な胸部X線(レントゲン)検査
     

    不整な円形に近い白い影は肺がんなど、境界がぼやけて不明瞭な白い影は肺炎、肺結核などが疑われます。
    また、胸膜に空気が溜まる気胸では、肺の縮んだ様子が写ります。

  • レントゲンで発見される割合

  • 検査で異常が認められる割合

     

    肺癌検診の胸部X線読影(X線間接撮影)では受診者の2.2%に異常(要精検)を認めます。

    そのうち発見される肺癌は受診者全体の0.04%、異常を指摘された人の約2%を占めています。

    すなわち、胸部レントゲンで異常を指摘された人の多くは肺癌ではありません。

    しかしながら肺癌である可能性を念頭において呼吸器の専門機関での精密検査を受けることが大切です。

  • レントゲンで判定できる病気

  • 肺癌、肺結核、肺気腫、肺線維症、大動脈瘤、心臓肥大など
    出典 :胸部レントゲン | 健康診断結果の見方
     

    もちろん肺炎も。

  • 肺炎の痕跡がある石灰化巣陳旧性陰影、細菌やウイルスで膜が厚みを増す胸膜肥厚、肺の表面にある膜がくっつく胸膜癒着
    出典 :胸部レントゲン | 健康診断結果の見方
  • 肺胞が拡張してから袋のようになった肺のう胞
    胸中の空気が漏れる気胸
    出典 :胸部レントゲン | 健康診断結果の見方
     

    喫煙者によくあるケースです。

  • 影が発見された場合

  • 異常陰影が発見されたからといって、すぐに病気だ、入院だ、治療だということになるわけではありません
    出典 :健康診断で異常陰影が発見されたとき とは - コトバンク
     

    まず、以前の胸部X線写真と比較します。
    そして、新しい陰影なのか、以前からの陰影の残存なのか、あるいは以前からの陰影が拡大したものかを判断してもらいます。

    新しい陰影である場合、あるいは以前からある陰影が拡大している場合は、さらに詳しい検査が行なわれます。また、場合によっては治療が必要になることもあります。

  • レントゲンの結果、がんの疑いがある場合は?

  • 胸部CT検査
    出典 :肺がん 検査・診断:[がん情報サービス]
     

    CTは、X線を使って体の内部(横断面)を描き出します。CT検査では、がんの大きさ、性質、周囲の臓器への広がりなど、X線検査よりはるかに多くの情報が得られ、肺がん診断には必須の検査です。

  • 腫瘍マーカー検査
    出典 :肺がん 検査・診断:[がん情報サービス]
     

    腫瘍マーカーとは、がん細胞が産生する特殊な物質のうち、主として血液中で測定できるもので、がんの性質や広がりの目安を示すものとして使われます。検査自体は、採血または採尿をするだけです。

  • 健康診断などで疑いが出た場合は積極的に検査を受けましょう