【妊娠中でも気持ちよく運動したい!】マタニティビクスのすすめ

『マタニティビクス』という言葉を聞いたことがありますか?

妊婦さんは『無理をしてはいけない』とつい神経質になりがちですが、決して運動してはいけない、というわけではありません。適度な運動にはメリットもたくさんあります。
今回は『マタニティビクス』についてまとめてみました!

view285

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • マタニティビクスとは?

  • マタニティビクスとは、体内に酸素をたくさん取り入れながら全身運動を行うエアロビクス理論に基づき、医学的な研究結果生まれた、妊婦さんのためのエアロビクスエクササイズです。
    出典 :マタニティビクス
  • マタニティビクスは妊娠中でも安心して楽しめる妊婦さんのためのトータルフィットネスです。軽快なリズムに合わせたエクササイズは大きなおなかでも出来るようにプログラムされ、インストラクターが安全確認をしながらすすめます。
    出典 :マタニティビクス - 一般社団法人日本マタニティフィットネス協会
     

    妊婦さんが運動する場合、本人の体調は勿論のこと、お腹の赤ちゃんにも十分配慮が必要となります。マタニティビクスは、インストラクターがきちんと管理・安全確認をしながらすすめる運動なので安心できますね。

  • エアロビクス運動をベースにつくられているので、お産に向けての体力アップや妊娠中の体重コントロール、産後の体型戻しに効果があります。トレーニングやストレッチも腰痛、肩こり、便秘、足のつりなどの妊娠中の不快症状や、お産をイメージして作られているので、妊娠・出産に自信がもてるようになります。
    出典 :マタニティビクス - 一般社団法人日本マタニティフィットネス協会
     

    マタニティビクスは産前だけでなく、『産後の体型戻し』にも効果があります。実は産後の体型戻しは非常に重要です。体調が安定してきたら、できるだけ早く運動を再開したほうがよいと言われています。

  • マタニティビクスのメリット

  • 1.体力と持久力の増加

  • マタニティビクスは妊娠により衰えがちな筋力の低下を抑え、出産に必要な体力と持久力を向上させることができます。また、自然で楽なお産を迎えることにもつながります。
    出典 :マタニティビクスで安産の準備 - オモシロくらしの情報源
     

    妊娠すると、お母さんの身体に変化が起こりはじめ、なかなか妊娠前のように動くことが難しくなってきます。その際、衰えがちな体力と持久力を維持するためにも、積極的にマタニティビクスに取り組んでいったほうがよいのです。

  • 2.妊娠時の不快な症状を解消

  • 運動すると血行が良くなるため、筋肉の凝りがほぐれます。結果、肩こりやむくみなどの不快な症状の軽減に役立ちます。
    出典 :マタニティビクスで安産の準備 - オモシロくらしの情報源
  •  

    実は妊婦さんのなかには、腰痛で悩んでいる方も多いのです。血行をよくし、過剰にかかる腰の負担を和らげるにもマタニティビクスは有効です。

  • 3.体重増加を予防

  • 妊娠すれば体重は当然増えます。ただ過度に増えるのは問題です。マタニティビクスにより適度な運動量をキープし、太りすぎを予防し、健康的にマタニティライフをおくることができます。
    出典 :マタニティビクスで安産の準備 - オモシロくらしの情報源
     

    実は『体重管理』は多くの妊婦さんにとって、非常に頭を悩ませる問題となっています。妊娠による身体の変化により、急激に食欲が増えついつい食べ過ぎてしまう、という声もよく耳にしますよね。
    マタニティビクスはこうした問題にも効果を発揮するのです。

  • いつ頃からはじめればいいの?

  • 妊娠13週からスタート、分娩直前までできます。 主治医の先生と相談してから行いましょう。
    出典 :マタニティビクス - 一般社団法人日本マタニティフィットネス協会
     

    妊娠週数によって、実際の運動内容は異なってきます。自身にあったマタニティビクスを行いましょう!

  • 【マタニティビクス】実践編

  • さて、マタニティビクスの基礎知識もわかってきましたね。次はいよいよ、実践編です。具体的に、どのような運動をするのか見てみましょう。

  • 1.マタニティビクス動画

  • マタニティビクスレッスン - YouTube

     

    いかがですか?エアロビクス運動をベースにつくられているだけあって、実際に見てると、かなり軽快なリズムとペースですすめられるようですね。
    興味がある方は、専門の機関に是非問い合わせしてみましょう!

  • 2.お産の姿勢をイメージしながらストレッチ!

  • A.足の裏を合わせます。息を吐きながら肩ひざ、または両ひざを床に近づけます。
    B.壁に足を置いて、足の重みで膝を自然に開いていきます。
    C.壁に寄りかかり、手で足を開いていきます。
    出典 :安産|マタニティビクス|妊娠・出産・育児コミュニティ ベビカム
  •  

    いかがですか?
    一度やり方を覚えてしまえば、簡単にできそうですね!

  • 『妊娠中は身体が動かせなくてストレスが溜まる!』『体力が落ちていくようで不安』『出産を乗り越えられるか不安』等、妊娠中の悩みは様々です。
    マタニティビクスはそんな妊婦さん達にとって、心強い味方です。
    医師、インストラクターの方々と相談しながら、無理のない範囲で続けていきましょう!